TENSAL / C (Tensal) flac

TENSAL / C (Tensal)
https://www.facebook.com/hector.sandoval.92798

なんでブログってやつはしばらく更新しないと書き方を忘れてしまうもんなんでしょうか。おかげで筆が一向に進みません。っていうかいい加減この手の表現って、「タイピングが進みません」とかにしたほうがいいんでしょうか。

まぁどうでもいいですね。

という事で、スペインのユニット Exium のメンバーである Héctor Sandoval さんのソロ・プロジェクト、TENSAL のファースト・アルバム。

今作を含む自身のレーベルからのリリースは、A、B、C、D と順番にアルファベットを割り振っただけ、曲名もなしと非常に素っ気ない体裁なのだが、音楽性も負けず劣らず無駄を排したミニマル・テクノ。

今のミニマル・テクノというと、ノイズやドローンの要素を取り入れたインダストリアル系が目立っていますが、今作はそれらの要素はあまり出てきておらず、また Sleeparchive のようにベースが前面に出てくることもなく、あくまでキックが中心になっている。そのため一聴すると新味がないようにも思えるんだけど、キックとベースが一体となったような低音が作り出すグルーヴは十分に現代的で、中でも低音蠢く “C-C1” などかなりかっこいい。

この手のミニマル・テクノってどうしてもシングル中心になるので、アルバムとしてきちんと聴ける作品が少ないので、この人には期待したい。

“TENSAL / C (Tensal) flac” の続きを読む

Living In Frames, 7 Days Of Funk, Franjazzco, Thom Yorke, McBROVA$

OuterLiving In Frames / Outer
ブラジルの二人組みユニットの、おそらくデビュー作となる EP 。基本的にはエレクトリックなインスト・ヒップホップなんだけど、大仰な上モノが多く、その分リズムも EDM っぽかったりと逞しく、悪くない。ただまだ個性不足かしら。ほぼノンビートの “Can’t Dream” がいい感じ。
N My System7 Days Of Funk / N My System
Snoop Dogg と DaM-FunK によるユニットのフリーのシングル。どうもこの手の水っぽいというか、音がビヨンビヨンしたファンクって苦手なんだけど、この曲はかなりポップで聴きやすい。でももうちょっと Snoop のヴォーカルを聴きたかった。
Chemtrails EPFranjazzco / Chemtrails EP
オーストリアのプロデューサーの4曲入り EP 。基本どの曲も滑らかなグルーヴの洗練されたジュークなんだけど、それに太いリズムと猥雑なヴォイス・サンプルが無理なく同居していてカッコいい。あと “Make U Wanna” って Theo Parrish の曲(曲名忘れた)をサンプリングしてる気がするんだけど、どうだろう。
Youwouldn'tlikemewhenI'mangryThom Yorke / Youwouldn’tlikemewhenI’mangry
昨年の9月にビットトレントを通じてアルバムを発表した Thom Yorke が、今度は昨年末に bandcamp で突然発表した曲。
たしかアルバム合評当時、共同制作者のナイジェル・ゴドリッチがビットトレントはアーティストの取り分が多い、みたいなこと言ってた記憶があるんだけど、結局 bandcamp の方が良かったって事なのかしら。まぁビットトレント面倒なんで bandcamp で出してくれたほうがずっと嬉しいんだけど。曲自体は浮遊感のあるトラックと Thom Yorke の歌声がマッチした良曲。
#BeginningTheMixtape3McBROVA$ / #BeginningTheMixtape3
札幌の 2MC が昨年末に発表したミックステープ。ヒップホップらしいヒップホップ、という風情の曲が並んで入るんだけど、ちょっとこの人たちらしい個性というのがイマイチ感じられなくて、それに加えて韻がそれほど硬くないのもあって、イマイチ印象に残りにくい。ディスコっぽい “Traffic” は良曲。

“Living In Frames, 7 Days Of Funk, Franjazzco, Thom Yorke, McBROVA$” の続きを読む

Ta-ku / Make It Last EP (Live For The Funk) mp3

Ta-ku / Make It Last EP (Live For The Funk)
http://www.liveforthefunk.com/

オーストラリアのビートメイカー Ta-Ku が2013年1月に発表したフリーの EP 。

彼は影響を受けたアーティストとして J Dilla の名前を挙げていたり、Nujabes へのトリビュート作を発表したりしているんだけど、じゃぁ今作はサンプリングを基調としたヒップホップなのかというとそんな事はなく、所謂トラップと呼ばれるもの。

カットアップされた TLC のヴォイス・サンプルと、扇情的なシンセが絡み合う “Brokeas” 、浮遊感のあるトラックとゲスト参加した JMSN のヴォーカルが抜群の相性をみせる “Make It Last” 、4分強という時間の中でいくつもの展開を聴かせる “Tell Me Twice ” 、重たいリズムの上で R&B ヴォーカルが映える “Sweat Like Keith ” と、この手のにありがちな過度に盛り上げる感じがないので落ち着いて聴ける。

曲数は少ないけど充実した作品だ。

ダウンロード

“Ta-ku / Make It Last EP (Live For The Funk) mp3” の続きを読む

TASO / Draped Up (The Dankles) mp3

Draped Up
http://thedankles.com/

ベイエリアのトラックメイカー、 Taso が2013年1月に発表したミニ・アルバム。
Taso は過去に「World Wide Juke」に参加した事もある人で、ジュークやゲットーベースなど、ベース系のトラックを作る事が多い人みたいだけど、今作はトラップが中心。

とまぁ書いてみたものの、以前書いたようにトラップって実はよく分かってなくて、 RA の記事軽く読んだことあるくらいの知識しかないんですが、ベースがブオンブオンいっててスネアとハットがスコココ鳴ってるのがトラップなのかなぁ、となんとなく思っております(超適当)。

んで、今作の走り出しそうなスネアやハットなんかは正にそんな感じなんですが、普段ベース系のトラックを作っているだけあって、サイケデリックな色合いのギターを横からなぎ倒すようになる “Rollin Choppas” のベースラインや、冒頭の柔らかな音の鳴りから、ベースの音を硬くする事によって曲を重厚なものへとしている “Playerz Ball” 、波状に鳴るベースが気持ちいい “Draped Up” など、ベースが中心になっているものが多く楽しめる。

とはいいつつも、何だかんだで一番好きなのは「DJ Go」というヴォイス・サンプルが乗る脱力気味のジューク “Go DJ” で、こういう適当な感じのトラックがいいのも魅力的。

“TASO / Draped Up (The Dankles) mp3” の続きを読む

Tunnidge / Twenty12 (Deep Medi) mp3

Tunnidge / Twenty12 (Deep Medi)
http://deepmedi.com/

ロンドンのプロデューサー Tunnidge が2013年1月に出したシングル。

彼のサイトを見ると Metalheadz から出す、みたいな事が書いてあるのだが、今作は Metalheadz の硬質なイメージとも違う、かといって Deep Medi ともちょっと違うアッパーなダブステップ。
ならよくあるレイブノリのものなのかという、それとも違っていて、扇情的なシンセと、グルーヴを加速させるようなパーカッションによってどんどん盛り上げていはいくものの、ドラムの生っぽい質感と、あまり歪んだ音がないおかげで、変な過剰さがなく、思いのほかすっきりと聴ける。

ただすっきりしてる分印象にも残りにくく、細かくビートを刻むドラムが中心になった “Orion” と、ゆったりとしたビートと怪しいヴォイス・サンプルや上モノで重厚さを演出する “Take Flight” もそれは同様。
なので全体としてはイマイチ地味かしら。悪い作品じゃないんだけど。

Twenty 12 - EP - Tunnidge

“Tunnidge / Twenty12 (Deep Medi) mp3” の続きを読む