alka_rex/shapes to phases(SUPRALINEAR)2LP

alka_rex/shapes to phases

最近わりと有名どころが続いていたのでたまには地味なのを。
alka_rex といえば 2006 年に出た2枚のシングルが好事家の間で話題になった人でありますが、私はてっきり先に出た Musique Risquee からのシングルがデビュー作がだと思っていたんだけど、少し調べてみると何気にその前にアルバム出してたんですね。でもそのアルバムは流通の関係からか日本にはあまり入ってきてないようでして、どうしたものかと思っていたところに中古で見つけたのがコレ。ちなみにジャケ写はいいのがなかったので CD の使ってますが、私が買ったのはアナログです。
前述した2枚のシングルでは Akufen からの流れを感じさせるミニマル・ハウスだったんだけど、この『shapes to phases』は MILLE PLATEAUX 系列の Supralinear というレーベル(今は活動してないみたい)からのリリースだからなのか、わりと音響ミニマルといった感じの趣。つまりはそれこそ Akufen のヒット以前に Force inc が出していたようなスタイルなんだけど、それらに比べて alka_rex の場合ベースに動きを持たせることで静的過ぎるイメージをギリギリ回避してる。
とはいっても躍動感溢れる音でもないので、やっぱり家聴き用ですかね。

試聴
[Tracklist]

DABO / Baby Mario World

DABO/Baby Mario World
http://www.toshiba-emi.co.jp/capitol/dabo/

日本のヒップ・ホップって人並みには聴いてるつもりだったんだけど、恥ずかしながら Tokyo Shit については全くといっていいほど知らなかったんですが、その日本でヒップ・ホップを盛り上げていこうという動きの結実の一つが、この総勢32名が参加したアルバム。なんか色んなサイト見ているとけっこう微妙な評価みたいだけど、個人的には『PLATINUM TONGUE』以来好きなアルバムかも。
このアルバムはシーンを盛り上げていこうという性格から多数のゲストが迎えられているわけで、その為に統一感にかけるという意見もあるようだけど、私は逆にこれだけの幅のある楽曲にも、器用貧乏にならずに柔軟なスタイルで自分の色を出しつつラップをのせる Dabo を素直に、素直にすげぇなぁと思います。トラックも特に個性的といえるものは見当たらないんだけど、ここまで機能的なトラックを揃えたアルバムというのもココ日本ではあまりないものでしょう。
まぁゲストに関しては予想の範囲を超えるものだとか、 “Shall We Rock?” はブラックジョークとしても性質の悪いものだと思うとか(さらにロックの象徴ともいえるギターを壊しまくる PV に至っては・・・・)不満がないわけでもないんだけど、このアルバムのそもそもの性格を考えれば、それもあまり気にならない。
あとはこれを次にどう繋げるかですかね。

DABO - B.M.W. Vol. 1
@TOWER.JP で見る

[Tracklist]

THA BLUE HERB/PHASE 3(THA BLUE HERB)CD

THA BLUE HERB/PHASE 3
http://www.tbhr.co.jp/

とうとう始まる THA BLUE HERB の第3章の口火を切るシングル。
前作の『SELL OUR SOUL』からは5年ぶりとなるわけですが、その間サントラやコンピ、別ユニットでの活動があったので前作ほどの待望感というものはないものの、その分課外活動の影響が本隊にどう刻まれるのかが全く予想がつかなかったんだけど、正直『FRONT ACT CD』のような衝撃は無い。
ちょうど活動休止の直前に出たコンピ『ONLY FOR THE MIND STONE LONG』に収録された3曲は、O.N.O のテクノ志向が端的に表れた曲だったけど、今作の2曲も同様の方向性で素直に進化させた感じ。しかしその完成度は凄まじく、コズミックな感覚を漂わせながらもどっしりとしたトラックと、スタイルとしては比較的オーソドックスな BOSS のラップとの組み合わせは最高。正直前作では O.N.O の変則ビートは BOSS とのラップがイマイチ噛合ってない感じがして不満だったんだけど、今作でのヒップホップに軸足を置きながらもデトロイト・テクノの影響色濃いトラックというのは、世界的にみても例をみないものではないでしょうか。
しかし少なからず不満が無いわけでもない。
「オレたちのうみ出す闇はそんなに暗いか」とは “時代は変わる” の一節だけど、ここでは以前のような闇、言い換えれば、抜き身の刀のような有無を言わさぬ圧倒的な凄みがイマイチ感じられないのよね。それは『SELL OUR SOUL』以降徐々に薄れてきた部分ではあるし、逆に BLUE HERB にスピリチュアルな部分を求める人達には歓迎される変化なのかもしれない。でもその部分がなくなると、 BOSS の別ユニットでの活動との違いが殆どなくなってしまうように思える。
まぁそれを気にしなければ出来自体には何の不満のないシングルだし、この2曲に彼ららしい闇が加わったらと思うとアルバムが楽しみでしょうがない。

試聴
@TOWER.JP で見る

[Tracklist]

capsule / Sugarless GiRL

capsule/Sugarless GiRL
http://www.contemode.com/

どうもこの capsule というユニットについてはお洒落な感じが気にくわなくて意識的に避けていたところがあるんだけど、いやいや、実際に聴いてみればこれはかなり最高なんではないでしょうか。
まぁ何がいいかと問われれば、それは一言分かりやすい。1曲目のイントロに続いて鳴る “Starry Sky” の冒頭のギターリフ、そしてブリーピーな上モノに舞い上がるようなヴォーカル、さらに扇情的なシンセのメロディと、こんなにアンセムらしいアンセムって個人的には聴いたの久しぶりな気がする。いつもだったらこういうハード・ハウス系のドンシャリしたビートって好きじゃないんだけど、ここまでアッパーにやられると降参するしかない。以降もとんでもなくポップでありながら、きちんとビートの強度も持ったフィルター・ハウスが続いて、そのどれもが分かりやすいのが素晴らしい。
個人的にいい加減グニグニしてるだけのミニマルに飽きてきた部分があるので(それでも買うんだけど)、こういうのは大歓迎です。

capsule - Sugarless GiRL (with Bonus Track)
@TOWER.JP で見る

“capsule / Sugarless GiRL” の続きを読む

Fantastic Plastic Machine/FPMB

Fantastic Plastic Machine/FPMB
http://www.fpmnet.com/

Fantastic Plastic Machine の10周年を記念した2枚組ベスト盤である本作なわけですが、このアルバムを聴いて思ったんだけど、一体いつから Fantastic Plastic Machine ってこんなハウスど真ん中なアーティストになったんですかね。
一応 Fantastic Plastic Machine はデビューの時から聴いていて、そのデビューEPである『L’aventure Fantastique』はモロに小西康陽フォロアーという印象で、その後アルバム『Fantastic Plastic Machine』が、当時砂原良徳のユルユルなシングル群をリリースしていた bungalow records からライセンスされた事も手伝って、わりとラウンジ系みたいな感じでくくられる事が多かったように記憶しています。その後の変換というのは詳しく追っていたわけではないのでよく分からないけど、多分転換作になったのって『beautiful』辺りですよね。あのアルバムは比較的よく聴いたし、次の『too』も好きなアルバムです(『imaginations』は聴いてない)。
しかしこうも「私ハウスやってます」みたいな曲ばかり集められると、正直退屈。特に昼と夜に分けられたといううちの昼に当たる1枚目にその傾向が強くて、後半のボサノバとかかなりツライ。2枚目になると比較的ビートの立った曲が多く、かつある程度ヴァラエティに富んでいるし、各盤とも1曲づつ取り出せば曲自体はいいものが多いと思うんだけど、このアルバムはあまりにも同じ色で盤を統一しすぎ。だったらミックスとかした方がずっと良かったと思うんだけど。

試聴
amazon で見る
@TOWER.JP で見る

[Tracklist]

JEFF SAMUEL/STEP(TRAPEZ)2LP

JEFF SAMUEL/STEP
http://www.traumschallplatten.de/

以前もどこだかで書いた気がするんだけど、個人的に昔の Trapez って Jeff Samuel ばかりをリリースしているレーベルという印象が強くて、つまりはそれだけ Jeff Samuel が精力的に活動していたという事なのだろうけど、その頃からは少々様変わりしてしまった Trapez から彼がようやくアルバムを発表したというのはなかなかに感慨深い。
しかしこちらのそんな思い入れをサラリとかわすかのようにアルバム全編で鳴るのは軽快なテック・ハウス。一聴すると際立った個性というものは感じにくいものの、全ての音がシンプルながらも非常によく練られていて、一切のムダを感じさせない。それでいてビートはダンサブルに、メロディはイマジネイティブ鳴っていて驚くほど完成度が高い。さらにきちんと今時のプログレッシブ・ハウス的な流れも感じさせるようになっていて、ちょっと文句の付け所がない。何度でも聴いていたいと思わせる傑作。

Jeff Samuel - Step
amazon で見る

[Tracklist]

KLAXONS/Myths Of The Near Future

KLAXONS/Myths Of The Near Future
http://www.myspace.com/klaxons

確か Snoozer 誌でこのバンドの名前をはじめて知ったのが昨年末。その後気が付けばけっこうな話題のバンドになっているわけですが、率直な感想を書かせていただくと、いやぁ~、私には相当きついわ。
とりあえず気になる点は多々あれど、同じUKのダンス系バンドである Stone Roses や Primal Scream を思わせるヘナヘナとしたヴォーカルがまずダメ。元がメタラーなせいかこういうタイプのヴォーカルって何年経っても好きになれない。それさえ我慢すれば曲とかは特に悪いとかは思わないんだけど、どうも曲の中に沢山の要素を盛り込みすぎな気がして、しかもそれが曲の印象を上げることにつながっていなくて、正直私にはただ身の丈に合わない背伸びばかりを繰り返しているように思える。まぁ見方を変えれば無茶をし続けた結果数年後に大成長する可能性もあるのかもしれないけど、私はカッコよくなってからまた出会えればいいという感じです。

Klaxons - Myths of the Near Future
amazon で見る

[Tracklist]