ZUM GOLDENEN SCHWARM / DIE WOLKE (Giegling) 12″

ZUM GOLDENEN SCHWARM / DIE WOLKE (Giegling)
http://giegling.net/

2012年を振り返ろうにも聴けてない盤が多すぎて、どうしたものかと途方にくれているこの頃です。

ベルリンのレーベルから2012年に発売された ZUM GOLDENEN SCHWARM のシングル。
そもそも Giegling というレーベル自体、名前以外の情報はそれほど知らないんだけど、この ZUM GOLDENEN SCHWARM というアーティストも名前以外の情報は一切謎なお方。さらにジャケットもなくラベルにスタンプ押しただけという盤面を見れば、アンダーグラウンドな匂いがぷんぷんですが、音の方も負けず劣らずアンダーグラウンド色が濃い。

ポツポツとなるキックに徐々に重苦しいベースラインが絡みつき、ひんやりとしたシンセが入ってくる以外はたいした展開もないディープ・ミニマルの “Part 1” 、歪んだ音響でミニマル・ダブとは似て非なる空間を作り出し、こちらも歪んだエフェクトがかけらた声が怪しさを増す “Die Wolke” 、地下で蠢くような低音が徐々にノイズに包まれていく “Part 2” と、どの曲も暗く素っ気ないのだが、同時にダンス・ミュージックとしての強度とグルーヴも持っていて、非常にかっこいい。

このレーベルからのリリースは数も少なく、油断するとすぐ売り切れちゃったりするんですが、もう少し注目されていいレーベルかと思います。

試聴

Zebra Katz / Ima Read (Jeffree) mp3

Zebra Katz / Ima Read (Jeffree)
http://jeffrees.tumblr.com/

Mad Decent のサブレーベル、 Jeffree からニューヨークのプロデューサー Zebra Katz の EP 。

そもそも今作を聴こうと思ったのは “Ima Read (Slick Shoota Remix)” がジュークだったからで、そのリミックスはボイス・サンプルと扇情的なシンセが非常にファンキーな一品なんですが、じゃぁ作品全体はといいますと、ベース~ハウス辺りの音をゆるく総ざらいしたような内容になっていて、どれも悪くはないんだけど、 Slick Shoota のリミックス以外あまり印象に残るものがなかったかな。

ジャケットの感じとか好きなんだけど。

ダウンロード

“Zebra Katz / Ima Read (Jeffree) mp3” の続きを読む

ZEEBRA / 『Black World』『White Heat』 (アリオラジャパン) 2CD

ZEEBRA / Black WorldZEEBRA / White Heat
http://www.zeebra.jp/

活動自体は活発だったのであまり間の空いた感じがしませんが、前作から4年ぶりとなる Zeebra のアルバム。

今作は2枚組みということではなく、ハードコアとパーティーノリという、自身の二つの側面を別々にまとめた作品ということで、まぁ彼なりのファンサービスの一環なのかなとは思うんだけど、今までのアルバムがきちんとテーマを持った作品ばかりだったので、それらに比べると今までの素直な延長線という感じで面白みにかけるかなぁ。

曲単位でいえばスカパラとやった “Gang On The Backstreet” や派手な四つ打ちの “Butterfly City” など新味はあるし、これだけの曲数ありながら捨て曲らしい曲もないだけに勿体無い。

ちなみに私は『White Heat』の方が好きです。こういうちゃらいのやらせたら、やはり彼は抜群に上手いなぁと。

“ZEEBRA / 『Black World』『White Heat』 (アリオラジャパン) 2CD” の続きを読む

ZZ Ward / Eleven Roses (Self Released) mp3

ZZ Ward / Eleven Roses (Self Released)
http://www.zzward.com/

LA のシンガー ZZ Ward さんのミックステープ。

1曲目の “Better Off Dead” がまんま “Yonkers” のトラック使っていたりするんですが、今作自体はヒップホップというよりは、その要素を感じさせながらも基本は歌もので、むしろもっと泥臭い、ソウルとかブルースからの影響を感じさせる。

んで、彼女の声もなかなかにドスの利いた迫力のある声をしているんだけど、前半の打ち込みの曲に関しては、あまり彼女の声が活きていないように思える。
むしろエレクトリック・ギターが全編鳴る “Cinnamon Stix” や、ラスト2曲のアコースティックの曲の方が魅力的なので、変に現代的にしないで、普通のバンドセットの方が聴きたいかな。

ダウンロード

“ZZ Ward / Eleven Roses (Self Released) mp3” の続きを読む

ZORZI / Handmade Blend (JORZE Disc) CDR

ZORZI / Handmade Blend
http://www.myspace.com/jorzedisc

oilworks 周辺の DJ が2007年に出したミックスCD。

oilworks っていうと、日本ではあまりいないように思える、ビート・ミュージックとしてのヒップホップを追及している人が多くて、それは今作でも同様。ヒップホップにエレクトロニカやドラムンベースをミックスしてきちんとした流れを作り出していて、やはり私にはラップを中心に繋いだものよりも、こういうミックスの方が聴きやすい。

[Tracklist]