Blahrmy / Duck’s Moss Village (MOSS DUCK) CD

Blahrmy / Duck's Moss Village (MOSS DUCK)
http://www.myspace.com/blahrmy

sheef the third と Miles word による藤沢の二人組、 Blahmy のファーストEP。

そもそも私が今作に興味を持ったのは、恵比寿のレコード屋 wenod のサイトに「2mc共にラップが巧すぎる!」と書いてあったのが目に留まったからなのだけれど、確かに今作の魅力を端的に表すとするならば、兎にも角にもラップが巧いという事に尽きる。

しかしその巧いというのも、技術的に云々という話ではなく、変な表現かもしれないが音楽的に巧い、とでも書きたくなるもので、二人のラップは基本的に非常に滑らかで流れるようなのだけれど、それでも吐き出される言葉は聴き取りやすく、それでいて要所要所できちんと引っ掛かりを作っていて、ラップがすっと頭に入ってくるのに言葉がきちんと頭の中に残っていてとにかく心地いい。

またトラックの方はあまり飾り気のないシンプルなもので、最初ラップに比べると物足りない感じがしたんだけど、逆にシンプルであるがゆえに出来た多くの隙間をラップの躍動感が上手く埋めていて、非常にバランスの良いものとして聴ける。

つまり二人のラップの巧さが独りよがり的に前面に出ることなく、あくまで音楽的な魅力を伴って耳に入ってくることによって、逆に巧いと唸らされる。

日本語でのラップの魅力を堪能できた、という意味では『病める無限のブッダの世界』にも匹敵する1枚。傑作です。

試聴

GReeeeN / いままでのA面、B面ですと!? (NAYUTAWAVE) 2CD

GReeeeN / いままでのA面、B面ですと!? (NAYUTAWAVE)
http://www.greeeen.net/

以前石野卓球が田中フミヤを評した言葉に「日本でアンダーグラウンドなのはフミヤだけ。あとはマイナー。」っていうのがありまして。
あと他に THA BLUE HERB に “アンダーグラウンドVSアマチュア” なんて曲もありましたが、要はアンダーグラウンドというのは人気不人気とかいうものではなく、如何に自分の流儀でやるか、っていう話なんだと理解しています。

そういった意味でいうと、一時期の GReeeeN というのは日本で一番有名なアンダーグラウンド・アーティストなのではないか、と考えていた時期がありまして。
それは顔を一切メディアに出さないという姿勢だったり、人を食ったようなタイトルだったりという、あまり音楽とは関係のない部分が理由ではあったのだけれど、それでも他の売れているバンドとは一線を画す活動の仕方はなかなか興味深いものでした。

だから2009年のバンドの人気が頂点のときに、このベスト盤の発表と前後して彼らの解散の噂が出たときには、その勝ち逃げの仕方に興奮すら覚えたものなのだけれど、結局のところ噂は噂であって、しばらくの活動休止期間を経て、現在ではいつの間にか地味に復活して普通の人気バンドに収まった感がある。

なんともつまらん話である。

いままでのA面、B面ですと!? - GReeeeN

“GReeeeN / いままでのA面、B面ですと!? (NAYUTAWAVE) 2CD” の続きを読む