TADEO / The Close Encounter (Micropunto Schallplatten) mp3

TADEO / The Close Encounter (Micropunto Schalplatten)
http://www.micropunto.net/

なんかあまり書く事がなくなってきましたが、ダメ押しで NX1 (がリミックスで参加した Tadeo のシングル)。

元々 Tadeo って Alex Under なんかと一緒に出てきたスペインの人なんですが、どうもその当時から私にはピンとこない人で、それは今作でも一緒。
Jeff Mills に近いスペイシーなテクノは悪くはないんだけど、特に印象に残る事もなく、なんともかんともという感じ。

んで、肝心の NX1 のリミックスなんですが、彼の作品の中でもハードな部類に入るであろう、重量級のキックとハットでひたすら押し切る直球のハード・ミニマル。原曲にある空間的なシンセも時折飛び出すものの、基本的にはリズム中心のものになっていて、そのハード・ミニマルぶりに、今はいったい何年だ、と思わなくもないんですが、かっこいいのだから関係ない。

NX1 はこれ以降、自身のレーベルから『NX1 03』を出していて、まもなく『4』も出るみたいなんだけど、私はまだ両方とも聴けてないです。

The Close Encounter - EP - Tadeo

NX1 / SR (SEMANTICA) mp3

NX1 / SR (SEMANTICA)
http://www.semanticarecords.com/

NX1 の3枚目は自身のレーベルからではなく、スペインのレーベル Semantica から。

この Semantica というレーベルもハードなものが多いレーベルみたいなんだけど、だからなのか今作は Surgeon なんかを思わせる変則的なリズムのハード・ミニマル。
ただベースのないキック中心のリズムながら、そのキックが縦ノリだけではなく横ノリのグルーヴも同時に作り出していて、そこら辺はちゃんとミニマル以降な感じ。

あと重たいリズムのみで押し切る前半から、物憂げな上モノが入ってくる後半の展開とかけっこうベタなんだけど(あとハイハットの連打とか)、なんだかんだで盛り上がるし、こういうの聴くとテクノっていいなぁと改めて思います。

“NX1 / SR (SEMANTICA) mp3” の続きを読む