山下智久 / SUPERGOOD, SUPERBAD (Johnny’s Entertainment) 2CD

山下智久
http://www.jehp.jp/

せっかくなんで紹介しそびれていた、山下くんが2011年に発表した初のソロ・アルバムを。

そもそもの話として、山下くんのもっさりとした声ってあまり歌には向いていないと思っている人間なので、彼の歌だけでCD2枚分というのは半ば拷問に近い、とかひどいことを聴く前は思っていたんですが、これがなかなかどうして、予想以上に楽しめる珍品になっております。

山下くんのソロの路線って、大別すると初期の歌謡路線と、最近の打ち込みダンス路線があるわけですが、歌謡路線の曲を集めたのが1枚目の「SUPERGOOD」。
こちらには “はだかんぼー” なんていうライト・ファンクのかっこいい曲が入ってたりもするんですが、基本的には古き良きジャニーズ歌謡、といった趣の曲がほとんど。
なので時代性には乏しい、っていうかぶっちゃけ古臭いんですが、最近のある程度歌える人が増えてきたジャニーズの歌手に比べると、明らかに歌唱力という点では劣る山下くんの歌がのると、さらに回顧的な色合いが強くなっていて、ここまで徹底していると逆に面白い。
特に「ザ・ベストテン」で歌っている姿が容易に想像できる “口づけでアディオス” とか最高です。

一方のダンス路線を集めた「SUPERBAD」は、洋楽感覚で聴ける、とまではいかないものの、こちらは逆に時代に目配せした内容になっていて、どのトラックもなかなかに完成度が高い。
中でもオープニングらしい荘厳なシンセが鳴る “Tokyo Sinfonietta” や、力の抜けたヴォーカルがいい味を出しているディスコ・ファンクな “Yours Baby” (山下くんは意外にファンク合うのかもしれないねぇ)、トランスっぽいアレンジで思いっきりポップなメロディを聴かせる “Touch You” など、聴き応えのある曲も多い。

まぁそれでも歌手としての山下くんが好きになったかというと、お世辞にもそんなことは書けないのだが(すいません)、ある意味ジャニーズの過去と未来を内包した興味深い作品ではないかと。

photo

SUPERGOOD,SUPERBAD
山下智久 修二と彰 DJ DASK
ジャニーズ・エンタテイメント 2011-01-26
曲名リスト
  1. 抱いてセニョリータ
  2. はだかんぼー (Album ver.)
  3. 月と太陽のラプソディ
  4. Crazy You
  5. サンタマリア
  6. 溺愛ROBOT
  7. 罪と罰
  8. 口づけでアディオス
  9. 青春アミーゴ
  10. 最後のラブ・ソング
  11. 青 (Bonus Track)
  1. Theme of “SUPERBAD”
  2. Tokyo Sinfonietta
  3. PARTY DON’T STOP (feat.DJ DASK)
  4. One in a million
  5. Yours Baby
  6. ONE GIRL
  7. Loveless
  8. ごめんね
  9. Blood Diamond
  10. Sleepwalking
  11. Touch You (Bonus Track)
  12. TOMO (Bonus Track)
  13. Friday Night (Bonus Track)
  14. MOLA (R-midwest REMIX) (Bonus Track)

by G-Tools , 2012/04/24

今作は1枚目の「SUPERGOOD」が歌謡路線、2枚目の「SUPERBAD」がダンス路線とカラーが分けられていて、

[`friendfeed` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)