RIP SLYME/EPOCH(WARNER)CD

RIP SLYME/EPOCH
http://www.ripslyme.com/

私は事情の方を詳しく知らないんだけど、 DJ FUMIYA が長期病欠してたそうで、彼が復帰してのメジャー5作目。

前作の『MASTERPIECE』(過去記事)は随分とレイドバックした内容だったので今作にはそれ程期待してなかったんだけど、1曲目の “EPOCH ~intro~” がベイル・ファンキを思わせるビートで超カッコいい!でも個人的にピークはそこだけで、以降は昔のはっちゃけた感じが少し頭を出すのに喜びを感じながらも、結局1曲目に匹敵する興奮というのは味わえなかったかなぁ。

基本的にこの人達の音楽って Basement Jaxx なんかに近い、簡単に書くと音楽的には凄いけど中身はカラッポ、ってなものだと思ってたんだけど、前作はそんな彼らが中身、というか意味を求めた作品なんだと思います。つまりは音楽的に決定的な変換があったわけで、その後にいくら音楽的に遊んでみたところで大人びた落ち着きのほうを強く感じてしまいます。

それでも “ラヴィ” なんかはかなり好きだけど、それはこの曲にくるりの好きな部分がよく出てるから、という理由だしなぁ~。
やっぱ私はもっとはじけた Rip Slyme が聴きたいです。

試聴
amazon で見る
“RIP SLYME/EPOCH(WARNER)CD” の続きを読む

BOB DYLAN/MODERN TIMES(COLUMBIA)CD

BOB DYLAN/MODERN TIMES
http://www.bobdylan.com/

この年末年始にかけて色んな音楽誌に年間ベスト的なものが載っていましたが、なかでも Bob Dylan のこのアルバムは評価高かったみたいですね。
そんでもって私は恥ずかしながら Bob Dylan のオリジナル・アルバム買ったのはこれが初めてだったのだけれど、確かにいいアルバムですね。

各音楽誌に書かれているような音楽的な部分は私にはよく分からなかったんだけど、スウィングするリズムのロックン・ロールをあのしゃがれ声で歌われるだけで、これがもうえらくカッコいい。そしてそのロックと交互に出てくる甘いバラッドも、空気を一変してしまうような雰囲気を持っていてこれまたイイ。
なんか歌詞の面ではけっこう暗い事が書いてあるようで、それが分かればまた味わいも違うのかもしれないけど、音だけでも十分長く聴き続けられそうな傑作ではないかと。

試聴
amazon で見る
“BOB DYLAN/MODERN TIMES(COLUMBIA)CD” の続きを読む