CD6枚、LP3枚、12インチ4枚

KEN ISHII/SUNRISER
GEOFF WHITE/NEVERTHELESS
mike shannon/STAIREAYS ep
Villalobos/Fizheuer Zieheuer
OSVALDO/no more vampires ep
My My/SONGS FOR THE GENTLE
NARCOTIC SYNTAX/provocative percussion
LEE VAN DOWSKI & QUENUM/AS TOLD ON THE EVE OF…
MOCHIPET/DISKO DONKEY
V.A./back to back
HERBERT/100 lbs
JOHN TEJADA/CLEANING SOUNDS IS A FILTHY BUSINESS
SI-CUT.DB/Live at Rhiz

burger/ink /[las vegas](matador)CD

burger/ink /[las vegas](
http://www.matadorrecords.com/

このアルバムは随分前にびびんばさんがケルン特集やってる時に紹介していて、気になって買ったはいいものの、気が付けば2年近くも寝かしていたというもの。

とりあえず聴いた最初の印象としては想像以上にユルイ。自分の中で Mike Ink ってミニマリズムの権化みたいなイメージなので(実は全然聴いたことないんだけど)もうちょいハードなの想像してたんだけど、非常におぼろ気な音像のミニマル・ハウス。しかしリズムの方は強烈にダブを感じさせる太いもので、しかしそこから立ち上るような淡い上モノとの対比が実に心地よい。今の人でいうと Lawrence に近い感じ。でもここまでのリズムの太さはないなぁ。

それにしてもこれが今から10年も前のアルバムとは驚きですね。今聴いても全然古びてない。まぁそれだけこのアルバムが凄いってことなんだろうけど、この10年のエレクトリック・ミュージックの進化って何だったのかなぁ、なんて思わなくもない・・・・。ってちょっと大げさか。

視聴
amazon で見る
“burger/ink /[las vegas](matador)CD” の続きを読む

tacky/040922(spluck)CDR

tacky/040922
http://spluck.jp/

え~と、これは何で買ったのか全然覚えてないんだけど、なんとなく聴いてみたら良かったミックスCD。

とにかく1曲目の alva noto + ryuichi sakamoto の曲のピアノの美しさに引き込まれてしまうんだけど、その後もゆったりしたエレクトロニカが続き、それがいつの間にかクリック・ハウスへと流れて、終盤はブレイク・ビーツという構成。こう書くと比較的展開が急なのかと思われるかもしれないけど、音色やグルーヴで曲をミックスするのではなくあくまで雰囲気で繋いでいるので、全体のムードは驚くほど統一されてる。
まぁそんななんで勿論踊るのには適してないんだけど、家で聴く分にはこれぐらいゆったりしたミックスCDがあってもいいんじゃないかしら?

THOMAS SCHUMACHER/HOME(SPIEL-ZEUG)CD

THOMAS SCHUMACHER/HOME
http://www.plantage13.com/

この人の作品ってアルバムとかシングルとかそれなりに持ってるはずなんだけど、不思議と印象に残ってないんですよね。っていうか未だに “When I Rock” のインパクトが強いんだけど、ん~、あれはさすがに古いか。

ということで、ずいぶんご無沙汰感の強い Thomas Schumacher のニュー・アルバム。なんか世間じゃあんまり話題になってない感じがするんだけど、私はけっこう愛聴してます。
まぁ内容の方は簡単に書くと、クリック以降の音色でアシッド・テクノやってるような感じで、「おまえもかっ」てな感は無きにしも非ずですが、まぁ現在ベルリンにいてミニマルからの影響を受けるなって言う方が無理な気がします。
それに音の方も単に時流に合わせたものではなく、ずっしりとしたサウンドの重めの物ながらダンサブルな軽快さというものは失われておらず、そこはさすがベテランといった感じ。しかも “Red Purple” なんて Border Community みたいな雰囲気があったりとなかなか侮れない。

個人的には Pascal feos の『Synaptic』(過去記事)くらいは話題になってもいいと思うんだけど、どうでしょう?

視聴→Thomas Schumacher - Home
“THOMAS SCHUMACHER/HOME(SPIEL-ZEUG)CD” の続きを読む

FUCKPONY/Children of LOVE(Get Physical)CD

FUCKPONY/Children of LOVE
http://physical-music.com/

どうも Jay Haze ってポップを志向するわりにはそれを妙に捻ろうとするものだから、結局のところよく分からない、という印象があるんだけど、 Samin とのユニットである Fuckpony はいつになくストレートな作風ですね。
というのもこのアルバムは元々自分たちなりにシカゴ・ハウスやデトロイト・テクノを掘り下げる意味があったらしく、前半こそいつもの Jay Haze らしい捻くれエレポップ色が濃いものの、後半はなかなかファンキーでかっちょいい。
でもやはりこの人らしい奇妙なネジレみたいなものが色々と感じられて、そこがやっぱちょっと苦手かなぁ。どうもこの人とは合わんみたい。残念。

視聴→Fuckpony - Children of Love
amazon で見る
“FUCKPONY/Children of LOVE(Get Physical)CD” の続きを読む

BASEMENT JAXX/CRAZY ITCH RADIO(XL)CD

BASEMENT JAXX/CRAZY ITCH RADIO
http://www.basementjaxx.co.uk/

どうも最初、今回のアルバムは色んなタイプの曲を詰め込むためにラジオ仕立てにした、という話を聞いたときは不安だったんだけど、ん~、それは半分当たりでしょうか。

Bassment Jaxx といえば初期のラテン・ハウスに留まらず、アルバム発表毎に明確な進化を示してきたグループなわけで、そこは好き嫌いとは関係ないところで評価していたんですよね。でも今回のように1枚に色んな曲を入れるというのは今までのまとめ的なものにも思えるわけで、つまりは統括という名の停滞を意味しているのではないかと思ったわけです。

そして今作は実際以前のようなラテン・ハウスが数多く収録されていて、いくつかバングラっぽい音色などが聞こえて新味を感じさせるものの、特にコレといった新機軸のない、はっきりと停滞を示した作品ではないでしょうか。しかも言うほどごった煮な感じないし。

しかし色々と文句を垂れつつも、このアルバム結構好きです。というのもね、ダンス・グルーヴの中に色んな要素を詰め込みつつ、でもポップに聴かせるという曲作りは、やっぱりこの人たち上手いですよね。それにラジオ仕立てを謳ってるだけあって流れもいいし。さらに後半になると高揚感を下げずにメロウさを足すとこなんかかなり好き(”Everybody” 最高!)。

まぁそれでも彼らの最高傑作とは絶対に思わないけど、意外に Basement Jaxx の入り口としてはいいアルバムではないでしょうか。

視聴
amazon で見る
“BASEMENT JAXX/CRAZY ITCH RADIO(XL)CD” の続きを読む

Struggle For Pride/You Bark, We Bite.(TAD SOUNDS)CD+DVD

Struggle For Pride/You Bark, We Bite.

ライヴを見たことのない者にとってはある種の都市伝説のようにも思えた Struggle For Pride の、待望のデビューアルバム。彼らはよくテクノやハウス、ヒップ・ホップにロックやハードコアなどが混ざり合った今の東京のシーンの代表のように扱われることが多いけれど、正直このアルバムの音からそういった背景を読み取るのは難しい。

冒頭の Kahimi Karie による手紙の朗読や、続く MSC から Mic Space の二人を招いた “Blockpain” などにはその越境性を見て取れるが、後はひたすらノイズの嵐といった感じ。しかしその凄まじいノイズを鳴らすギターとけたたましく鳴るドラムの中で、埋もれそうになりながらも叫び続ける今里のヴォーカルが素晴らしく、私が始めて聴いたときに思い出したのは Nirvana の『From the Muddy Banks of the Wishkah』の冒頭での Kurt Cobain の叫び声で、特に具体的に何が似てるというわけではないのだけれど、その声から発せられる生命エネルギーの強さに非常に近いものを感じる。つまりは私にとって Struggle For Pride は曲やメロディを聴いたりとかいうことではなく、その演奏から発せられるパワーをひたすら浴びるといった類の音楽。しかしそのパワーたるや凄まじく、最近の作品でこのアルバムに匹敵するパワーを持っているものはちょっと思い浮かばない。

そして今里はバンドについてよく「遊び」だと言うけれど、好きな遊びだからこそここまでの力を注ぎこめるということなのか、ここまでパワーを使わなければ遊びも真剣にできないという意味なのか、どちらにしてもこのアルバムには、今という時代の空気が目一杯詰め込まれているのは間違いない。

amazon で見る
“Struggle For Pride/You Bark, We Bite.(TAD SOUNDS)CD+DVD” の続きを読む

microesfera/Negative(Static Discos)CD

microesfera/Negative
http://www.staticdiscos.com/static/

アルゼンチンのデュオ、ramiro Larrain と Alejandro Amo によるMicroesfera の、多分コレに続いて2枚目のアルバム。発売は Fax や Mucof のリリースで知られるメキシコのレーベル Static Discos 。

いきなりタイトルが『Negative』なんでどんな音かと思ってみれば、細部まで非常によく作りこまれたクリック・ハウス。最近のミニマルのようなグルーヴを押し出したものではなく、音の粒子が感じられるような繊細な音作りで、さりげなくほどこされたダビーな音響が非常に心地よい。どうも決め手になるような曲が見当たらないとか、曲数が少ないとか不満もあるけれど、全体で見ればなかなかの秀作。

視聴→Microesfera - Negative
amazon で見る
“microesfera/Negative(Static Discos)CD” の続きを読む

COAXIAL/COAXIAL(GSL)CD

COAXIAL/COAXIAL
http://www.goldstandardlabs.com/

The Mars Volta とも交流があるというデュオの、EPに続いての初アルバム

とにかく聴いていると耳に飛び込んでくるのは激しく連打されるドラムの音で、イントネーションの強いMCと相まってかなり印象はロック的。でも全体のつくりとしてはあくまでヒップ・ホップで、アンダーグラウンド色の強い雰囲気は一時期の def jax を想起させる。でもそれが渾然一体となってかなりのダイナミズムを生み出していて、これはかなりカッコいい。
多分ロック好きでも聴きやすいのではないかと。

視聴→Coaxial - Coaxial
amazon で見る
“COAXIAL/COAXIAL(GSL)CD” の続きを読む

THE AVALANCHES/WHEN I MET YOU(TMQ)CD

THE AVALANCHES/WHEN I MET YOU
http://www.theavalanches.com/

なんかデビュー当事話題になったわりにはすっかり音沙汰のなくなってしまった彼らですが、忘れた頃に唐突に届いたミックスCD。

以前からそのごった煮感覚のDJには定評のある人たちでしたが、ここでは自身の楽曲を多く用いながらもオールディーズからヒップ・ホップ、はてはハウスやテクノ(PAPERCLIP PEOPLE!!)、ロックも交え想像以上に幅が広い。でもその幅の広さを前面に出すのではなく、あくまでスウィートなポップスとして聴かせてくれるのがこのミックスCDのいいところ。
確かに最近のマッシュ・アップに近い感覚も感じられなくはないんだけど、そんなこと関係なく生活のBGMとして聴くのが一番な気がします。そして、そうすればいつもよりちょっぴりいい気分になれるのではないかと。

amazon で見る
“THE AVALANCHES/WHEN I MET YOU(TMQ)CD” の続きを読む

pascal feos/synaptic(level non zero)CD

pascal feos/synaptic
http://www.levelnonzero.de/

このインタビューを読むと Pascal F.E.O.S という人はプロデューサというよりはDJという意識の方が強いらしく、だからなのか時代の空気を敏感に読み取って、1作目ではハード・ミニマル、2作目ではテック・ハウスと作風を変化させてきたわけですが、3作目となる今作は予想通りクリック/ミニマルを意識したような作り。しかし単純にスタイル借りてきたような部分はまるでなく、あくまでも今までの活動を土台にしたような、そして非常にテクノ的などっしりとしたリズム感がかなりカッコいい。そこにクリック系の音の粒子を感じさせるような上モノが乗っていて、確かに即効的な爆発力には欠けるものの、アルバムが進むごとにじっくりと盛り上げてくれます。そして曲がシンプルだからこそ、今まで以上にアルバムがミックス仕様になっている効果が高く、ここら辺はさすがの技術力といった感じ。多分今年のミニマル系の中でも抜群の完成度なんではないでしょうか。まぁその分面白みにかけるきらいはなくもないんだけど、いやいや、それでも素晴らしいアルバムです。

視聴
amazon で見る
[Tracklist]

Cocco/ザンサイアン(Speedstar)CD+DVD

Cocco/ザンサイアン
http://www.cocco.co.jp/

どうも初期の印象が強烈過ぎて、未だに Cocco というと「激しさ」や「怨念」みたいな言葉が浮かんでしまうんだけど、当の彼女はそんなものは昔の話とばかりに、歌そのものの素晴らしさを追求している、というのが活動休止前に感じたところでした。

そして活動再開後のソロ・アルバムとしては初となるこの作品はさらにリラックスした印象を受けます。まずどこか “Born Slippy” を思わせるイントロの “音速パンチ” からして、その突き抜けたポップ感にビックリするんだけど、それ以降も以前の張り詰めたような感じはどこにもなく軽やかな曲が目立ちます。そして私はそこに物足りなさを感じてしまいます。

デビュー当初はひたすら自分の吐き出したいものを曲にぶつけていた彼女が、純粋に歌そのものに近づいていったのは良かったと思うんだけど、今の彼女は結局、それ以降歌の表現の核となるものを見付けられていないのではないかと感じてしまいます。だからせっかく良曲揃いなのに、イマイチこちらに届いてこなくてなんだか複雑な気分。

まぁ現在の活動ぶりからすると、再び活動休止とかはなさそうなので、これからの変化に期待したいところです。

視聴
amazon で見る
“Cocco/ザンサイアン(Speedstar)CD+DVD” の続きを読む

mihimaru GT/mihimagic

mihimagic
http://www.mihimaru-gt.com/

なんか最近大層人気のある方たちなんだそうで、なんとなく借りてみた。

気が付けば日本でもヒップ・ホップを取り入れた人たちが数多く出るようになって久しいけど、そういった人たちの一体何割が、所謂クラブ・シーンとの繋がりを持ってるんですかね。Kick The Can Crew なんかは昔から自分たちのパーティやってたからいいんだろうけど、Rip Sryme なんかは良くも悪くも完全に離れちゃってる感じがします。そして SOUL’d OUT 以降の人たちはクラブで音が鳴ってるのさえ想像できない感じ。
さらにこの mihimaru GT に至っては、この二人が普段ヒップ・ホップを聴いているところさえも想像できない。彼らの音楽にヒップ・ホップの要素があるのは間違いないし、押韻の感覚も悪くはないんだけど、不思議とヒップ・ホップに聞こえない強烈な偽者感。これは一時期の avex を連想させますね。

まぁそれ自体は特に悪いとは思わないし、ある意味日本の音楽界の伝統ともいえるものだと思うんだけど、残念なのがその偽者感が音楽的な面白さになってないんですね。この手のグループにしては生音中心なのは新鮮だけど、全てにおいて作りが軽くて、しかもこんなアニメ声の女の子にここまで甘いメロディ歌わせなくてもいいんじゃないかという気がします。
でも歌が激甘でもサウンドが軽めなのでバランスがいいのは事実。あれ?という事はよく出来てるってことかしら?う~ん・・・・・。

視聴→mihimaru GT - mihimagic

amazon で見る
“mihimaru GT/mihimagic” の続きを読む

DJ natural/ghettt bijinesu ver.9 -WHAT IS LOVE?- (OSM)CD

DJ natural/ghettt bijinesu ver.9 -WHAT IS LOVE?-
http://3w.to/osm

ついでにこちらもゲットーつながりで。そして1曲目のタイトルが “住之江、大阪” なので、この人も大阪の人。

彼はこのアルバムの何曲かでダブへの愛について語っているのだけれど、面白いのはダブに強いこだわりを持ちながらもハウスを作ったことにより、出来上がったのは Moodymann 等を想起させるダウンテンポ・ハウスだというところ。日本ってデトロイト・ハウスの人気があるわりには、そのフォロワーってあまり聞かないのでこれは新鮮。しかもこちらはダブらしく太くも角ばった歪な形をしていて、それが非常にかっこいいディープ・ハウスとして鳴っているのだけれど、そこに自身の飄々とした語りを乗せているのだから堪らない。多分嫌いな人にはただ邪魔なだけなんだろうけど、個人的にはこのギャップがかなり好き。

昨年出たこのアルバム以降にも、今年に入って早くも3枚のアルバムを出しているので、それも是非聴かねば。
“DJ natural/ghettt bijinesu ver.9 -WHAT IS LOVE?- (OSM)CD” の続きを読む

Shingo☆西成/WELCOME TO GHETTO(Libra)CD

Shingo☆西成/WELCOME TO GHETTO
http://www.libra-ltd.net/

ゲットーで生き抜く為においてユーモアとは知恵である、と言ったのは一体誰だったか、それとも私の妄想でそんな事は誰も言っていないのか、まぁ記憶が判然としないんだけど、とにかくユーモアというのは大事ですよね。
そして名前のとおり大阪の西成区出身の Shingo☆西成と、歌舞伎町や新大久保周辺を根城にする Libra 主催の MSC の決定的な違いというのもユーモアという気がします。

自らの裏街道でのハードコアな日常をラップすることの多い MSC と違い、Shingo☆西成のラップのテーマはパーティであったり女であったり、はたまた兄貴っぽいお説教だったりとヒップ・ホップでは一般的なもの。でもそのテーマをきちんと自分の方に引き寄せており、そこにユーモアと西成でのゲットー・ライフを織り交ぜることにより、非常に生きた言葉としてこちらに届いてきます。同じゲットーの歌でも、やはり私にはこちらの方がはるかに聴きやすい。
その中でも特に素晴らしいのが”長屋の一人っ子の独り言”。タイトルの通り、特に決まった主題もなくとりとめのない独り言が続くのだけれど、だからこそShingo☆西成の本音が一番出ているようでかなりグッとくる。これが1曲目にあるせいで、ついつい繰り返し聴いてしまいます。そして7曲とちょっと物足りないくらいなのも丁度良いのではないかと。

視聴
amazon で見る
“Shingo☆西成/WELCOME TO GHETTO(Libra)CD” の続きを読む

CD3枚、12インチ6枚

LUOMO/PAPER TIGERS
BECK/THE INFORMATION
ROBIN THICKE/THE EVOLUTION of ROBIN THICKE
V.A./Multipliremezclas 1
COBBLESTONE JAZZ/INDIA IN ME
Toni Vokado/Um die Eigene Achese EP
V.A./SUN SPORTS

中古
deadbeat/tesla
RHYTHM MAKER/METAL PATIENCE EP

最近12インチは控えるようにしてるんだけどなぁ・・・・・。

OUTKAST/IDLEWILD(LA FACE)CD

OUTKAST/IDLEWILD
http://www.outkast.com/

前作の『Speakerboxxx/The Love Below』の大ヒットにより一躍時代の寵児になった感さえある Outkast 。 当然のように今作も軒並み高評価を受けているようだけど、個人的にはイマイチでしょうか。
まぁ私は前作からして大して好きでもない人間なんだけど(っていうか Outkast 自体好きでもない)、その中でも “Ghetto Musick ” は大好きなんですね。でも、あの曲でのハイテンションなゲットー・ベースに比べると、これはちょっとレイドバックし過ぎじゃなかろうか。
映画が先なのか音楽が先なのか、とにかく1930年代を題材にするというのは悪くないと思うんだけど、ちょっと取り入れ方がストレートすぎるというか面白くないというか、コレ聴いて過去のアメリカ南部音楽の現代化とは私はとても思えないなぁ。まぁその分何曲かはユルくて気持ちいいんだけど、ん~、ちょっと期待はずれでした。

視聴
amazon で見る
“OUTKAST/IDLEWILD(LA FACE)CD” の続きを読む

HULOT/deco(USB)CD

HULOT/deco
http://www.frogman.biz/usb/

ブログって定期的に続けてるうちはいいけど、ちょっと書くのやめると途端に億劫になりますね。っつうか最近常に眠いです。

そんな感じなんで聴いてるのもわりと緩め。これは去年出たアルバムなんですが、コレ出してるレーベルの USB といえば Mexico を輩出したところでもあるわけで、なかなかに思い入れがあるのに最近活動してなくて、もう自然消滅かなぁと思っていたところにヒョッコリ出てきた1枚です。

音の方は正にこのレーベルらしいテック・ハウスで、グルーヴを損なわないギリギリのところまで削られたリズムと、その隙間を埋めるかのように鳴る浮遊感のあるシンセがひたすら心地よい。それでいて耳あたりはポップなのだから、もう何もいうことないです。

なんか最近では定期的にレーベル主催のパーティもやってるようなので、コレを期にまた定期的に音源を届けてもらいたいもんです。

視聴
amazon で見る
“HULOT/deco(USB)CD” の続きを読む

CD5枚、LP5枚、12インチ6枚

D.DIGGLER/EM.Pulse(CD)
D.DIGGLER/EM.Pulse(LP)
zekiel Honig/Scattered Practices
SKATEBARD/MIDNIGHT MAGIC
Immigrate Us/No man’s religion
Unknown Prophets/The Road Less Traveled
STEFAN GOLDMANN/SLEEPY HOLLOW EP
JPLS/Program
copacabannark/les sables de… e.p.
LAZY FAT PEOPLE/SHINJUKU

中古
Sturm/Sturm
Holger Flinsch/Hidden
LUMP/DUB
alka_rex/shapes to phases
V.A./futuristic experiments chapter Ⅱ
SOULPHICTION/get the point!

中古がホクホク。