B’z / B’z The Best “ULTRA Treasure” (VERMILLION) 2CD+DVD

B'z / B'z The Best “ULTRA Treasure”
http://www.bz-vermillion.com/

B’z のデビュー20周年を記念するベスト盤の第2弾が本作なわけですが、こうやって改めて B’z の歴史を俯瞰できる楽曲群を聴いてみると、ホント B’z って不思議なバンドだなと思う。

これをパクリと呼ぶのか、それとも遊びと呼ぶのか影響というのか、それは人それぞれだとは思うんだけど、 B’z が他のアーティストのフレーズなり曲なりを引用しているのは間違いないわけですが、では B’z の個性が希薄なのかというとそんなこともなく、むしろイントロを聴いただけで彼らだとわかるような確立された自分の音を持っている。
そして長年に渡って売れ続けているにもかかわらず、フォロワーらしいフォロワーもいなくて、それこそ私には surface くらいしか思い浮かばない。
さらにはライバルらしいライバルも今までいなかったように思うし(松任谷由実と中島みゆきみたいなさぁ。例えが古いか)、なんだかんだで日本でも唯一無二なユニットなのだなぁと思った次第。

他にも “BLOWIN'” の新録バージョンを聴いてみると、元々は軽快な打ち込み中心の曲だったのが、ここでは今の B’z らしいハード・ロックになっていて、良くも悪くも昔とは別のバンドのようになっているのがよく分かる。
しかし人気投票で決まった今作の選曲を見てみると、ファンが B’z に求めているのはポップな曲だというのも分かるし、なんかだんだで面白く聴けた。

まぁ各曲に関しては今更というか、私が選んだら半分もかぶんないよ、みたいな選曲なんで特に書くこともないんですが、今の気分としては、音楽的な成熟を目指した『The 7th Blues』からの曲と(なんで “闇の雨” が入ってないんだ)、その試行錯誤の結実としての “MOTEL” が光っているように思う。いい加減 B’z の二人だって40前後のおっさんなんだから、『The 7th Blues』や『FRIENDS Ⅱ』みたいな、成熟の方向にもっといっていいと思うのだが(枯れてほしいという意味ではない)。

B'z - B'z The Best “ULTRA Treasure”
amazon.co.jp