Natural 9 Nation / 親不孝三十六房 (Natural 9 Nation) 12″

Natural 9 Nation / 親不孝三十六房 (Natural 9 Nation)
http://plaza.rakuten.co.jp/NATURAL9NATION

もう気がつけば2月も後半ですけれども、結局2月発売予定となっていた 8th Wonder のアルバム『ヴァルハラ』は出なさそうな感じですね。一体いつになるのでしょうか。あと SD JUNKSTA のアルバムが出るとか出ないとか。でも確か予定一昨年の秋じゃなかったっけ。まぁやっと重い腰上げてくれたのなら有難いことです。あと N9N は、昨年の時点でもう声取りは終了しているということでしたが、その後一向に具体的なリリース情報が出てきませんが、一体どうなっているんでしょうか。っていうか、一昨年も同じ様な事書いてるのに、その中の誰もアルバム出してないというのは、ちょっと何とかしてほしいものです。しかもみんな活動自体はないわけじゃないというのがなんとも。

ということで、いい感じでスペースも埋まったところで、昨年ベスト・シングルに挙げさせていただいた N9N の初音源。

Natural 9 Nation というのは福岡天神親不孝通りを中心に活動するグループで、全国的に名前が知られるようになったのは、メンバーのYURA が ILL SLANG BLOW’KER に参加してから。 YURA は ILL SLANG BLOW’KER の中でも特に評価が高く、天才といわれることも多かった人だけに、 Natural 9 Nation の音源を欲していた人はけっこういたのではないかと思うけど(それとも私だけ?)、結成から10近くたってから、やっとこさの初シングル。

くぐもったキックの音が「ドンッ」と響くタイトル曲のイントロからして私は嬉しくなってしまうんだけど、サンプリングで作られたビートは、徹底してロウでざらついた質感で、まるで時代を逆行するようなのだが、これが最高にカッコいい。そしてその上に乗る5人のラップも、派手さこそないものの、5人それぞれのキャラがきちんと立っていて、さらに頑張ってる匂いが全然しないのも良い。なんてかくと誤解を招くかもしれないけど、ダラダラとしながらもカッコよさがにじみ出るのもヒップ・ホップの良さだと思っている人間なので、そういった意味では WU-TANG CLAN の “Wu-Revolution” と並んで完璧な曲。

ILL SLANG BLOW’KER の “Black Pokkas” をサンプリングした “街角の月の下で” 、スピード感のあるジャズ・トラックの “OL’TIME KILLIN'” も全くもって申し分ない出来で、3曲全てがクラシックといっても過言でないこのシングルを聴いてしまうと、弥が上にもアルバムへの期待が高まる。

試聴

BEST SINGLE of 2008

  1. Natural 9 Nation / 親不孝三十六房
  2. truth/風の向こうへ
  3. BACK TO ILL
  4. VASCO EP PART 1
  5. Risky feat. Where Do We Go / エンドレスで、かまわない。止めるまで、DANCE空間。DANCE ORIENTED SPECIAL
  6. MELCHIOR PRODUCTIONS LTD. / Who Can Find Me EP
  7. NEWS / Happy Birthday
  8. PLASTIC STAR
  9. Kontext / Falling To Weightlessness
  10. MISSED CALLS EP
  1. Natural 9 Nation / 親不孝三十六房
  2. 嵐 / truth
  3. Ill Slang Blow’ker / BACK TO ILL
  4. RICARDO VILLALOBOS / VASCO EP PART 1
  5. Risky feat. Where Do We Go / エンドレスで、かまわない。止めるまで、DANCE空間。DANCE ORIENTED SPECIAL
  6. MELCHIOR PRODUCTIONS LTD. / Who Can Find Me EP
  7. NEWS / Happy Birthday
  8. BYETONE / PLASTIC STAR
  9. Kontext / Falling To Weightlessness
  10. TRG / MISSED CALLS EP

ここ2年くらいは、 ecrn award の方に投稿していたので、このブログには年間ベストについては書いてなかったんだけど、4周年の企画の時に過去の自分のベストを見直してみて、自分でもなかなか面白かったので、今年はちゃんと書こうかと思います。

んで、まずは今年よく聴いたシングルを10枚。

例によってこのブログで紹介したのが半分しかないのがなんなんですが、とりあえず N9N の1位は文句なし。久しぶりにヒップ・ホップらしいヒップ・ホップが堪能できた至高のシングル。2、3、4の充実振りは記事に書いた通り。5はフリー・ダウンロードの音源なんだけど、こういう感覚を常に忘れないからこそ、この人のファンはやめられないなぁ、と改めて感じました。6は地味ながら、今年最も美しさを感じたミニマル/テクノ。7は文句なしで NEWS の最高傑作。8は今年の raster-noton のダンス志向を最も分かりやすく表現していたという意味でも忘れられぬ1枚。9はダブ・ステップとミニマルの融合という点で、最も面白い回答の一つでした。シングル2枚同時発売で、どっちも良かったんだけど、1枚選ぶならこっちかな。10は最近のダブ・ステップのレイヴっぽい方向性の中でも、こういうのが増えたらいいなぁと。

簡単ですがこんな感じ。
一応今年の更新はコレで最後になります。明日は年間ベスト・アルバムについて書きたいと思います。

それではみなさん良いお年を。

ILL SLANG BLOW’KER / BACK TO ILL (CAVE FUNK)CDR

BACK TO ILL

昨夜は代官山の UNIT で行われた、 THINK TANK 主宰の「EL NINO」に行ってきたんですが、結論からいえば、期待が大きかった分ちょっと不完全燃焼でしたかね。まぁ理由は色々あるんだけど、一番大きかったのは、やはり音響面のバランスの悪さですかね。2年位前に行ったイベントのときもそうだったんだけど、この箱ってライヴとかになると、高音だけやたらでかくなるんだよね。だからマイク使うとなんかグワングワン言ってるだけにしか聴こえないし、ヒップ・ホップみたいに複数人でマイク使うと、もう頭痛くてフロアにいられないのですよ。まぁそれでもフロアに人は沢山人が残ってたわけだし、単に私が慣れてないだけなのかもしれないけど、テクノのイベントのときや DJ のときにはそんな事思った事ないんだから、ちょっと何とかしてほしいなぁ。

っつうことで目立ったのだけ簡単に。

[続きを読む]

sonny yurrah / 月刊地球 classics (N9N)CDR

月刊地球 classics
http://plaza.rakuten.co.jp/NATURAL9NATION/

そういえば『HUNTER×HUNTER』が連載再開されるという噂がありますが、どうなんですかねぇ。まぁあれは始まっても続くかどうかが分からないんだよな。

またミックスCDです。 ILL SLANG BLOW’KER に参加したことによって名を上げた Natural 9 Nation のMCである Yura によるミックスCD。
ヒップ・ホップの人のミックスCDなんで、内容の方も当然そっち方面かと思いきや、1曲目が Ash Ra Temple だったりなんかして、この美しいキーボードを聴くと Manuel Gottsching が未だに人気あるのもわかるなぁ(実は聴いたことない)。その後もコズミックなディスコ・ナンバーをスムーズにつないでいて、総体としてすごくデトロイトっぽい。しかも終盤に Jesse Rose 使ってたりなんかして侮れない。
これだったらディスコ・ダブ以降のDJの人と比べても全然遜色ないんじゃないかなぁ。

ILL SLANG BLOW’KER/ILL SLANG BLOW’KER(CAVE FUNK)CD

ill slang blow'ker.jpg

この人たちの存在というものは一時期まるで神話のように語られていたけれど、私は詳しくは知りません。知っていることといえば、一台のワゴンに乗って全国ツアーをする為に福岡で結成され、結局ツアー中に空中分解してしまったということでしょうか(因みに以前紹介したEL NINOのMC FREEZもメンバー)。
でもここに収められた音源を聴く限り特別ぶっ飛んだ感じでもなく、けっこう真っ当なヒップ・ホップ。でもこの日本において、ここまで素晴らしく真っ当なヒップ・ホップを鳴らした人たちもなかったように思います。
だから逆に彼らの魅力について書きづらい部分が正直あるんだけど、メンバーのYURAがパーティ中に掛けたジャズのレコードをバックにラップした”B IN 親不孝”のスリルは相当なもの。
ちょっと入手の難しいCDだとは思うんだけど、日本語ラップが好きなら持っておいて損はないと思います。

そういえば買い逃しているRAMB CAMPのアルバムも買わないと・・・・。