KAN/導~みちしるべ~(Libra)CD+DVD

kanface.gif
http://www.libra-ltd.net/

いつのまにやら日本のアンダーグラウンド・ヒップ・ホップの代表というような風格さえ漂わせているMSCからKANのソロ。
昔メタルばっか聴いてる頃ってヒップ・ホップって大嫌いだったんだけど、それがどのようなきっかけで今みたいに普通に聴くようになったのかは自分でも分からないんだけど、未だにギャングスタって苦手なんですよね。で、日本でギャングスタに近いのってMSCだと思うんだけど、やっぱりこの人たちも苦手なんですよね。サウンド自体は好みに近いので流し聴きしてる分には好きなんだけど、どうも歌詞がダメなんですよ。MSCって自分たちの日常をラップする人たちみたいなんだけど、その彼らの語る新宿の裏街道の物語に自分との接点を見つけらんないんですよね。
そしてこのKANのアルバムも基本は同じで、語られるのは「潜入!警視庁24時!」みたいな世界。身内ばかりとはいえ結構フィーチャリングが多いのでその分MSCよりは聴きやすいけど、それでもちょっとまだ苦手かなぁ。トラックの方は重く冷たい感じで統一されてるMSCに比べ、メロウな感じなども交えてヴァラエティに富んでいて面白いんだけど。なら音だけ追いかけてリリックは気にしなければいいという意見もあるかもしれないけど、そしたら日本語ラップなんて面白さ半減どころの話じゃないとと思うし。
やっぱり私は餓鬼レンジャー韻踏合組合のようにユーモアを交えている方が好みです。
あとジャケに関しては私は単純に面白かったけど、ヒップ・ホップに思い入れの強い人たちからは非難轟々みたいね。

100s/OZ(EMI)CD

B0006M197U.09.MZZZZZZZ
http://www.five-d.co.jp/nakamura/

彼に対して音楽界の救世主のように扱うのには未だに違和感を覚えるのだけれど、それでも中村君に関しては初期から好意的に聴いていたので期待していたのですが。一応ソロからバンド名義になってからの初作。なんだけど前作と面子変わってないんだから実質セカンドですね。
それでその前作も私には結構微妙な作品だったんだけど、今回もちょっと・・・、って感じですね。前作の『100s』って中村君が自身のバンドという仲間を得た喜びが前面に出ていたのが逆に裏目に出て、聴きたくもない恋人とののろけ話を聞かされているようなうざったさがあったんだけど、今作ではさすがにそのはしゃぎっぷりは影を潜めていますね。
それでねぇ、今回は逆に落ち着きすぎなんじゃないのかと思えるんですよ。そしてそれに伴ってなのかは分からないけど以前のようなドキドキ感がないんだよね、曲に。今までの中村君って、感性のおもむくままに創った音楽と生への喜びに満ちた歌が合わさって、こちらに何かを期待させるようなドキドキ感や心を軽くさせるワクワク感を与えてくれていたのが、今作ではそれがあまりないんですよ。そしてそのドキドキ感がなくなっちゃうと個人的には音楽性もさして面白いものとは思えないし、曲はさすがにいいんだけど、聴いていて自分との接点が見つからないのでひどく散漫に聴こえてしまいます。”Honeycom.Ware”からの後半はドキドキ感のある曲が何曲かあって好きなんだけど。
あとこの人って作品を重ねるごとに歌詞がつまらなくなっている気がするのは私だけでしょうか。

OZ
100s

東芝EMI 2005-01-13
売り上げランキング : 510
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

SALIF KEITA/REMIXES FROM MOFFOU(Universal)CD

B00015OS3E.01.LZZZZZZZ
http://salifkeita.artistes.universalmusic.fr/

アフリカ繋がりでもう一枚。ユッスー・ンドゥルと共にアフリカを代表するアーティスト、サリフ・ケイタのリミックス盤。
この手のワールド・ミュージックのリミックス盤って色々あるけど、私は普段ここら辺のはあんまり買わないんですよね。というのも参加している面子がいつもいっしょなので退屈に思えるからなのですが。そして今作にもフレデリック・ガリアーノやオスンラデといったいかにもな人たちが参加しているんだけど、何故かアークルチアーノも参加しているのよね(あと未聴ながら5枚組みのアナログにはキャバンヌも)。
内容的には皆さん基本的に4つ打ちのリミックスなんだけど、これは原曲のせいなのかポータブルとは逆に祝祭感に溢れてるんですよね。あとみんなサリフのヴォーカルをわりと残しているんで統一感あります。
しかしその中でも一等賞はやはりルチアーノでしょうか。強烈な4つ打ちに、チャカポコと鳴り絶妙なアクセントをつけるパーカッション。そして波のように寄せては返すアコースティック・ギターとまんまルチアーノ。あと一人物憂げなチャールズ・ウェブスターのリミックスもいい感じです。

しかしユッスー・ンドゥルといいサリフ・ケイタといい、結構な年のわりに妙に声が高いですよね。これってアフリカ特有のものなのかしら?

Remixes from Moffou
Salif Keita

Decca 2004-04-06
売り上げランキング : 219,947

Amazonで詳しく見る by G-Tools

PORTABLE/LIVE CDR

more things change.jpg speak of it,think of it.jpg live at yellow.jpg

ちょっと前にビビンバさんがポータブルのライヴCDRを紹介していたので、ポータブル好きの私としては負けられないと彼が今まで出したライブCDRをまとめてご紹介。
なぁんて書き始めたのはいいんだけど書くことあんまりないんだよね。今まで何度か書いてるけど、作品ごとに劇的な変化を遂げる人ではないので違いを指摘しづらいのよ。まぁ、こちらでも書いてあるようにルチアーノなんて何年もライヴ・セット同じだけどね。

上の2枚はポータブルのレーベル、SUDから出されたもの。左の『more things change』は多分アンディ・ヴァズの『LIVEINTOKYO』と同日のライヴを収録したもの。とにかくこの作品で印象的なのは耳に纏わりつくような土着的なパーカッション。しかし祝祭的な雰囲気など微塵もなくひたすら平熱のままダンス・ビートが刻まれます。
そして右のが以前紹介した『speak of it,think of it』。これを出した頃にはもう自身のアルバムを2枚もリリースしている頃なので多少起伏がありますね。しかしここでも印象に残るのは彼のパーカッション使いです。彼の場合パーカッションが非常に重層的で、まるでオーケストラのように聴こえる瞬間もしばしば。彼は南アフリカの出身なんだけど、やっぱりアフリカ音楽の影響なんでしょうか。私はアフリカ音楽ほとんど聴かないんで分かりませんが。
最後に下のが昨年末に紹介したアンディ・ヴァズのと同時にでたブツ。2004年の7月の音源なんだけど、その日のフライヤーをまんまジャケに使っているという手作り感覚溢れるものです。こちらは以前に比べウワもののメロディが多彩になったことで、より感情に訴えかけてくる感じです。中でも傑作『FLICKER EP』の曲が出色で、特に”30hz”をアレンジした3曲目なんてちょっと泣きそう。前2作の淡々とした感じも好きなんだけど私はこれが一番好きかな。

一応3枚ともCDRなんで価格も千円半ばと安いんだけど、最初の2枚は今では入手困難かと。『LIVE AT YELLOW』の方はこちらのほうでまだ買えます。

m-flo/『DOPAMINE』『let go』(AVEX)CDS

452.jpg 448.jpg
http://m-flo.com/

私は生粋のヒップ・ホップ・マニアじゃないんでキックリップをヒップ・ホップと呼ぶ事にためらいはないんだけど、SOUL’d OUTHOM EMADE 家族までいっちゃうと流石にヒップ・ホップとは呼びづらいものがあります。
そんな私でもDiggy-Mo’ってやっぱり気になる存在なんですよね。っていうか前から思ってたんだけど、この人って日本人なんですかね。相方のブラザー・ハイもそうだけど、顔立ちからして日本人離れしているというか、ラップのスタイルも今まであまり日本にはいなかったスタイルだと思うんですよね。これは声質に因る部分も大きいのだろうけどパーカッシブでありながら絶妙に転がる感じはとても個性的で、オリジナリティという点では降神の志人に並ぶ存在だと思うんだけど。

 
昨年紹介したアルバムは参加アーティストにイマイチ面白みが感じられなかったんだけど、その後に出たこの2枚のシングルでは新人をフック・アップする方向みたいね。
『DOPAMINE』に上記のDiggy-Mo’が参加してる他、それぞれにYOSHIKAとEMYLIという女性シンガーが参加してるんだけど、この2人がいかにもm-floが好きそうな感じなんですよね。2人共に透明感のある歌声のハイトーン・ヴォイスで、感情をあまり前面に出しすぎないでわりと匿名的なんですよね。そしてそれは『DOPAMINE』にライヴ音源が収録されているmelody.にもいえることで、正直誰がどの曲歌ってもそんなに差はないんじゃないかと思えるんですよね。でもその匿名性こそをm-floが望んだのかもとも思えて、じゃぁ例えば”let go”なんて宇多田ヒカル(声が似てる)みたいに感情的に歌ったら相当アツくるしい曲になりそうだし、”DOPAMINE”もDiggy-Mo’の個性が強いだけになんかとっ散らかった曲になりそうだし。まぁ、匿名的とは書いたけど二人とも個性がないわけではモチロンなくて、YOSHIKAのクールな佇まいは相当魅力的。
しかし何だかんだいって今回も主役はヴァーヴァルって感じですね。曲調はそれぞれ静と動の対極にある感じなんだけど、彼の勢いが全部持っていってる。今の彼の勢いが持続する限り、当分は誰がヴォーカルでも問題なさそうですね。

ってなんか今回文章にまとまりがないですね。すんまそ。

AM/PM / The Ends Ⅰ&Ⅱ(Dreck)CD

the ends.jpg
http://www.dreck-records.com/

SECONDOという名義でカット・アップ・ハウスもリリースしているというRadovan Scasasciaの変名。タイトル通り以前出た『THE Ends』というEPのⅠとⅡを纏めたもの。
基本的にはふかぁ~いアンビエントで、個人的にここら辺をあまり聴かない私はこれだけだと飽きてしまいそうなんだけど、このアルバムは間間にクリックっぽい曲があるので飽きません。といってももちろんフロア仕様ではなくリスニング向けですけど。
あとこんなタイトルなんで全体的に暗いんだけど、どことなくロマンティックな感じさえする美しさを湛えています。
以前紹介したANTIGUO AUTOMATEが気に入った人なら好きなのではないかと。

武藤正幸/いるはずのない場所へ(SYNTHERSE)

iruhazunonaibashohejacket1.jpg
http://www.synthese-records.com/

私の昨年のベスト・アルバム10選に選ばせていただいたデビュー作『僕とキミをつなぐ物語』に続くシングル。
この人に関しては「現代最高の詩人の一人」との賛辞も惜しまない私だけれども、今作はイマイチかな?
歌詞に関してはやはり青春の切なさを描かせたら右に出るものはいないと思わせる素晴らしいものなんだけど、曲がちょっとなぁ~。
個人的に前作の魅力って詩の素晴らしさはもちろんの事、昔の歌謡曲を思わせるチープなトラックの上で彼が甘酸っぱいリリックをラップするという音楽性にもあったわけで、それは相当新鮮だったんですよね。特にシングル・カットされた”僕のフローチャート”はここ数年の中でも最も好きな曲の一つで、iTunesの再生回数ダントツ1位だったりします。
そして、今作で一番目立つのはやはりヒップ・ホップからロックへ変化だと思います。まぁ、それ自体は前作から兆しが見えていたものだし、どうこう言うつもりはないんだけど、前作のチープながらもどうしようもなく魅力的だったトラックに比べると、今作はちょっと凡庸だなぁ。まぁ、この人はトラックも自前っぽいから演奏力のせいかもしれないけど。かといって腕利きばかり揃えても彼の世界観が壊れてしまいそうだし、そこらヘンは難しいと思うけど。
でもまだ試行錯誤の段階だと思うのでまだまだがんばって欲しいものです。
しかしこの人のジャケットはいつも美しいけど、この写真も彼の手によるものなのかしら?

あと今買うと未収録音源CDの『卒業』がもらえるラベルが付いてます。私はまだ応募してないけど。

いるはずのない場所へ
武藤正幸

インディペンデントレーベル 2004-12-16
売り上げランキング : 198,709

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Eivind Aarset/Connected(JAZZLAND)CD

connected.jpg
http://www.jazzlandrec.com/

昨年『ミュージック・マガジン』で紹介されているのを見てからずっと探していた1枚。
一頃と違ってジャズやジャズランドに対する興味もだいぶ薄れてきていたんだけど、この人だけはやはり外せないですね。まぁ、それだけ前作の『Light Extracts』が素晴らしかったという事なのだけれど、このアルバムはその前作さえも上回るんじゃないでしょうか。
基本的にはジャズとエレクトロニクスの融合という路線に変わりはないんだけどれども、いちいち「混ぜてみました」的な不自然さが微塵もなんですよね。
繊細なギター(説明し忘れたけどこの人ギタリストです)のサウンド・スケープが美しい1曲目にはじまり、シンク・タンクの『JAZZ NINO』
をヒップ・ホップに引き戻したかのような2曲目、疾走感のあるブレイク・ビーツの上をギターがうなる3曲目と、1曲として外れがない。
それにこの人の場合、ソロイストにありがちなプレイヤーとしてのエゴをあまり出さないで、あくまで楽曲の完成度のこだわっているのもまた素晴らしい。正直何曲かは彼のギターがなくても成立してしまうのではないかとさえ思えるんだけど、そんな曲でもさりげなくギターが自己主張していて、ちゃんとプレイヤーとクリエイターの部分のバランスが取れてるんですよね。そういった意味では私の大好きなスティーヴ・ヴァイに近い印象も。
あとこの人の場合、ジャズ・ギタリストにしてはギターの音が太いんですよね。個人的にジャズ・ギターのクリーン・トーンの「く~ん」って音が苦手なんで、そこら辺もポイント高いです。
なんか久々に絶賛しまくってるけど本当に素晴らしいアルバム。去年のうちに聴いていたらベスト・アルバム候補だったのではないかと。

Connected
Eivind Aarset

Universal IMS 2005-01-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

JOHN LEGEND/Get Lifted(COLUMBIA)CD

B0002X314C.01.LZZZZZZZ
http://www.johnlegend.com/

なんか発売前から「今年のベスト・アルバム」とか「カニエ・ウェストの秘蔵っ子」とか、はたまた「男版アリシア・キーズ」とか騒がれてる人の通算3枚目、メジャーでは初となるアルバム。まぁ、最初の二つの宣伝文句に関しては何ともいえないけど、「男版アリシア・キーズ」というのは、まぁその通りですね、というしかない感じ(アリシアって「ベベベベベイベェ~」しかマトモに聴いた事無いけど)。
一応音楽性としてはソウルとR&Bとヒップ・ホップの折衷的サウンドで、しかもピアノも嗜むという事でアリシアと比較されるんだろうけど、個人的にはそんなに持ち上げんでもって感じです。
っていうか私としてはこの人のどこを指して皆さんが絶賛するのか良く分からんのですよ。まぁ、確かに悪くはないんだけど、私としては全体的に堅い感じがしてどうしても入り込みにくいんですよ。それは音作りにも言えることだし、より強く思うのがヴォーカルで、このアルバムにも深く関わっているカニエ・ウェストの独特のゆるさに比べると、この人はどうしても力みすぎな感じがしてしまいます。
個人的にはピアノ弾き語りによる”Ordinary People”が一番自然で良いと思うのだけれど。

Get Lifted
John Legend

Sony Urban Music/Columbia 2004-12-28
売り上げランキング : 465
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

false/false(plus 8)CD

false.jpg
http://www.plus8.com/

Spectralからは本人名義とAudion。そしてPerlonからはJabberjawという名義で作品を発表しているMatthew Dearがリッチー和尚のPlus 8Minusからリリースする時の名義がfalseです。そしてこのアルバムはそのfalse名義でPlus 8で発表した3枚の12インチを纏めたもの。
正直他の名義との差異を指摘するのは難しいんだけど、大胆にポップさを打ち出している本人名義に比べると、こちらはやはりレーベル・カラーを意識してかモノクロームな印象を受けますね。とはいってもこの人が元来持つ人懐っこさというのは滲み出ているので、例えばプラスティック・マンなんかに比べるとはるかに聴きやすい。
あとわりと初期の作品というせいもあるんだろうけど、結構あからさまにアクフェンの影響が見えるのが面白い。

False
False

Plus 8 2003-04-08
売り上げランキング : 166,337
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools