m-flo / ASTROMANTIC (AVEX) CCCD

astromantic
http://m-flo.com/

最初は彼らが今回やっている全曲違うアーティストとコラボレーションするのってずいぶん新鮮に思えたけど、よく考えたらヒップ・ホップのDJのアルバムだと普通にやってる事なんですよね。まぁだからというわけではないんだけど、このアルバムは何度聴いてもイマイチパッとしないというか。やっぱり期待値が高すぎたんでしょうか。ただでさえ彼らには期待してしまうのに。先行シングルの何れもが「ポップスの錬金術師」と呼びたくなるほど素晴らしいものだったので、どうしても減点法でみてしまいます。
で、その減点対象なのですが、コラボレーション相手が今一つ面白くないというか、結構予想範囲内の人が多いんですよね。人選的にも内容的にも。教授にサウンド作りだけじゃなくラップもやらせたり、横山剣と野宮真貴を共演させるという反則技みたいなの以外は、わりとエム・フロウ側に取り込まれちゃってる感じだし。それにどの曲もシングルとあまり印象が変わらないというか、ちょっとポップ過ぎやしないでしょうか。前作の「ディスパッチ」みたいな濃い曲が何曲か入っていればまた随分と印象違ったと思うのだけれど。それに冒頭で書いたDJ達がやるようなフック・アップとかもないんだよね。まぁこれだけ売れてると色々なしがらみも多いのだろうけれど。
でも1作目、2作目、そして今作とヴァーバルの成長には目を見張るものがありますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)