244 ENDLI-x / 『Kurikaesu 春』『I AND 愛』 (Johnny’s Entertainment)

244 ENDLI-x / 『Kurikaesu 春』 (Johnny's Entertainment)244 ENDLI-x / 『I AND 愛』 (Johnny's Entertainment)
http://tsuyoshi.in/

またジャニーズ。昨年4月に出た堂本剛の3番目の名義、 244 ENDLI-x の初アルバム(ソロ通算では5枚目)。
そもそもアイドルがグループ在籍中にソロ・アルバムを出す事自体珍しいと思うんだけど、毎回のように名義を変えて、今年には剛紫という名義でアルバム出したかと思ったら(買ったけどまだ聴いてない)、もうすでにその名義は終了っていうんだから、いったいこの人はなんなんでしょうね。まぁ毎回面白いからいいんだけど。

ということで、ミスチルの負の部分だけをすくい上げてしまったような堂本剛名義、なぜか急にファンクにはしったENDLICHERI☆ENDLICHERI 名義を経ての今作は、名義からも分かるように、この二つの要素の融合を図ったものだそう。

その結果、音楽的にはエレクトロ・ハウスや四つ打ち、ブラスの効いたファンクからバラードまで、それなりにバラエティに富んだ音楽性が封じ込められていはいるのだけれど、そんなことよりも今作で重要なのは、ほっとくとすぐ鬱々とした方向性に行きがちな剛くんが、久しぶりに上向きなポップスを多く歌っているということで、彼の作品の中でもここまで風通しのよい作品は今までなかったように思える。

それゆえに、新機軸の打ち込みの曲は非常に鮮烈に響くし、ファンク路線も今までにない躍動感を獲得している。そしてその上に乗る堂本剛のヴォーカルは、今更どうこう云うのが馬鹿らしくなるほど堂々とした歌唱力と表現力を聴かせてくれていて、アイドルであろうが変人であろうが、その才気には注視せざるを得ない。

完成度はもちろんなこと、ポップさという点においても、堂本剛の作品の中では最も取っ掛かりやすい作品なのではないかと。

あと “Let’s Get FUNKASY!!!” のファンキーに唸るギターはものすごく聴いたことがあるなぁと思っていたら、案の定マボロシの竹内朋康だった。すごい記名性だ。