ZEEBRA / World Of Music

Top Of The World
http://www.zeebra.jp/

DABO の『BMW』(過去記事)ってアルバム単体では好きなんだけど、 DABO のいう「パイをでかくする」という意味では何も意味をなしていないとも思っていて、簡単にいえばヒップ・ホップの凄い人集めたところで、普段ヒップ・ホップ聴かない人にはアピールするものがないのではないかと。しかしそのなかでも ZEEBRA との “World Is Yours” での若者に語りかけるようなラップには、前の曲の ZEEBRA と DABO でラップを始めたという晋平太からの流れもあって、ただのオレ自慢にはない説得力を感じました。
そして以前の晋平太がそうであったように、これからラップを始めようという若者が憧れを抱くなら、例えば MSC のような荒廃した世界観のグループよりは、 ZEEBRA のようなゴージャスな世界観にあこがれる方が健全なのかなとも思えて、ならば彼には期待したいところがまだまだあるし、前作にギラツキを足したような本作は、シーンの流れにも対応したいいアルバムなのかなと思う。
しかし個人的には、ここまで水っぽいと積極的に聴く気になれないというのが正直なところ。だったら ZEEBRA だっていい加減いい年なんだし、父親でもあるわけだから、赤ちゃんポストを題材にした “Everybody Needs Love” や、博愛主義ぽっい “My People” みたいな曲だけで1枚作るのも良いと思うんですけどね。いつまでもオレ自慢してるのもどうかと思うし。まぁ “Everybody Needs Love” が良いかっていうと微妙なんだけど(特に赤ちゃんポストを「不法投棄」というのにはかなり抵抗感がある)、それでも彼の方向性としては突拍子のないものではないと思うし、彼が年齢を重ねることとラップの折り合いをどう付けるのか、そこら辺の答えを是非見せてもらいたい。

ZEEBRA - World of Music
amazon.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)