ZEEBRA / World Of Music

Top Of The World
http://www.zeebra.jp/

DABO の『BMW』(過去記事)ってアルバム単体では好きなんだけど、 DABO のいう「パイをでかくする」という意味では何も意味をなしていないとも思っていて、簡単にいえばヒップ・ホップの凄い人集めたところで、普段ヒップ・ホップ聴かない人にはアピールするものがないのではないかと。しかしそのなかでも ZEEBRA との “World Is Yours” での若者に語りかけるようなラップには、前の曲の ZEEBRA と DABO でラップを始めたという晋平太からの流れもあって、ただのオレ自慢にはない説得力を感じました。
そして以前の晋平太がそうであったように、これからラップを始めようという若者が憧れを抱くなら、例えば MSC のような荒廃した世界観のグループよりは、 ZEEBRA のようなゴージャスな世界観にあこがれる方が健全なのかなとも思えて、ならば彼には期待したいところがまだまだあるし、前作にギラツキを足したような本作は、シーンの流れにも対応したいいアルバムなのかなと思う。
しかし個人的には、ここまで水っぽいと積極的に聴く気になれないというのが正直なところ。だったら ZEEBRA だっていい加減いい年なんだし、父親でもあるわけだから、赤ちゃんポストを題材にした “Everybody Needs Love” や、博愛主義ぽっい “My People” みたいな曲だけで1枚作るのも良いと思うんですけどね。いつまでもオレ自慢してるのもどうかと思うし。まぁ “Everybody Needs Love” が良いかっていうと微妙なんだけど(特に赤ちゃんポストを「不法投棄」というのにはかなり抵抗感がある)、それでも彼の方向性としては突拍子のないものではないと思うし、彼が年齢を重ねることとラップの折り合いをどう付けるのか、そこら辺の答えを是非見せてもらいたい。

ZEEBRA - World of Music
amazon.co.jp

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / SPECIAL FORCE (acehigh)CD

SPECIAL FORCE
http://www.acehigh.co.jp/

最近私が Nitro について書くときって、よく「機能的」って言葉を使ってるんですが、そのきっかけになったのって今までろくすっぽ聴いてなかった『UPRISING』を久しぶりに聴いたときでありまして、あれの最後に入ってるシークレット・トラックって2枚目のタイトル曲のインストなんですね。今まで気づかなかったのは何なんだけど、そのインストのかっこよさに2枚目を聴き返して以来、彼らの持つ機能性というものを意識するようになりました。まぁ私は元々1枚目にしても、クラシックの誉れ高い1曲目とか良いと思ったことが実は1度もなく、 “ASAMA131” みたいなブレイク・ビーツが走る感じの曲が好きだったので、トラック的なものを求めてる部分が強かったのかもしれないけど。

そしてそういった意味からいうと、この3枚目はやはり物足りないかな。っていうかこのアルバムはどういう見方をしたとしても物足りないというか、彼らにしては随分「弱い」アルバムなんじゃないですかね。何度か聴けばそれほど悪い作品ではないと思うんだけど、どうも良い点が見つけられなくて、かといってどこか強烈な問題点があるわけでもなく、やはり「悪くない」の一言に収まってしまうといいますか。
その理由として思うのは、各曲のクオリティとは別のところで気になるところが多くて、まず8人全員揃う曲が2、3曲というのはいつも通りなんだけど、それ以外のバランスが今回おかしくないですか。端的にいうと DABO が頑張りすぎ。終盤の数曲を除けば頭から出ずっぱりだし、しかもそのほとんどでフックも歌ってるから、全然 NITORO 聴いてる気がしないんだよね。しかも他の MC の参加も偏ってるように思えて、気が付けば DABO と DELI と BIG-Z の声だけがやたらと頭に残る。それで3人とも絶好調ならまだいいんだけど、まぁ DABO はいいですよ、相変わらず上手いと思うし。でも DELI の演技過剰ともいえる今のスタイルは、『BMW』で1曲聴いたときは面白いと思ったけど、さすがにアルバム全部でやられると、くどいしうざい。さらに BIG-Z にいたっては、何故こんなダラダラとしたフロウでオレ自慢を聴かされなきゃならんのか。それにトラックの方も、今回は一つのカラーで統一するよりはバラエティを優先したように思うけど、だったら MC ももっとバラけさせて、色んな組み合わせを試すべきだったんじゃないかしら。
これで全体をしめるようなインパクトのある曲が要所要所にあれば、また印象も違ったのかもしれないけど、結局先行シングルだったタイトル曲を超える曲ないしなぁ。なんかグループ内での温度差を感じる作品ですな。

試聴
amazon.co.jp
@TOWER.JP