soulphiction / soulphiction EP 01 (Freude-am-Tanzen) 12″

HJ2163.jpg
http://www.freude-am-tanzen.de/

Jackmate 名義で知られる人(本名忘れた)の新譜。
多分これを聴いた誰もが思うんだろうけど、まるでムーディマンやセオ・パリシュのようなディープ・ハウス。くぐもったキックの音にヘヴィなベースライン。少しこちらのほうが音が立ってるけど正にどす黒いハウス。特に鼻歌のような女性の歌声と男声のヴォイス・サンプルが絡むB2、極上のソウルを思わす色気たっぷりなB3なんか本当に最高。まぁ、欲を言えば上記の二人にないような個性が欲しいところでしょうか。個人的にはジャックメイト名義でやってる事と混ぜちゃえばいいと思うんだけど。まぁ、そんな単純な話じゃないか。ちなみにジャックメイト名義でも同時期に新作が出てます(私はお金がなくて買えません)。
[Tracklist]

Quenum and Lee Van Dowski / EXTENSION (Cadenza) 12″


http://www.cadenzarecords.com/

ルチアーノのレーベルからの3枚目は名作『オレンジ・ミステイク』をルチアーノと共作したフィリップ・クワナム(とLee Van Dowskiって人は名前始めて聞く)。
一聴するといかにもクリック・ハウス然としたピキパキした上ものが乗っているんだけど、他の凡百のものと比べるとはるかにグルーヴィーで、リズムが上ものを追いかけてるような印象さえする。これでも十分かっこいいのに中盤のブレイクの後、ハードミニマルのようなへヴィなリズムが入ってくる。そのさまは正に圧巻。久々にサージョンとか聴きたくなった(彼もずいぶんとご無沙汰ですよね)。
“Quenum and Lee Van Dowski / EXTENSION (Cadenza) 12″” の続きを読む