坂本真綾 / 雨が降る (JVC) CD

坂本真綾 / 雨が降る (JVC)
http://www.jvcmusic.co.jp/maaya/

ヴォーカルにエフェクトかけてたり、女の子がダンス・ミュージックやっているというだけで、 Perfume を引き合いに出すのってどうなんだろうと思う今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか、 shooter です。
すいません、眠くてグダグダなんです。

アルバム『夕凪 LOOP』(過去記事)以降では、4枚目となるシングル。

前シングル『トライアングラー』(過去記事)が久しぶりに菅野よう子の手によるものだったので、次はどんな方向性でくるのだろうと思っていたら、今作はかの香織作曲のバラード。

美しいハープのイントロから始まり、サビで一気に音の厚みが増し盛り上がる曲は全然悪くないんだけど、特に特徴的な部分があるわけでもなく、端的にいえば面白味がない。

まぁ坂本真綾が、良くいえば普遍的なポップスへの道を進むであろう事は、『夕凪 LOOP』を聴いた時点で想像できたことではあったのだけれど、実際こうも面白味のない曲を差し出されると、『夕凪 LOOP』のさりげなさを支持した身としてはなんとも複雑な気分になる。