AKB48 / ここにいたこと (KING) CD

AKB48 / ここにいたこと (KING)
http://www.akb48.co.jp/

旬が大事なアイドルの、しかもセカンド・アルバムが出てからもけっこう時間経ってる今頃、昨年のアルバムについて書いてどうするの、って感じなんで毎度の事ながら端折らせてもらうんですが。

つうことで、2011年に AKB48 が出したオリジナルとしては初となるアルバム。

この人たちって2010年に爆発的に売れて以降、多少の売り上げの浮き沈みや様々な話題があったものの、大きく見れば基本的には現状維持というか、すごく高いレベルでの停滞期がずっと続いてると思うんですよね(特に音楽的には)。

そんな中発表された今作は、彼女たちを鼓舞するような “少女たちよ” ではじまり、タイトルまんまの卒業ソングの “ここにいたこと” で終わる構成になっている。それはよく書けば物語性あふれる、という事になるんだけど、本音で書けば色々なものがこの作品の中で物語が完結しすぎていて、ファースト・アルバムなのに彼女たちのこの先が全く見えない、つまりは今後の期待感というものが湧かなくて、そこに寂しさと退屈さを感じてしまう。

曲単位でいえば、シングルを好きな人なら十分楽しめる出来になっているし、力抜いた曲調の “風の行方” と “人魚のバカンス” みたいな曲が意外によかったりと、けっこう好きなだけにもったいない。

ここにいたこと - AKB48

“AKB48 / ここにいたこと (KING) CD” の続きを読む