2019年上半期ベスト

ベスト関連の記事しか上げなくなって久しいですが、今回も忘備録的に。
今年は今までにないくらいの枚数を聴いているので、最初は50枚とか選んだんだけど、さすがにどうかと思って20枚に減らしました。一応順位を付けましたが参考程度に。コメントは適当です。

20. Myriam Bleau / Lumens & Profits


音源も良かったんだけど、これ見るとライヴも見てみたくなりますね。

19. SUTEKH HEXEN / s/t


随分と聴きやすくなった気はするんだけど、それでもなんだかんだで好きな音ではある。

18. Amorf / XLR8R Podcast 586


スタジオライブ音源。ゆらゆらと気持良し。

17. King & Prince / King & Prince


それこそ光GENJIのデビュー作並みの作品を期待していた身からすると、正直肩すかしの感もあるんだけど、それでも傑作には変わらないかなと。

16. CL-ljud / BYK015


この人の音源はいろいろ聴いたんだけど、きっかけになった曲を代表して。テンポと重さのバランスが絶妙なのさ。

15. RAV / RAV001


スカスカながらもグルーヴのあるミニマルはやはり良い。

14. 餓鬼レンジャー / ティンカーベル ~ネバーランドの妖精たち~


軽いのが良かったんじゃないかと。

13. Full of Hell / Weeping Choir


出てくる音がイチイチ汚くて最高でした。

12. 亀梨和也 / Rain


亀梨和也の歌い手としての良い部分がすごく出ていたなと。

11. ZK king 劉 / OPENPALACES


こういう沈み込むような感覚の歌が好きなのです。

10. Christian Scott aTunde Adjuah / Ancestral Recall


未だによく分からないんだけど回数聴いたので。

9. BAD HOP / COLD IN SUMMER TAPE


Benjazzy が好きなんです。

8. 乃木坂46 / 今が思い出になるまで


ファースト以来の傑作だったのではないかなと。

7. Chernikhoffsky / … and she came up LP.


この人は不思議な音づくりをする…。

6. 校庭カメラガールドライ / Dawn by Flow


某さんがすげぇ推してるんで聴いてみたんですが、見事にはまった。

5. diz / HOME BODY


今年1月の時点では11曲入りだったのが、いつの間にか26曲に増えて、タイトルまで変わってた。この人は日常の憂鬱を救い上げるのが毎度上手いけど、今作ではますますさえてるなと。

4. NORIKIYO / 平成エクスプレス


前2作が全然良くなかったので、聴く前は不安しかなかったんですが、それを帳消しにするくらい良かったです。

3. IZ*ONE / Heart*Iz


ヒップホップ的な重さが目立った前作に比べると、今作はずいぶんと軽くなった気がしますが、私はこちらの方が好きかな。

2. おとぼけビ~バ~ / ITEKOMA HITS


女性のラブソングが好きなのです。

1. yvanko / Dyspnée/Bouquet d’Encre


スタイル的にはそれほど目新しさのないエレクトロニカなんだけど、音の練度や空間の作り方が素晴らしく、音響彫刻として断トツでした。
[`friendfeed` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)