Jesse Somfay / Of Ancestral Infernos And Lysergic Embers (Lost Tales Of ‘03′04) (archipel)mp3

Of Ancestral Infernos And Lysergic Embers (Lost Tales Of '03'04)
http://www.archipel.cc/

最近はあまり聴いてないのでよく分からないんだけど、少し前はポスト border community の道をひた走っていた TRAUM なんですが、その原動力の一つにはなっていたのではないかと思われるのがこの Jesse Somfay 。その後それなりに話題になっって色んなレーベルから12インチ出してたんだけど、近頃名前見ませんね。何してるんでしょうか。
まぁこれはそんな彼の2枚目のアルバム。最近ネット・レーベルからのリリースを重ねた後に12インチ出す、ってパターンが増えてきた気がするけど、彼もそんな感じで、前作のアルバムもネット・リリース。このアルバムも昨年末見たときは有料だったんだけど、この前たまたまサイト見てみたら無料版があったので、そちらを落として聴いています。
アルバムの方はシングルに比べると border community からの影響というのは思ったほど見られなくて、良くも悪くも様式が完成しているようにも思える border community よりも、はるかに荒削りで自由な印象を受ける。まぁそれが音楽的な面白みにつながっているかというと、まだ曲によってばらつきはあるんだけど、大胆なベースの使い方をしたものが多くて、そこには好感が持てる。
けっこう可能性を感じさせてくれる人だと思うので(確か歳も若いよね?)、まだまだリリースはしてほしいものです。

ダウンロード

We Can Do It! / Der Geist In Der Muschel (We Can Do It!)12″

Der Geist In Der Muschel

ちょっと前に話題になった攻殻機動隊ネタのミニマル。
とはいいつつも、この攻殻機動隊ってどの攻殻機動隊を指してるんでしょうかね。私元々攻殻機動隊ってそれほど詳しくないので全然分かりません。菅野よう子のやつかしら。まぁいいや。コレに関しては、元ネタがどうとかそんなこととは全く関係なく聴ける良質な曲なので問題ない。
トライバルなビートの上に、ワールド・ミュージックっぽい声ネタが乗るミニマル・トラックで、これだけならどこにでもありそうな感じなんだけど、どっしりした方向に行きがちな他のトライバルなミニマルに対して、この曲では絶妙な疾走感を保持したまま進むのが実に爽快。声ネタの方も、いかにも他から持ってきました、みたいな不自然さがないので、これの元ネタがどうとか、むしろ邪魔な情報なのではないかとさえ思える。
今年聴いたミニマルの中でも、なかなかに秀逸な1曲ではないかと。
ちなみに、これって初回盤だと、レーベルのロゴのスタンプが押してあるらしいんだけど、私は買ったの最近なんで真っ白です。

試聴