UNKNOWN / KNOWONE LP 02 (Knowone) 3LP

UNKNOWN / KNOWONE LP 02 (Knowone)

2010年ごろから活動しているらしいドイツのレーベル Knowone から2012年に発表されたアルバム。
ここ数年流通形態がデジタル中心になったことで、逆にアンダーグラウンドなレコード作品が増えてきましたが、この Knowone もそんなレーベルで、アーティスト名などの情報はほとんどなく、またプレス数の絞られたレコードは、レーベル名と型番がスタンプされただけの簡素なもの。
しかしただ謎に包まれているだけでもなく、日本限定でシングルをリプレスするなどもしていて、愛想がいいのか悪いのか、ますますよく分からないレーベルです。

そんなレーベルからの作品というと、非常にアンダーグラウンド色濃いものを想像してしまいますが、今作はほんのりとミニマル・ダブ的な意匠をまといつつも、むしろデトロイト・テクノに近い感情に訴えかけるようなメロディをもったテック・ミニマルが多く、思いのほか聴きやすい。

しかし3枚のアナログの片面それぞれに収録された長尺曲は、派手な展開などを排した地味なもので、しかし全く弛緩することなく聴かせる手腕には、作者の地力の高さを感じさせる。

試聴

UGANDAN METHODS / SIXTH METHOD (Ancient Methods) 12″

UGANDAN METHODS / SIXTH METHOD (Ancient Methods)
http://www.ancientmethods.com/

Conrad Protzmann と Trias によ Ancient Methods に、 Regis が加わったユニット(ややこしい・・・)、 Ugandan Methods が今年2月に発表したシングル。

Regis って一時期に比べ、再発含めずいぶんとリリースが増えましたが、レコ屋の文章見ると、未だに昔の印象引きずっているのか「ハード」だの「インダストリアル」だのといった文字が使われているものの、実際聴いてみると別段ハードではない、という事がよくあります。

しかし今作は冒頭の金属的な上モノからして、いかにもインダストリアル・テクノといった感じで、最近ではこの手の音をあまり聴かなくなった私でも非常に燃える。しかも直線的なキックと、地鳴りのような横揺れベースが作り出すグルーヴが思いのほかファンキーで、さらに燃える!
まぁちょっと冗談っぽく書きましたが、インダストリアルでありながらファンキーって、あまり聴かない組み合わせだったので、なかなかに新鮮。これはベテランの面目躍如といった感じでしょうか。

他の2曲に関しても、音はハード・ミニマルっぽいながらも、グルーヴはきちんと今のミニマルに即したものになっていて、非常に聴かせるものになっている。

“UGANDAN METHODS / SIXTH METHOD (Ancient Methods) 12″” の続きを読む

Untold / Gonna Work Out Fine EP (Hemlock) mp3

Untold / Gonna Work Out Fine EP (Hemlock)
http://www.hemlockrecordings.co.uk/

ついでなんで溜まってたダブステップものを色々と。

2009年に UNTOLD が自身のレーベル Hemlock からだしたダブルパック。

ポスト・ダブステップと呼ばれる音楽のほとんどって、前のめりのリズムであることが多い印象なんですが、今作は2ステップ的な軽やかなリズムはテクノ的ながら、ベースはしっかりとためのきいたものになっていて、そこから生み出される粘りのあるグルーヴが、各曲を音の印象以上に強固なダンス・トラックにしていて非常にかっこいい。

Gonna Work Out Fine - EP - Untold

Unknown Artist / Untitled (Analogue Solutions) 12″

Unknown Artist / Untitled (Analogue Solutions)

今年に入ってからポツポツレコ屋に出回るようになったブート・レーベルの第1弾。

今作は作者も不明ならレーベルもよく分からないものながら、レコ屋ではそれなりに話題になった盤でして、というのも Paperclip People の “The Climax” をネタにした曲があるからなんですね。

で、ここで少し話が脱線するんですが、私が持っている “The Climax” って “Basic Reshape” とのカップリングの、ちょっと初期ジャングルに近いブレイクビーツが印象的な曲なんですね(今作では印象的なシンセのメロディがサンプリングされている)。
でも検索してみたらもう1曲、全然違う四つ打ちのヴァージョンもあるのね(こちらからは涼やかなシンセのフレーズがサンプリングされている)。これどちらもリミックスとは表記されていないんだけど、これってなにがどうなってるんですかね。
私基本的に遡って音源を聴くという事をしないので全然分からんのよね。

まぁいいや。

兎にも角にも今作の裏面には “The Climax” をネタにした曲が収録されておりまして、こう書くとネタに頼ったアイデア勝負の曲に思われるかもしれないけれど、今作はサンプリングしたフレーズを実に自然に取り込みながらも、エレクトロっぽいポコポコと鳴るスネアや、ミニマルながらも覚醒的なシンセを加える事で、また一味違ったデトロイト・テクノに仕上げていて非常に完成度が高い。

またパーカッシブな変則ビートを刻む A1 、扇情的なテック・ミニマルの A2 も同様によく出来ていて、ブートなどという事を意識させない素晴らしい作品になっている。

まぁ今作でアイデア出し切っちゃったのか、他の盤に関してはピンとこなかったので買ってもいないんだけど、それでも今作の作者が誰なのかは気になります。

試聴

Unknown Artist / Flöte + Clarinette (RAL) 12″

Unknown Artist / Flöte + Clarinette (RAL)

この前紹介した RAL の2枚目。
例によって誰が手がけているかは分からないのだけれど、テクニークによると Rhadoo と Petre Inspirescu の仕事だそう。しかし『RAL1001』が Luciano の特徴が分かりやすく出ていたのに比べると、こちらはちょっと作者の色までは聴き取れず。

だがいかにも Cadenza っぽい作品が多いというのはこのレーベルの共通とするところで(そもそも Cadenza の周辺人脈が中心なんだから当たり前なんだけど)、今作も Dumitru Farcas の “Suita Din Tara Motilor” からサンプリングしたトラッドフォークっぽい音色が印象的な “Flöte” 、そしてこちらもオリエンタルな笛のサンプリングが印象的な “Clarinette” と両曲ともそれは変わらない。

でも一口に Cadenza っぽいといっても色々あるわけで、今作に関してはパーカッションがチャカポコと鳴る類のものではなく、以前のようなゆったりと風景が変容していくような感覚があるのがうれしいところ。
特にどんどん時間を引き延ばしていくかのような “Flöte” はかなり好きだ。

“Unknown Artist / Flöte + Clarinette (RAL) 12″” の続きを読む