Perfume / Magic of Love (UNIVERSAL) CD+DVD

Perfume / Magic of Love (UNIVERSAL)
http://www.perfume-web.jp/

先日子供が通っている小学校の運動会を見たんですが、その中の一つに小学1年生による踊りがありまして、その音楽が Perfume の “未来のミュージアム” (関連記事)だったんですね。子供に人気のあるアイドルというと今は AKB と嵐が圧倒的に強いという印象なんですが(AKB の方が人気だろうけど)、そんな中にあって Perfume の音楽が使われたというのは、ドラえもんとのタイアップはそれなりに効果があったんだなぁ、という事を実感した出来事でした。

ただ、前回のタイアップが成功したからといって、今回も子供向け、なんてことはもちろんなく、 Perfume 18枚目となる今作は、いつもの彼女たちらしいダンス・ポップ。
親しみやすい音色のシンセと、ダンス・ミュージックとしては控えめな出音のリズム(グルーヴが無いって意味ではない)、そして Perfume にしては隙間のある音作りというのは、『⊿』辺りの時期の作風を思い起こさせるもので、新味というのは薄いんだけど(控えめにウォブルベースっぽい音が入っているのは、作者である中田ヤスタカの意地なんだろうか)、弾むようなメロディと、少し夢見がちな恋心を歌った歌詞がよく合っていて、なかなかの良曲。

ただ気になる部分もありまして、それは Perfume の歌唱。基本的に3人の事は歌唱力も表現力もある歌い手さんだとは思っているんだけど、この曲での彼女たちの歌はイマイチ声にハリが無かったり、音程がよたってる部分があったりと、どうも曲を自分たちのものに出来ていない感じがしてしまう。

まぁこれが痩せすぎなヴィジュアルを見たことによる先入観からきたものなら別にいいんだけど、ちょっと心配になってしまうシングルです。

カップリングの “Handy Man” は、アジアの民謡みたいな旋律(すげぇ適当に書いてる)が耳をひくわりには、総体としてはいつもの Perfume って感じのエレポップ。

“Perfume / Magic of Love (UNIVERSAL) CD+DVD” の続きを読む

Perfume / 未来のミュージアム (UNIVERSAL) CD+DVD

Perfume / 未来のミュージアム (UNIVERSAL)
http://www.perfume-web.jp/

広島出身の3人組 Perfume が2013年2月に発表した17枚目のシングル。今作は映画『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』の主題歌なんだそう。

私は映画を1年に1本見るか見ないかの人間で、ドラえもんの映画に関しても、子供の頃に何本か見た事はあるものの、リニューアルして以降のものは1本も見たことがない。なので私には今作が劇中で一体どういったタイミングで流れるのかは分からないのだけれど、物語の佳境に迫ったときにその興奮を増幅させてくれるものでも、最後に流れて物語の余韻に浸らせてくれるものでもない。透明感のある音を多く使ったトラックや、一度聴いただけで覚えてしまいそうな親しみ易いメロディなど、子供を意識した作りにはなっているものの、曲自体は大した展開もなく進む盛り上がりに欠けるもので、映画の主題歌といわれて思い浮かべるような大上段に構えたものではなく、小品的なポップスになっている。そういった意味では商業音楽としてはやや疑問を感じずにはいられない曲ながら、作品自体はなかなか面白い。

この曲が子供を意識した曲、っていうのは上記した通りなんですが、その他に特色をあげるとすると、全編で鳴っているウォブルベースなんじゃないかと思うんですよね。これは小さい音や、テレビで流れ的なときなどはそれほど気にならないものなんだろうけれど、大きな音で聴くと曲にしっかりとしたうねりを与えているのが分かる。またドラムに関しては、一聴するとシンプルなエイトビートのようなんだけど、細かく刻むハイハットや、ブレイク部分などで微妙に変化するパターンなどによって、疾走感のある、それこそ手数の少ないドラムンベースのよう。つまりは前作の “Spending all my time” (関連記事)に続く、 Perfume 流 EDM といった内容になっていて興味深いし、 EDM の落とし込み方としては “Spending all my time” なんかよりはるかに面白い。
まぁこれを Perfume でやる必要があるのか、って気はしなくもないんだけど・・・。

カップリングの “だいじょばない” は、軽快なシンセと軽めの四つ打ちキックによるエレクトリックなディスコ・ポップ。ヴォーカルを素材の一部として扱っているような感じは初期を髣髴とさせるものので、悪い曲ではないもののグルーヴが平板すぎて面白みはイマイチ。

“Perfume / 未来のミュージアム (UNIVERSAL) CD+DVD” の続きを読む

Perfume / LOVE THE WORLD (TOKUMA) CD+DVD

Perfume / LOVE THE WORLD (TOKUMA)
http://www.perfume-web.jp/

Perfume が今年の9月に出したコンピレーション。
普通移籍に伴うコンピっていいますと、適当に代表曲詰め込んだベストという印象が強いですが、そこをちゃんとしたコンセプトを持った作品を作ってもらえるというというところは、このグループがレコード会社からも愛されていたからなのか、事務所の力なのか、まぁ詮索はやめておこう。

ということで、本作はただのベスト盤ではなく、現在の世界戦略を意識してダンサブルな曲を集めたという事で、基本的に四つ打ちドンドンな曲が多いのですが、 “edge (⊿-mix)” みたいな攻撃的な曲もあれば、 “love the world” のようにポップな曲もあり、曲調の幅はそれなりに広い。

ただそれはあくまで「それなり」なだけであって、彼女たちの魅力の一端でしかなく、またこの手の曲にそれほど好きなものがない私としては、特別編集盤としての面白さも感じることなく、これだったら全編ミックスでもしてほしかったなぁ、という感じ。

あとこの盤だけに入ってるリミックスがイマイチなのも、この盤の魅力を殺いでいるかと・・・。

“Perfume / LOVE THE WORLD (TOKUMA) CD+DVD” の続きを読む

Perfume / Spending all my time (UNIVERSAL) CD+DVD

Perfume / Spending all my time (UNIVERSAL)
http://www.perfume-web.jp/

サボりにサボっていたら Perfume についてブログに書くの2年ぶりになっちまった。しかもこの寒い時期に夏に出したシングルについて。

気がつけば、アイドルも色んな方向性のグループが雨後の筍のようにひしめいている状況ですが、良くも悪くも個性的なグループが多い中で、女の子特有の可愛らしさを素直に出せている数少ないグループが Perfume なのかな、っていうことを “微かなカオリ” と “スパイス” を聴いた時に思いまして。

なのでそういった方向性をそのまま延ばしたようなアルバム『JPN』は非常に評価できたし、その後の移籍や世界デビューという派手な話題のときに “Spring of Life” という原点回帰的なダンス・ポップを出した事も、ファンを安心させる意味でも、グループの立ち位置を再確認する意味でも、納得できるものがありました。

しかし Perfume が8月に出した16枚目のシングルである今作は、結論から書くとちょっとよく分からない作品ですね。

今作はアメリカで今人気のある Electronic Dance Music 、所謂 EDM の影響が強く、また全編英詩という事で発売前から話題になっておりまして、私も初めて聴いた時は、確かに EDM っぽい曲だなぁ、と思いました。ただ実際 CD として発売されたものを、 EDM っぽい曲という先入観を持って聴いてみると、曲の意匠こそ多少それっぽいものの、基本的には普段の Perfume っぽい曲で、こうなってくると打ち出しとして非常に弱く感じられるし、日本向けにも海外向けにも中途半端なこの方向性をやる意味がよく分からないんですよね。カタカナ英語が悪い意味で和モノ感だしてるのもイマイチだし(彼女たちってこんな英語下手だったっけ?)。
これだったら思いっきり尖った曲を海外だけで出した方がいいと思うんだけど、まぁそれは商売的に無理って事なんでしょうか。

一方カップリングの2曲は日本向けって事なのか、非常にポップな曲ながら、 “ポイント” は彼女たちにしては珍しくドラムンベースで、私にはこちらの方が新鮮に感じられるし、ドンシャリしたリズムが『GAME』(過去記事)を思わせる “Hurly Burly” も新味はないものの良曲。

私としては「世界標準」という名の退屈なんかにわざわざ合わせる必要ないと思うんだけど、まぁメジャーだとそうもいかないんですかね・・・。

“Perfume / Spending all my time (UNIVERSAL) CD+DVD” の続きを読む