JK FLESH/PRURIENT / WORSHIP IS THE CLEANSING OF THE IMAGINATION (HYDRA HEAD) 12″

JK FLESH/PRURIENT / WORSHIP IS THE CLEANSING OF THE IMAGINATION
http://www.hydrahead.com/

JK Flesh と Prurient が2013年1月に発表したスプリット盤。

JK Flesh こと Justin Broadrick は2012年に発表したアルバム『Posthuman』でダブステップの要素を取り込んでいたらしいんだけど(未聴)、今作ではメタル・リフとジャングル的な性急なブレイクビーツを組み合わせていて、リズムとノイズの有機的な絡みは非常にかっこいいのだが、今聴くと Demdike Stare のジャングル回帰と共振する感じもあって面白い。

音圧で圧倒するノイズ/ドローンの PRURIENT も良い。

“JK FLESH/PRURIENT / WORSHIP IS THE CLEANSING OF THE IMAGINATION (HYDRA HEAD) 12″” の続きを読む

Jamie Isaac / I Will Be Cold Soon (HOUSE ANXIETY) mp3

Jamie Isaac / I Will Be Cold Soon (HOUSE ANXIETY)
http://houseanxietyrecords.com/site/

全然更新していなかったので、リハビリがてらぽつぽつ書いてみる。

ロンドン出身の18歳、 Jamie Isaac が2013年の7月に発表したデビューシングル。以前 King Krule とコラボなどもしていたようだが、私は今作で始めて聞いた。

この人の音楽は色々なところで書かれているように James Blake に非常に近い。ピアノの弾き語りに近いスタイルで、深いベース音が絡むところなんか確かにそのまんま。
ただ James Blake の音を特徴づけているノイズがかった音響構築などはないため、音数も少ない事から静謐な印象が強く、その音世界を崩すことない透明感のある歌声は非常に魅力的。要は歌ものとしても聴きやすいく James Blake の歌が未だに好きになれない私からするとうれしいところ。

また彼の Bandcamp に上がっている音源を聴くと、以前はインストのアンビエントを作っていたようだが、今作でも緩やかにひろがるアンビエンスは非常に心地よく、今作を一層魅力的なものにしている。

まぁ今作は曲のタイプが全部ピアノ・バラードなので、アルバムでも全部これだとさすがにきついとか、逆にバラード以外はどうなのかとか、不安がないわけではないんですが、とりあえず今後が楽しみな新人さんかと。

“Jamie Isaac / I Will Be Cold Soon (HOUSE ANXIETY) mp3” の続きを読む

JAMES BLAKE / OVERGROWN (republic) CD

JAMES BLAKE / OVERGROWN (republic)

JAMES BLAKE / OVERGROWN (republic)
http://jamesblakemusic.com/

ロンドンのアーティスト James Blake が2013年4月に発表したセカンド・アルバム。

2011年に発表されたデビューアルバム(関連記事)はダブステップの要素を期待しすぎたせいなのか、世間での評価をは裏腹に、自分にはよく分からない作品でした。ただそれ以降も James Blake は話題に上る事が多く、それに比例して耳にする機械も多かったし、昨年オフィシャル・ブートのような形で発表されたライブ盤(もうファイル削除されちゃってるのね)をけっこう聴いたせいか、 James Blake に対する苦手意識がなくなったというか、要は慣れた。

ということで、今作はわりとフラットな気持ちで聴けたんですが、前作よりもずっと好きな作品ですかね。

柔らかな低音の上で James Blake が切々と歌うタイトル・トラックの “Overgrown” に始まり、語りかけるような RZA のラップがかっこいい “Take A Fall For Me” 、振動するようなベースと、その上で跳ねるようなスネアの絡みが刺激的な “Digital Lion” 、最終曲らしくじょじょに沈み込んでいくような感覚が心地よい “Our Love Comes Back” と、相変わらず地味ながらも良曲ぞろい。
また以前は消え入りそうだった James Blake の歌唱も堂々としたものに変化していて、その分歌ものとしての魅力も増した。

ただ全てが良い方向に変化したわけでもなく、 James Blake の大きな特徴の一つだと思っていた、霞みがかった音響構築がなくなっていて、そうなってくると最近のエレクトリックな R&B とあんまり変わらない気がするし、 “Voyeur” での安易な四つ打ちとか聴いてると、ちょっと今後が心配にならなくもない。

まぁそうはいっても先日行われた来日公演は大絶賛の嵐だったので、今後もアーティストとして健やかに成長してくれる事を願いたい。

“JAMES BLAKE / OVERGROWN (republic) CD” の続きを読む

James T. Cotton / Like No One (Spectral) 2LP

James T. Cotton / Like No One (Spectral)
http://ghostly.com/releases#Spectral

Dabrye の名義で知られる Tadd Mullinix の別名義、 James T. Cotton が2008年にアナログとデジタルのみで発表したセカンド・アルバム。

James T. Cotton というのは彼がアシッド・ハウスをやるときの名義なので、今作も当然のようにアシッド・ハウス。しかも1曲目の “The Second Night Cycle (Featuring Ellis Monk)” のうにょうにょする 303 の音とか、けっこうモロな感じではあるんだけど、音の質感的にはミニマル以降の感覚があるので、単なる懐古的な作品にはなっておらず、温故知新的な面白さがある。

Like No One - James T. Cotton

“James T. Cotton / Like No One (Spectral) 2LP” の続きを読む

JMSN / Knocksteady Live (Knocksteady) mp3

JMSN / Knocksteady Live (Knocksteady)
http://www.knocksteady.com/

昨年発表したアルバムが傑作で年間ベストにも入れた(関連記事)、現在 LA を中心に活動している JMSN が Knocksteady からポッドキャストで配信したスタジオ・ライブ音源(Knocksteady はアパレル・ブランドなのかな)。

彼は Weeknd 以降といった感じのアンビエント R&B をやる人で、アルバム以降も Ab-Soul や Kendrick Lamar の作品に参加してる注目の存在ですが(Ab-Soul とのコラボ作が今月出るとかいう話)、歌い手としては気持ちよく喉を鳴らすというよりは、どちらかというと繊細な歌声を聴かせるタイプの人なので、ライブはどうだろうと思ってたんだけど、案の定ヴォーカルに関してはちょっと頼りない感じ(思ったより悪くないけど)。

ただバックが生演奏になったことで曲の躍動感が増し、輪郭がはっきりした事でアルバムの印象からは若干変わってはいるんだけど、それでもメロディの美しさは堪能できるので、なかなか聴き応えがある。
ちなみに披露している曲は “Jameson” 、 “Alone” 、 “Do U Remember The Time” という、アルバムの冒頭に配された3曲(もう少しひねろうよ)。

“JMSN / Knocksteady Live (Knocksteady) mp3” の続きを読む