V.A. / 3 Years Do Easy (Do Easy) mp3

V.A. / 3 Years Do Easy (Do Easy)
http://www.doeasyrec.com/

最近人に「どんなの聴いてるの?」と聞かれると「ルーマニアのミニマル」と答える事が多いのですが、大抵なんじゃそりゃ、って顔をされるので、いくつか盤紹介してみたいと思います。

とはいっても私も特に詳しいというわけではなくて、なんとなく意識しだしたのが Petre Inspirescu の『Intr-o seara organica…』(過去記事)を聴いてから、段々と盛り上がってきているのを感じて、ちゃんと意識しだしたのは今年でしょうか。

なので実態とかは全然つかめていないのですが、とりあえずシーンの中心としてよく語られるのが Rhadoo と、先に名前が出た Petre Inspirescu 。この二人の共通点というと、 Cadenza からのリリースというのがありますが、ルーマニアン・ミニマルも大別すれば Cadenza 系のパーカッシブなものがほとんど。しかしルーマニアのものは対して展開のない地味なものが多く、また1曲1曲が長い(上の二人も Cadenza からのは片面1曲のダブルパックだもんねぇ)。

なのでそういった意味では聴く人を選ぶ感じはあるんだけど、さらに厄介なのはレコードのみのリリースというのが非常に多く、また人気レーベルになると、日本に入ってくる前に売り切れちゃうということ(3、400枚くらいは刷っているみたいだから、極端にプレス数が少ないわけはないんだけど・・・)。

とはいってもデジタル・リリースが全くないわけでもないので、今回は手に入りやすいデジタルでも出ている作品を(アナログでも出てるけど)。

ということで前置きが長くなりましたが、オーストリアのレーベル Do Easy の3周年記念コンピ。

なんでルーマニアの話してたのに、オーストリアのレーベルなんだ、って感じですが、参加してる3人中2人がルーマニアの人なので。

まず1曲目の Matthias MeyerLiebe*Detail などからもリリースしていて、過去にこのレーベルからもリリースしているドイツ出身の人。曲の方はシンプルなリズムにうっすらとした上モノが乗るミニマル・ハウスで、悪くはないんだけど、ちょっと個性が足らんかな。けっこう前面に出ているベース・ラインがもうちょっと面白いと、印象も違うと思うんだけど。

2曲目はルーマニア出身の Matei Tulbure と Traian Chereches による2人組み TC Studio
この人たちの SoundCloud の曲を聴くと実験的なものが多いんだけど、今作も負けず劣らず不思議な曲。ボツボツと鳴るキックと引きずるようなベース、うっすらと不安を煽るような上モノに鐘の音と、とてもクラブ向けとは思えない暗い曲ながら、この独特の雰囲気は癖になる。とは書きつつも、ルーマニアン・ミニマルっていう感じは希薄なんだけど。

っつうことで、自分の中のルーマニアン・ミニマルの印象に一番近いのが、次の Vid こと Sorin Rastoaca の “Simfonic 03” 。
前半部分は乾いたリズムと動きのあるベースラインの素っ気ないミニマル・ハウスながら、中盤から入ってくる淡い色彩のシンセがとにかく美しい。しかもそのシンセも、押し出しの強いものではなく、触れれば壊れてしまいそうな繊細さを持ちながら、きちんと曲に明確な色を与えていて、ここら辺の濃淡のバランスの妙が、他のルーマニアン・ミニマルにも共通していて、そこに私は魅力を感じる。
地味にハイハットで緩急付けているのもいい。

なんか最後の曲以外微妙な書き方になってしまいましたが、とりあえずルーマニアン・ミニマルの入り口として、どうでしょう。

3 Years Do Easy - Single - Matthias Meyer, T.C. Studio & Vid

“V.A. / 3 Years Do Easy (Do Easy) mp3” の続きを読む

V.A. / STRICTLY ANALOG DUB (dubbhism) mp3

V.A. / STRICTLY ANALOG DUB (dubbhism)

オランダのネット・レーベル Dubbhism のフリー・コンピ。

今作はタイトルどおり生演奏のダブが中心なので、ミニマル・ダブであったり、ダブステップなどは聴いても、レゲエには縁遠い私は普段聴くような音ではないのだけれど、私の中でのダブのイメージまんまの曲が多いので聴きやすい。
その分意外性などには乏しいんだけど、まぁこれからの季節に聴くにはいいでしょう。

ダウンロード

“V.A. / STRICTLY ANALOG DUB (dubbhism) mp3” の続きを読む

V.A. / Muchas FATcias (Freude am Tanzen) mp3

V.A. / Muchas FATcias (Freude am Tanzen)
http://www.freude-am-tanzen.de/

んで、先ほど紹介した Abstract Nostalgic Fractals Systems (過去記事)も良かったんですが、それを上回る素晴らしさだったのが、今年の頭に出た Freude am Tanzen のフリーのコンピ。

Freude am Tanzen って特に無料配信とかに熱心だという印象がなかったんで、このコンピはかなり意外だったんだけど、面子の方も Krause Duo や Monkey Maffia のような古株から、それほどリリースのないアーティストまでそろえるという、無料だからという手抜き感のないしっかりしたもので驚く。

さらに内容の方も、柔らかなビートの上で様々な音が表れては消えていく Kadebostan の “Portofino” を筆頭に、このレーベルらしいポップさと洗練を同居させたトラックばかりで、もう無料とか抜きにして、本当に素晴らしいコンピ。

このレーベルって最近あまり聴いてなかったんだけど、これからも追いかけねばなるまい、と改めて思ったしだい。

ダウンロード

“V.A. / Muchas FATcias (Freude am Tanzen) mp3” の続きを読む

V.A. / The Robots Riot: Poltron Invaders 2 (Elektropunkz) mp3

V.A. / The Robots Riot: Poltron Invaders 2 (Elektropunkz)

ポーランドのエレクトロ系レーベル Elektropunkz のコンピ。

このブログには何度か書いているように、私は基本的にエレクトロって苦手なんだけど、最近ジュークとかも普通に聴くようになったせいか、思ったよりも楽しんで聴けた。

まぁここに収められているのはゲットー系のではなくテクノに近いものが多いんだけど、ファンキーなビートのものが多く盛り上がるし、一方でエレクトロにミニマル・ダブの上モノを乗せたような “Central Station” みたいなのもあり面白い。

ダウンロード

“V.A. / The Robots Riot: Poltron Invaders 2 (Elektropunkz) mp3” の続きを読む

V.A. / Brainfeeder Sampler 2012

V.A. / Brainfeeder Sampler 2012
http://www.brainfeedersite.com/

Flying Lotus が主宰するレーベル Brainfeeder が今年の頭に発表したフリーのコンピ。

自分の中で Brainfeeder 及び Flying Lotus の注目度ってそれほど高くないので、知らない名前がほとんどなんだけど、逆にいうとこういうのをフリーで出してもらえるのはすごくありがたい。

内容的には広義な意味でのブレイクビーツがほとんどなんだけど、素っ頓狂な歌ものの四つ打ちを聴かせる Taylor McFerrin と、煙たいヒップホップの Jeremiah Jae がよかったかしら。

ダウンロード

V.A. / Nerdstep Commune (Lowfer) mp3

V.A. / Nerdstep Commune  (Lowfer)
http://lowferrecords.jp/

そろそろ暑さも和らいできたところなので、更新頻度をあげたいところですが、どうだろう・・・。

っつうことで、国産ダブステップをリリースするネットレーベル、 Lowfer Records の2枚目のコンピ。
1枚目のは落としたけどまだ聴いてない。すんまそ。

ダブステップってグライムとほぼ境がなかったころに比べると、そこから意味性を排除することによって今のような拡がりを良くも悪くも獲得したのだろうし、だからこそブレイクコアと同じような機能性を持ちえたんだと思います。

そういった事をふまえるとナードステップと呼ばれる、アニメやゲームなどをネタにしたダブステップを集めた今作はその事を端的にあらわしているようで興味深いんだけど、それが支持層の拡がりとして感じられはしても、スタイルの拡がりとして感じられる部分が少ないので、ダブステップのコンピとしては悪くないものの、わざわざ「Nerdstep」などとタイトルに関する必要性があったのか甚だ疑問。

ようは何故このネタを選んだのか曲を聴いただけでは分からないものが多く、ネタ抜きのインストで全然問題なさそうなものばかりなのが非常に物足りない。
さらに少々言いがかりじみた事を書かせてもらうと、「アニソンの新基準はオレ(私)が作る!」ぐらいの気概のある曲が欲しかった。

っつうことで、原曲の躁的部分を上手く生かしたと思われる(原曲知らないので) tribetrigger の “rock over japan (Glitch edit)” が一番インパクトあったかな。

ダウンロード

V.A. / OUR SOUND 2 (Destructive) 2CD

V.A. / OUR SOUND 2 (Destructive)
http://www.myspace.com/destructiverecordings

イギリスのダブステップ系レーベルが2005年と2008年にアナログで出したレーベルコンピを纏めた2枚組みCD。

このレーベルに関してはリリースも少ない上に情報もあまり見つからないので、正直どんなレーベルなのかよく分からないんだけど、2008年盤の方は基本的にどの曲もベースラインよりも跳ねたドラムの方が前面に出ていて、ダブよりもブレイクビーツの要素が強いトラックが多い。その分重さに関しては希薄なものの、それがちゃんと聴きやすさにつながっているし、また Funk Ethics の “Blues Is Now” なんて逆に軽さを前面に出しているような曲もあったりと面白い。

一方2005年盤の方は時期が時期だけにあまりダブステップのスタイルが確立されていなかったのか、ダブステップとドラムンベースの中間にいるような曲が多い。しかし今はそのあたりの曲をドラムステップなんて呼んでいたりするわけで、やはり時代はめぐるということなんですかね。
でも実際ここに収録された曲たちはドラムステップといわれてもほとんど違和感のないものばかりで(若干軽さは目立つけど)、むしろ2008年盤よりも面白い。
中でもこれが Distance とは信じられないくらい軽やかでパーカッシブなブレイクビーツを聴かせる “Swarm” は特に面白い。

Our Sound 1 & 2 - Various Artists
“V.A. / OUR SOUND 2 (Destructive) 2CD” の続きを読む

V.A. / Expansion Contraction (m_nus) mp3

V.A. / Expansion Contraction (m_nus)
http://www.m-nus.com/

一時期はマメにチェックしていた m_nus の音源をほとんど買わなくなってから久しいのですが、2007年に発表されたこのコンピを久し振りに聴いてみても、やっぱり惹かれるものが少ないかなぁ。

その理由に関しては以前よく書いていた通り、和尚の曲の代替品みたいな機能的なアシッド・ミニマルがあまりにも増えすぎたというのが理由なんだけど、それは今聴いても変わらなくて、確かに上手いなぁとは思うものの、それ以上に感じ入るものが少ない。

私と m_nus との縁はまた更に遠くなりそうだ。

Expansion / Contraction - Various Artists
“V.A. / Expansion Contraction (m_nus) mp3” の続きを読む

V.A. / VOICES FROM THE UNDERGROUND VOLUME SEVEN

V.A. / VOICES FROM THE UNDERGROUND VOLUME SEVEN
http://www.vftu-magazine.com/

「VOICES FROM THE UNDERGROUND」っていうメタル系のサイトで落とせるフリーのコンピ。

このコンピが一体どういったコンセプトの元編纂されたものなのかは分からないのだけれど、とりあえず今作のために新曲レコーディングしたとかいう類のものではないらしく、音質は曲によってかなりバラバラ。

しかし内容は基本的に2ビートで突っ走るデス・メタル中心ながら、演奏者の黒い内面がドロリと溶け出すようなものではなく、ひたすらテクニカルに攻める感じなので、基本的にどれも聴きやすい。

まぁその分どのバンドも同じようなのばかりというのは否めないんだけど、強いて書くと複雑な曲展開で聴かせる The Way of Purity と、この中で唯一正統派のメロディック・スピード・メタルの曲で逆に異彩を放っている Grand Master が好きかしら。

ダウンロード

V.A. / Jus Like Music & Apple Juice Break present: Oscillations Part 1&2 (Jus Like Music) mp3

V.A. / Jus Like Music & Apple Juice Break present: Oscillations Part 1V.A. / Jus Like Music & Apple Juice Break present: Oscillations Part 2
http://www.juslikemusic.com/

ロンドンのネット・レーベル Jus Like Music のコンピレーション2つ。

ジャケットの方からしてずいぶんとカラフルだが、内容のほうも負けず劣らず広義の意味でのブレイクビーツを軸に、様々なスタイルの曲が収録されていて非常に多彩。
しかしそれだけ多彩であるにもかかわらず、観念的な小難しい方向に行ったものがなく、またほとんどの曲が2、3分台で終わるためとても聴きやすい。

普段この手のインスト聴かない人の入り口としてはいいんじゃないかしら。

<a href="http://juslikemusicrecords.bandcamp.com/album/jus-like-music-apple-juice-break-present-oscillations-part-1">Block by Jus Like Music Records</a>

<a href="http://juslikemusicrecords.bandcamp.com/album/jus-like-music-apple-juice-break-present-oscillations-part-2">Roll Upon You Like XLII by Jus Like Music Records</a>