Frankie Fultz / Trinity

Frankie Fultz / Trinity
http://www.ffultz.com/

デトロイトのプロデューサー Frankie Fultz (UR のメンバーだそう)が2012年1月に発表したフリーのアルバム。

UR のメンバーっていうことでデトロイト的なメロディの作品を期待していたんだけど、今作はシンセ主体のサウンドにフィールド・レコーディングや生楽器を加えたノンビートの作品。
でもアンビエントの浮遊感もなく、どちらかといえばクラシックの小品といった趣の曲も多く、ちょっととりとめがなさ過ぎて曲が右から左に流れてしまう。

まぁメロディ自体は悪くないとおもうんだけど、それでも BGM 向けかなぁ・・・。

“Frankie Fultz / Trinity”の続きを読む

Anthony Rother / “When The Sun Goes Down” Underground Resistance Remixes (DATAPUNK) mp3

Anthony Rother /
http://www.datapunk.de/

Anthony Rother といえば、最近は COCOON の首領である Sven Väth と一緒によく名前を目にするお人ですが、彼自身も10年以上エレクトロを中心に活動しているアーティストで、今作は彼の作品をデトロイトの UR がリミックスしたもの。

Anthony Rither と UR のつながりが一体どういうものなのか分からないけれど、今作は UR のテクノ路線を支持している人間ならば快哉を叫びたくなるような、王道のデトロイト・テクノ。

まず2種類収められたうちの “Ain’t No Sunshine Remix” は、浮遊感のあるシンセで焦らしておいて、中盤から柔らかなキックが入ってくる美しいトラックで、わりとヨーロッパのデトロイト・フォロワーに近い感じ。

一方”Flash Light Remix” の方は、冒頭から鳴る扇情的なシンセとストリングス、そしてファンキーなリズムと、どこからどう聴いてUR としかいえないようなコズミック・ファンク。正直伝統芸能にも近い感じがなくもないんだけど、迷いなくこの音を鳴らされたら私は逆らえません。

これは現在製作中だという噂の Galaxy 2 Galaxy のアルバムも期待できるのではなかろうか。

Anthony Rother - When the Sun Goes Down (UR Remixes) - Single

COMMIX / CALL TO MIND (Metalheadz)CD

CALL TO MIND
http://www.metalheadz.co.uk/

Metalheadz といいますと、レーベル名どおり硬質でハードコアな印象がありますが、 Commix にとって初のアルバムとなる今作は、ちょっとカラーが違いますかね。ほとんどの曲がシャープなリズムとクリアな上モノの組み合わせで出来ていて、わりと Hospital とかのお洒落系な感じ(すいません、凄く偏った知識で書いてます)。でも全編ドンガラガッシャンいってた Rufige Kru のアルバムに比べると、こちらの方が曲単位では軽すぎて物足りない感じがするものの、要所要所でハードな面も見せるせいか、アルバム全体としては過不足なく聴ける。
あと、コレはさっき気が付いたんだけど、多分 Metalheadz から Goldie 以外がアルバム出すのって何気に初めてじゃないかしらね。それでけ期待株という事なんだろうけど、まずは納得のアルバムなんじゃないでしょうか。

試聴
amazon.co.jp

[DDV-002] Pacou – UR Mix

DDV-002.gif

Pacou によるUR音源を使ったミックスです。
Detroit 2 Detroit で紹介していたのをいただきました。

最近のURについて何か書くと文句しか出てこないんだけど、昔のURは今でも好きです。とかいいつつも、セットリスト見ても知ってる曲5曲しかないんでやんの。
まぁでもこのミックスはベタに盛り上がれていいのではないかと。

しかし私の一番好きな “Firekeeper” が入ってないのがなぁ。

Tracklist

01.Red Planet/Windwalker (Red Planet)
02.UR/Living 4 The Night (UR)
03.UR/The Theory (Mind Mix) (UR)
04.UR/First Galactic Baptist Church (UR)
05.The Vision/Gyroscopic (UR)
06.Galaxy 2 Galaxy/Timeline (UR)
07.The Deacon/Soulsaver (UR)
08.Scan 7/Password Soul (UR)
09.Davina/Don’t You Want It (Club) (UR)
10.Red Planet/Sunchaser (Red Planet)
11.Red Planet/Sex In Zero Gravity (Red Planet)
12.Red Planet/Star Dancer (Red Planet)
13.UR/Fuel 4 the fire (UR)
14.Suburban Knight/Infra Red Spectrum (UR)
15.UR/Particle Shower (UR)
16.UR/Rain Dance (The Wish) (UR)
17.UR/Seawolf (UR)
18.UR/Elemination (UR)
19.UR/Transition (UR)
20.Drexciya/Bubble Metropolis (UR)
21.Electric soul/X Squared (Electrofunk)
22.Electronic warfare/Logic Bomb (UR)
23.UR/Message to the Majors (UR)
24.Remote/The Swarm (UR)
25.Electronic warfare/The Illuminator (UR)
26.The Aztec Mystic/Jaguar (Mayday mix) (430 West)

UNDERGROUND RESISTANCE/INTERSTELLAR FUGITIVRS 2(UR)2CD

ugcd-ur2005.jpg
http://www.undergroundresistance.com/

結構買ってから日が経っているものの、この作品は自分の中でぜんぜん租借できないんですよね。その一番の理由はやはり34曲という曲数の多さだと思うんだけど、その壮大なコンセプトとも相まって、言語の違う我々日本人にはなかなか伝わりにくいのではないでしょうか。このアルバムについてのいろんな記事を読んだけれど、あんまり突っ込んだ内容のもの見たこと無いしね。
まぁだったら時間をかけて読み解けばいいのだろうけれど、今年に入ってもUR関連のリリースラッシュは続くようだから、多分このアルバムの存在感というのも薄れていく一方のように思えるし。

ならば自分が聴き込んで、濃い内容の文章をかければいいのだろうけれど、今の私にはそこまで彼らに対する情熱はないのであんまり聴いてないです。
ズルくてすいません。

とまぁ、どうもURについて書こうとするとつい文句をタラタラと書いてしまうのですが、このアルバム自体は案外好きです。

さすがにこれだけ曲数が多いので散漫さというものは避けられないのだけれど、最近の彼らには欠けているように思えた強靭なファンクネスがあるんですよね。だから曲調はそれなりに幅があるものの、そのファンクネスが一貫して感じられるので、曲数にめげずにその世界に入ってしまえばわりとすんなり聴き通せてしまいます。

でもこの音楽を指して、Underground な Resistance (抵抗)かといわれるとそうは思えないわけで、以前はあったはずの緊張感の感じられないこの音を聴くと、やはり複雑な思いを感じずにはいられません。
“UNDERGROUND RESISTANCE/INTERSTELLAR FUGITIVRS 2(UR)2CD”の続きを読む