ASIAN KUNG-FU GENERATION / ワールド ワールド ワールド

ワールド ワールド ワールド
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/AKG/

実は今までまともに聴いたことがなかったので聴いてみた、 ASIAN KUNG-FU GENERATION の4枚目のアルバムなんですが、なんかもう清々しいまでの歌謡ロックですね。

このバンドの主宰するフェスである NANO-MUGEN FES に、 SIlver Sun と Third Eye Blind を招聘しているのは知っていたので、若いのになかなかいい趣味してるねぇ、なんて思っていたので(と思ったら私と同世代なのね。失礼しました)、もっと海外の音楽からの影響の強いバンドを想像してたんだけど、このアルバムはむしろヴィジュアル系に近い印象のビート・ロック。

無闇矢鱈にエモーショナルなのは今のロックの流れなんだろうけど、なんで最近のバンドってこんなにも洋楽に対する照れがないんだろうね。 9mm Parabellum Bullet (過去記事)を聴いたときにも思ったんだけど、いくら演奏が激しくとも、総体の印象としてはものすごく日本的で。かといって和の要素を大事にしている風でもないし。
今ってフェス・ブームもあってか、広く海外の音楽が聴かれているんじゃないかと思うんだけど、それと反比例するように、洋楽的センスのアーティストが減ってる気がするのは私だけでしょうか。まぁ今更海外の音楽の方が優れているとかいうつもりはないけど、閉鎖的になったらつまらないだけですよ。

話が逸れたまま終わり。

試聴

RHYMESTER / BEST BOUTS ~16 ROUNDS FEATURING RHYMESTER~

BEST BOUTS ~16 ROUNDS FEATURING RHYMESTER~
http://www.rhymester.jp/

RHYMESTER というと、昔からヒップ・ホップ・シーンから確固たる支持を得ながらも、同時に数多くの賛否両論も巻き起こしている印象があって、となれば、この RHYMESTER の外仕事を集めた今作は、ある意味彼らのセルアウトの歴史を垣間見れるのか、なんてのを期待してたんだけど、蓋を開けてみれば J-POP での仕事はほとんど入ってなくて、かといって雑多なジャンルにまたがっているという事もなく、思ったよりずっとヒップ・ホップ。

さらにトラック・メイカーとの仕事、もしくはシンガーがサビを歌って RHYMESTER がフルでラップ、というような曲が大半。そのせいか良くも悪くも RHYMESTER の土俵に引き込まれていて、彼らのラップ力の強さに関心はするものの、彼らのオリジナル曲との違いがそれほどみられない為、面白味に欠て、それってこういう類の作品にはけっこう致命的なんじゃなかろうか。つまりは、あまり出す意義が見出せない、もっといえば、コアなファンの為の場繋ぎ的な作品。
まぁこういう趣旨の盤は、クリアランスの問題とかあって色々難しい部分も多いんだろうけど、次があるなら、もっと雑多な内容を望みたい。

試聴

hide / PSYENCE A GO GO

PSYENCE A GO GO
http://www.hide-city.com/

hide のセカンド・アルバム『PSYENCE』のツアーを音源化したライヴ盤。
やっぱりライヴだからなのか、『PSYENCE』にあった雑食性があまり感じられないんだけど、その分ストレートに曲の良さが伝わって、けっして悪い内容じゃないんだけど、3時間の公演をフルで収録というのはさすがに長い。バンド・メンバーのソロも含めて全曲収録なのはいいとしても、MCまで全部収録というのは、映像ならまだしも、やっぱり冗長に感じてしまう。
こんな仕様にしちゃったらコアなファンしか聴かないだろうに。勿体ない。

disc1hide - PSYENSE A GO GO ! [Volume 1]
disc2hide - PSYENSE A GO GO ! [Volume 2]
disc3hide - PSYENSE A GO GO ! [Volume 3]

木村カエラ / +1

+1
http://www.kaela-web.com/

木村カエラを聴くと、いつも手堅いなぁ、と思う。いや、実際このアルバムの作家陣を見れば、現在の J-POP の中でもかなり面白い人たちを集めてる事が分かるのだけれど、そんな曲群も、木村カエラは易々と歌いこなしていて、そのあまりの安定感に、どうも手堅さばかりを感じてしまう。それに、これは彼女の趣味なのか、それとも周りのオヤジたちの趣味なのか、音楽的参照点が90年代オルタナなものが多く、その時代をリアルタイムで過ごした者からすると、どうにもノスタルジックに聴こえてしまうのも、そういった印象を強くしている。
では、私は木村カエラを評価していないのかというと、そんなこともない。というのは、 J-POP しか聴いていない者が J-POP を、ついでに云えば日本語ラップしか聴いてない者が日本語ラップを作っている今の時代、洋楽的センスが感じられるロックをやっている若手って、私にはそれこそ木村カエラしか思い浮かばなくて、そういった意味でも、ものすごく頑張って欲しい人である。
なんか褒めてんだか貶してんだか、よく分からない文章ばかり書きましたが、今作に関していえば、今まで出一番よく出来たアルバムだと思うし、例えば Avril Lavigne なんかと比べても遜色のない、高性能なポップ・ロックではないかと。それと、 De De Mouse を起用したのは偉いの一言。

試聴
amazon.co.jp

鈴木亜美 / DOLCE

DOLCE
http://www.avexnet.or.jp/ami/

早いモンで復帰してからもう3枚目のアルバム。前作から引き続き、誰かと共作する「joins」なる方式が取られていて、主にダンス系のアーティストとの作品が中心になっています。その中身の方は、やっぱり玉石混合な感は否めないんだけど、基本的に鈴木亜美とダンス・ビートの相性っていいと思ってるんで、全体的にはそんなに悪くなかったです。

そんな中、気になる曲といえば、やはり ROCKETMAN との “アイノウタ” ですよ。っていうか、ここでフィーチャリングされてる YOU THE ROCK★ 。最初聴いたときは、ヒップ・ホップ・リスナーの彼への信頼度がどんどん下がってる中で、一体この人は何をやっているんだろうと思ったんだけど、何度も聴いてみると案外悪くなくて、寧ろ、ここ数年私が聴いた彼の中では、一番生き生きしているように思える。というのも、単純に若い女の子と共演してすごくノリノリなんだよね、 YOU THE ROCK★ が。だから、もうこの人雷なんか抜けちゃって、思い切ってアイドルと仕事した方が面白いんじゃないかという気さえする。まぁそれが許される世界じゃないんだろうけど。

鈴木亜美 joins S.A. - DOLCE