ADAM BEYER & MATHEW JONSON / THE BIG DIPPER (wagon repair) 12″

ADAM BEYER & MATHEW JONSON / THE BIG DIPPER
http://www.wagonrepair.ca/

最近しっかりと音楽聴く時間が取れなくて、それがなかなかにストレスだったりするのでです、みなさんどうされてるんですかねぇ。そのくせ音盤は相変わらずのペースで買っちゃうから、当然のように聴いてない盤が溜まる一方だし。12インチなんかほとんど聴いてないもんなぁ。さらにアナログは基本PCに取り込んで聴くんだけど(いや、タンテでも聴くけどね)、その時間もないし。
昔に比べて特別仕事が忙しいとも思わないので、やっぱり時間の使い方が下手になったっていうことなのかしら(眠気に弱くなったのもある)。なんとかしないとね。はぁ。愚痴終わり。

っつうことで地味に続けている wagon repair 特集。37番は何がどうなってこうなったのか全く分かりませんが、御代 Adam Beyer と Mathew Jonson の共作。

最初この二人の名前を見たときは、ちょっと合わねぇんじゃねぇのかなぁ、とか思ったんですが、これがなかなかどうして、非常にいい結果を生んでいます。というのも、 Mathew Jonson って上モノに懲りすぎるせいなのか、どうもリズムが淡白になりすぎる場合が少なくないのですが、 Adam Beyer の効果なのか非常に躍動感のあるものになっていて(実際の作業分担は知りませんが)、 Mathew Jonson 関連のものでは珍しく直球のダンストラックに仕上がっていて、それでいて Mathew Jonson らしいサイケデリックな上モノの活きているんだから、もうこれは文句なしです。

しかし裏の “MARIONETTE” の Adam Beyer によるリミックスはまた別で、リズムが太くなったのは良いものの、コレでは上モノの繊細さが台無しな気がする。まぁこれは原曲に思い入れがある人間だから思うのかもしれませんが。

Mathew Jonson & Adam Beyer - Big Dipper - EP