OJIBAH / 海賊盤 (YUKICHI) CD

OJIBAH / 海賊盤 (YUKICHI)
http://www.sdp-228.com/

SDP 所属の OHIBAH の音源を DJ ISSO が繋いだミックスCD。

SD JUNKSTA っていいますと、シーン随一の技巧派ともいわれる NORIKIYO がいますが、他方では BRON-K 、 TKC 、 KYN 、 WAX と、どちらかというと個性で押していくタイプのMCが多いという印象があるのですが(別に技術がないという意味ではない)、この OJIBAH はスキル自体は特別秀でているとは思わないものの、フロウがなかなか多彩で、どんなタイプのトラックにも器用に合わせてくるし、しかも案外歌も悪くないので聴いてて飽きさせない。
中でも低い声でのラップが多い中、素っ頓狂な声での歌うようなフロウの “純血” は、この盤に先んじて収録されていた『LOST SHIT』(過去記事)でも目立っていたけど、今作でも異彩を放っていて面白い(”MEMORYZ” も収録したらよかったのに)。

まぁ今作の時点では、多彩なフロウも器用貧乏な印象を与えている感は無きにしも非ずなんだけど、今作の多くは過去の音源だし、 SD JUNKSTA のアルバム(過去記事)では技術的にもしっかりと成長したところをみせてくれていたので、今年中に出ると思われるアルバムは、結構期待できるのではないかしら。

[続きを読む]

AFEFE IKU / Artifacts Of Pottery Vessels (Yoruba) CD

AFEFE IKU / Artifacts Of Pottery Vessels (Yoruba)
http://www.yorubarecords.com/

せっかくの連休なんで(もう折り返しだけど)、紹介しそびれていたものをぽつぽつと(いつも中途半端に終わるけど)。

ということで、08年の WIRE で Villalobos が今作収録の “Mirror Dance” をかけたとかで、話題になった Afefe Iku のデビュー作。私は出たの08年だと思っていたんだけど、クレジット見ると07年みたいですね。

Yoruba といいますと OSUNLADE のレーベル、さらに本人はコンゴ出身、しかも Villalobos が好んでかけるといえば、当然のようにパーカッシブなハウスになっています。しかしリリース元が Yoruba だからなのか、テクノではなくあくまでハウスといいますか、音全体が非常に柔らかい。さらに同じアフリカ出身の portable に比べると、洗練の度合いが強く、そういったところも「ハウス」という印象を強めている。

私は元がメタラーなせいか、ハウスよりはやはり硬質なテクノの方が性に合うんだけど、本作のアフリカの大地を思わせる雄大さは、そんな私にも十分心地良い。アルバム全体でちゃんと流れがあるのも良かったです。

Afefe Iku - Artifacts of Pottery Vessels
[続きを読む]