luke abbott / tuesday ep (border community) 12″

tuesday ep
http://www.bordercommunity.com/

一時期の注目度の高さからいうと、すっかり影の薄くなった印象の border community ですが、その原因の一つがタレント不足にあるのではないかという気がします。一応定期的に新人を発掘してリリースはしているものの、そのどれもが単発、もしくは他のレーベルからのリリースで成長も見られないし、かといって、それ一発でものすごいインパクトを残すものもないし。

そしてこの luke abbott も、以前 Output 等からリリースはあるものの、作品数はまだそれ程ない御方。しかしこの作品は、いかにも border community といった感じのシューゲイザーっぽいプログレッシブ・ミニマルで、正直インパクトは薄い。しかし、同時に牧歌的な雰囲気が強く、それはこのレーベルでは珍しい個性だけに、成長次第で面白い存在になる気はするんですが、果たしてborder community がちゃんと面倒見てくれるのかどうか・・・。

Luke Abbott - Tuesday EP
amazon.co.jp

fairmont / flight of the albatross (border community)12″

flight of the albatross
http://www.bordercommunity.com/

また border community で、最近出たアルバムからのシングルカット。
いかにもこのレーベルらしい覚醒的なミニマルなんだけど、うるさくなりそうなぎりぎりまで、たくさんの音色を使った上モノは普段のこのレーベルのものと比べてもよりサイケデリック。一方でどっしりとしながらも淡々と刻むリズムも新鮮で、このレーベルの中でもかなり好きな曲かも。残りのリミックスも三者三様ながらもいい仕事していて、総体的な作品として、バランスのいい良作ではないかと。

試聴
amazon.co.jp

ricardo tobar / el sunset (border community)12″

el sunset
http://www.bordercommunity.com/

border community から、 james holden が南米ツアーのときに見つけてきたというチリの新人さん。チリ出身で名前が ricardo というと、思わず Ricardo Villalobos が浮かんでしまいますが、音の方は特にパーカッシブということもなく、まぁ border community 。でも他の人よりもシューゲイザーっぽいくらいで、どうも個性がイマイチ足らないかしら。それにここまでノイズ成分強くしちゃうと、個人的な好みからも外れちゃうのよね。
まぁまだ1枚目なんで、これから化けるの期待しておきます。

試聴
amazon.co.jp

border community

http://www.bordercommunity.com/

01BC
holden / a break in the clouds
05BC
petter / six songs ep
07BC
dextro / do you need help
08BC
extrawelt / soopertrack/zufuss
09BC
faiemont / gazebo/gazelle
10BC
nathan fake / drowning in a sea of remixes
11BC
lazy fat people / big city/dark water
12BC
petter / some polyphony
14BC
holden / idiots are winning
15BC
misstress barbara / barcelona
16BC
avus / furryhat/spnkr
17BC
nathan fake / you are here

nathan fake / you are here (border community)12″

you are here
http://www.bordercommunity.com/

田中フミヤのDVD、珍しく amazon で注文したんだけど、入荷が遅れているとかで下手したら10月中旬になるんだって。がっくり。っていうかなんで日本のレーベルから出てるのが、そんなに入荷に時間かかるんだよ。しかもこっちは9月頭には予約してたっていうのに。ぷんぷん。

結局 nathan fake のアルバム『drowning in a sea of love』は買い逃したまんまなんですが、なぜか今頃そのアルバムからのシングル・カット。
表題曲は3拍子のリズムが印象的なダウンテンポのエレクトロニカでなかなかに美しい。しかし気になってしまうのは同曲の “live remix” で、どうしても『Dinamo』みたいなのを期待してしまうわけですが、やっぱりそんな事はいですね。でも原曲のメランコリックなメロディを生かしつつ、エレクトロ・ハウスにしたようなこのリミックスもいい出来。っていうかダンサブルなのに、原曲よりもさらに物憂げな雰囲気を強めているのが流石です。
残りの four tet のりミックスと “stops (live remix” はほっこりエレクトロニカで、可愛いながらもうっすらと漂うグルーヴが心地よい。

Nathan Fake - You Are Here - EP