Galaxy 2 Galaxy/a hitech jazz Compilation(Submerge)2CD

Galaxy 2 Galaxy.jpg
http://www.undergroundresistance.com/

で、御代マッド・マイクのアルバムです。御代のアルバムとしてはマーティアン名義でのレッド・プラネットのコンピ以来になるのかな?今度はギャラクシー・2・ギャラクシー名義の作品を集めたコンピということで、良くも悪くもマッド・マイクのロマンの結晶みたいなアルバムですね。
 
以前このアルバムにも収録されている”リターン・オブ・ザ・ドラゴンズ”はけっこうボロクソに書かせていただいたんだけど、このアルバムも微妙かなぁ。まだ全然ちゃんと聴けてないんだけど、ここに収められている曲たちは私にはロマンティックすぎるんだよね。マッド・マイクってデトロイトの厳しい現実というものを実際目にしている人物なようだけど、その現実と相対する、そして対抗していくような力強さがどうも希薄なんだよね。よくデトロイト・テクノを語る際に「宇宙」という言葉が出てきますが、しっかりと地に足をつけ宇宙を見上げるのではなく、この人は頭が宇宙に行ったまんま帰ってきてない感じがします。現実逃避、とまでは言わないけど私はちょっと距離を感じてしまいますね。まぁ、現実逃避も反抗の一手段、とか何とか言われたら何もいえませんが。
まぁ、曲が良いのは間違いないから嫌いではないんだけど、私はマーティアンでのコズミック・ファンクの方が断然好きですね。まぁ、思い入れの差でしょうか。そんな私は一番力強さを感じる”Transition”がベストかな(でもオリジナルより微妙に曲が短いのは何故なんでしょう)。でもこの曲だけちょっと毛色が違いますよね。

あと作品自体には関係ない話なんだけどこれって日本以外でもちゃんと出るんでしょうか?昨年Catalogから出た3作も輸入盤で見かけないし、今回リリースされたサブマージ関連も同様に見かけないし。なんか最近のUR関連って「日本向け」な感じがするのも好きじゃない理由の一つです。

OCTAVE ONE/THE THEORY OF EVERYTHING(Concept Music)CD

The Theory Of Everything.jpg
http://www.octaveone.com/
 
もう一個デトロイト。ここ数年のデトロイトの盛り上がりは凄いものがありますが、特に今年は凄い事になりそうですね。なんたってオクタヴ・ワンとマッド・マイクとホアン・アトキンスが同じ年にアルバム出しちゃうんですもんね。ケヴィン・サンダーソン御代も今年のムーヴメント主催という事で表舞台に出てくるし(ネタ元バードマンWEB)。この勢いでデリック・メイも新譜出したりしないかなぁ・・・。
 
でもこの人たちもデリック・メイと同じくらいアルバムリリースなど考えられなかった、のかどうなのかは知らないけれど、オクタヴ・ワンがデビュー15年にして出す初のオリジナル・アルバムがこれです。このアルバム・リリースにはやはり”Blackwater”のヒットが大きかったようだけど、あの路線を期待するとこのアルバムには面食らうんじゃないでしょうか。本人たちは下の弟の影響と語っていますが、ヒップ・ホップからの影響が多くみられるんですよね。かといってヒップ・ホップ一辺倒ではなく、従来通りのデトロイト・テクノあり、エレクトロやR&Bありとさながら現在のデトロイトの音楽見本市の様相を呈しています。でもどのスタイルでも付け焼刃ところはなくデトロイトらしい力強さとロマンティシズムが感じられます。特に大半の曲で聴かれるメランコリックな質感はたまらないものがあります。それに”Blackwater”に参加したアン・サンダーソンや、URのヒップ・ホップ・プロジェクトHipnotechの参加していた人がヴォーカル取っていたりと、歌ものが多いので皆聴きやすいのではないかと。こちらで全曲試聴できます。
 
ところでこのアルバムに収められた曲って”Blackwater”以外全部新曲なのかしら?誰か教えてください。