Gui Boratto / Take My Breath Away (KOMPAKT) 2LP+CD

Gui Boratto / Take My Breath Away (KOMPAKT)
http://www.kompakt.fm/

一時期に比べるとめっきり数が減った感じのするシューゲイザー系のミニマルなんですが、この頃はまだけっこう色んな人が出していましたね、っていうことで、ブラジル出身の gui boratto が2009年に出したセカンド・アルバム。

彼のファースト・アルバム(過去記事)はジャケット同様カラフルかつポップな内容でしたが、今作は基本的な部分では変わらないものの、メロディの多彩さは若干抑え目に、代わりにリズムを太く、そしてシューゲイザー的な上モノの歪みを強める事によって、よりフロアユースになった印象。

しかしだからといって作品が一本調子になっているとかいうことはなく、憂いのある雰囲気、という部分では共通しながらも、きちんと多彩なメロディを聴かせる中盤などはさすがと思わせるものだし、中でもいかにも朝焼けにピッタリといった感じの “No Turning Back” はかなり泣ける。

まぁ他の人の文章を読むと、前作からの延長線上過ぎる部分が引っかかっている人が多いようだけれど、そもそもこの手のシューゲイザー・ミニマルをあまり聴かない私はその点に関しては気になりませんでした。
よって前作よりも好きな作品です。

Take My Breath Away - Gui Boratto

“Gui Boratto / Take My Breath Away (KOMPAKT) 2LP+CD” の続きを読む

Thomas Fehlmann / Honigpumpe (KOMPAKT) 2LP

Thomas Fehlmann / Honigpumpe (KOMPAKT)
http://www.kompakt.fm/

活動歴20年を超えるベテラン、Thomas Fehlmann の KOMPAKT からは2枚目となるアルバム。

この人が KOMPAKT から出すようになってからの作風は基本ミニマル・ダブなんだけど(それ以前は知りません)、ミニマル・ダブのアーティストのほとんどが冷たい印象の音を作るのに対して、 Thomas Fehlmann の音は非常に柔らかく、温かみのあるものが多い。

そしてその音は今作でいっそうの冴えをみせていて、冒頭で雄大で広がりのある音空間を聴かせる”Strahlensatz” で、その世界にいきなり引き込まれる。それ以降も浮遊感のある音響空間で漂っているような気分にさせてくれるものばかりで、こう書くとあまり良く思われないかもしれないけど、ひたすらぬるま湯につかっているような心地よさがある。

ミニマル・ダブにしては珍しく、春とかに野外で聴いてみたい音なんじゃないでしょうか。

試聴

[more]

Justus Köhncke / Safe and Sound (KOMPAKT) mp3

Safe and Sound
http://www.kompakt-net.com/

元 Whirlpool Productions っていうグループの(すいません、よく知りません)、 Justus Köhncke が今年の頭くらいに出したアルバム。

私は正直この人の名前はほとんど意識したことないんだけど、ネットや雑誌を見るとなかなかの人気者みたいで(KOMPAKT を代表する人みたいに書いてるとこ多いですね)、聴いてみれはなるほど、かなり完成度が高い。

全体としてはいかにも KOMPAKT な柔らかなテック・ハウスが中心なんだけど、その中でも曲調に幅があって、さらに曲展開が多かったりポップであったりと、この手のミニマル・ハウスにしてはかなり聴きやすい。

でもそれ以上の何か(まぁ個性なんだけど)が感じられるかというと、ちょっと私にはそこら辺がつかめなくって、聴いてる分には気持ちよいけど、のめり込むには至らず、という感じでしょうか。

視聴
[tracklist]

gui boratto / chromophobia (KOMPAKT)CD

gui boratto / chromophobia
http://www.kompakt-net.com/

最近ではダンス・ミュージックもすっかりデジタル配信が一般化してきていて、アナログ好きの人間は寂しい思いをしてると思うのですが、以前「remix」のインタビューで Dave Clarke が地球環境の面からデジタル配信を支持していたのが印象に残っております。確かに塩化ヴィニールや合成プラスチックって有害物質だもんね。その発言と同じくらい考えさせられたのが今月の「ミュージック・マガジン」の Moodman の連載の一文でありまして、「最近のミニマルやクリックはラップトップで制作しているのだから、データで直に触れてみるのも原音再生という視点ではアリなのではないか」、というのは、なるほど、なかなか説得力がある。こんな方向性で考えたことなかった。

でまぁ上の文章とは全然関係ないんだけど、デジタル配信には積極的な KOMPAKT から今年前半に出た、ブラジルの新人さん gui Boratto の1枚目。
このアルバムってそれなりの回数は聴いてるんだけど、イマイチ掴み所がないのよね。基本的には border community 以降のプログレッシブ・ミニマルが中心。
でも、ヨーロッパのデトロイト・フォロワーのほとんどが本家のファンクネスを見落としているのと同様に、この人(っていうか他の人も皆そうなんだけど)も border community の音響面というのは意識していないようで、そこに物足りなさを感じる。
でもでも、そこが致命的な欠点にもなっていないのも事実で、というのも彼の作り出すメロディが非常に多彩、かつ華やかで、ここまで明確にポップなのって KOMPAKT の中でもあまりないんじゃないでしょうか。
でもでもでも、実際聴き終ってみると、メロディはなんとなく頭に残ってるんだけど、肝心のサウンドの方がどうも頭に残らないのよね。だから聴いている間は心地よいんだけど、どうも再び聴く気がしないのです。

視聴
amazon.co.jp
@TOWER JP

Scsi-9 / the line of nine (KOMPAKT)CD

Scsi-9 / the line of nine
http://www.kompakt-net.com/

Anton Kubikov と Maxim Milutenko の2人によるロシアのユニット、 scsi-9 のアルバム。
最近はずいぶんと音楽的の幅も広がった KOMPAKT ですが、このアルバムはいかにも KOMPAKT らしいというか、以前紹介した『On the Edge』(関連記事)の延長線上にあるような叙情性の高いミニマル・ハウスがほとんど。しかしトラックから零れ落ちるようなメロディが非常に美しい。大人の泣けるミニマル・ハウス。

視聴
@TOWER JP