Ext / One of the Moments LP (STYLSS) File

Ext / One of the Moments LP (STYLSS)
http://www.stylss.com/

ウクライナのプロデューサー Ext こと Sergey Mogilevsky が2015年1月に発表した、多分初のアルバム。

STYLSS は様々なエレクトリック・ミュージックをリリースしているレーベルなんですが、今作は Burial 以降よく聴くようになった、2ステップっぽいダブステップ。それ以外にも声ネタの使い方含め、かなり Burial っぽいんだけど、ただ本家のように悲しみ渦巻くような感じはないので、すっきりとしており聴きやすく、またヴォイス・サンプルが発する悲哀に共振するかのように振動するベースが印象的な “Causing Passion” 、軽快なリズムが良いアクセントになっている “Dark Moon” 、ストリングスやノイズに溶け込むようなベースと悲しげな上モノの対比が鮮やかな “Metro” など印象的な曲も多く、完成度も高い。

なのでbandcamp のページに「これは私が聴きたかった Burial のレコードだ」という声が載っているのも納得というか、実験を繰り返し良くも悪くも唯一無二の存在になった今の Burial よりも、『UNTRUE』(関連記事)の頃の方が好きという人には、かなり満足度の高い作品ではないかと。

“Ext / One of the Moments LP (STYLSS) File”の続きを読む

E-girls / COLORFUL POP (rhythm zone) CD

E-girls / COLORFUL POP (rhythm zone)
http://e-girls-ldh.jp/

2014年に聴いた盤を雑に紹介していく5。

2014年3月に発表された E-girls の2枚目のアルバム。

彼女たちの兄貴分とされている EXILE に関しては何だかんだで好きだし、一時期 CM 等でよく流れていた “ごめんなさいのKissing You” が聴き馴染みがよかったり、さらにはたまたま乗ったタクシーの運転手さんに熱く語られたりしたので(深夜の2時に・・・)、いい機会だったので聴いてみたんですが、これはイマイチでしたね。

そもそも期待してた “ごめんなさいのKissing You” がヴァースからサビへの展開が強引過ぎて興ざめなんですが、他の曲に関しても、 EXILE のように海外のトレンドも多少意識してるとかもなく、ありきたりな avex 流ポップが並ぶだけなので、街中で耳にするとかならともかく、わざわざ能動的に聴くものではないかな。

とりあえず彼女たちに関しては、私は今作でおなか一杯。

“E-girls / COLORFUL POP (rhythm zone) CD”の続きを読む

DROPXLIFE, deeB, SolomonDaGod, Endlichkeit, M


DROPXLIFE / PROLOGUE
The Weeknd 周辺のプロデューサー、 Dropxlife が12月に発表したミックステープ。ビートがいつもより重めながら、全体としては地味め。
ダウンロード


deeB / WNDW
オランダのプロデューサーがロンドンのレーベル Martian Bass Records から出したビートテープ。この手のジャジーなインスト・ヒップホップって好きでよく落とすんだけど、心地いい反面、特徴ないことが多いのよね。これもそんな感じ。


SolomonDaGod / but ur not god
フロリダのラッパーのミックステープ。悪くはないんだが、もうちょいっとグルーヴが欲しい。
ダウンロード先は消されちゃったみたい。


Endlichkeit / Endlichkeit VI–VIII
アメリカのブラック・メタル・バンドのデモ音源。トレモロ弾くノイズギターとドラム以外ほとんど聴こえない感じなんだけど、まぁ好きなので。

M / twilight EP
M / twilight EP
山口の女性ラッパーの EP 。声質含め、わりとよくある感じのメロディアスなラップながら、変な力みがなくて心地よい。
ダウンロード(なんか危険サイト報告されたみたいで見られないね・・・)

EXILE / EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~ (rhythm zone) CD

EXILE / EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~ (rhythm zone)
http://exile.jp/

リーダーの HIRO が年内でパフォーマーを引退する事で話題になった EXILE が2013年4月に発表した41枚目のシングル。
なんでももうすぐ始まる5大ドームツアーのテーマソングなんだそうですが、そのツアーチケットにこの CD が付いているおかげで、自身のシングルの初動売上の最高記録更新になる56万枚以上を売ったんだそうで。別にチケットに CD を付けるという商法自体を批判する気は全然ないんだけど、オリコン・チャートの形骸化を端的に表した話題のひとつだとは思うんですが、どうなんですかね。

んで、じゃぁ楽曲の方も EXILE の最高傑作を更新するような内容なのかというと、まぁそんな事はなく、いかにも EXILE といった感じのダンス・ナンバー。
ただ今作は冒頭の軽快なシンセを筆頭に、全体の音作りが若干薄め。それが新鮮さをもたらしている部分があるものの、一方でいつもは重厚なトラックの影に隠れてそれほど気にならなかった ATSUSHI と TAKAHIRO のヴォーカルの線の細さが露になっているので、高揚感よりも寂しさの方を強く感じてしまうという、なんとも微妙な出来。

せっかくでかい話題をぶち上げたんだから、曲の方もそれに見合った力作を期待したいんだけどねぇ・・・。

“EXILE / EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~ (rhythm zone) CD”の続きを読む

Elijah Blake / Bijoux 22 (Self Released) mp3

Elijah Blake / Bijoux 22
http://www.elijahblake.com/

ドミニカ出身のシンガー Elijah Blake が2012年12月に発表したミックステープ。
私はこの人の名前を今作ではじめて知ったんだけど、以前は Redd Stylez という名義で活動していて、なんと Usher “Climax” のソングライターなんだそう。

っつうことで今作も当然のように甘々な R&B 。メロディはよく書けてるし、ファルセットを多用したヴォーカルも伸びやかで気持ちよく聴ける。ただトラックの方が今どきのアンビエントっぽい感じとも、オーソドックスな R&B ともつかない感じで、よく云えば聴きやすいんだけど、ちょっと中途半端で没個性な感が否めない。
結局生の質感の強いトラックの上でスッキリとしたメロディを歌い上げる “X.O.X.” (Common が参加してる)が一番よかった。