ZIGEN / 語録 (じげん工房本舗) CD

ZIGEN / 語録

神戸の蟹バケツシンドロームというクルーの一員だという ZIGEN の、昨年出たデビュー・アルバム。

この人の音楽を聴いて、まず一番に耳に飛び込んでくるのは、無理矢理変調でもさせて高くしたような独特な声で、はっきりいってこの声は好き嫌いの分かれるところだとは思うんだけど、軸となるべきラップが、この声の生み出すユーモアを生かしながらも、非常にしっかりとした実力の伴ったもので、慣れてしまえばむしろクセになる。

さらにトラックもファンキーなものからメロウなものまで、基本オーソドックスなものながら、しっかりとグルーヴで土台を支えていて、声の印象に引っ張られて突飛なものになりすぎるのを抑えている。中でも神門が参加した “高速道路” での、言葉の隙間から哀愁が零れ落ちるラップは、この路線の曲をもっと聴きたいと思わせるには十分なもの。

最近セカンド・アルバムが出たばかりなので、そちらも聴いてみるかな。

視聴
amazon.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)