Simon / Simon Says (HARLEM) CD

Simon / Simon Says (HARLEM)
http://www.harlem.co.jp/recordings/

普段こういういかにもなヒップ・ホップってあまり聴かないんだけど、その筋では高評価を得ている Simon の正規盤としては初のアルバム。

一応作中でオリジナリティがどうとか言っているんだけど、私の正直な感想としては Zeebra の廉価版といった感じ。別にアメリカナイズされることが悪いとは思わないけれど、それと作品の出来不出来はまったく別の話で、質自体は低いとは思わないものの、コレ聴くんだったら他に聴くべき盤はいくらでもあるかなと。

こんな感じなので、特にこの盤について書きたいこともないので、少し話を脱線させたいと思います。

一応日本のヒップ・ホップを聴くようになってから10年以上経つんだけど、生来の引きこもり体質ゆえか、その音楽には常に触れてきていたものの、文化には全くといっていいほど触れてこなかったんですよね。
だから未だに、ヒップ・ホップのマナーの中では普通の事とされながらも、私には分からないことがいくつかあって。その中でも特に気になるものが二つある。

まず一つ目は、なんでヒップ・ホップの人たちってみんな「くん」付けで呼び合うんですかね。しかも年下や同年代ならともかく、年上でも平気で「くん」付けするでしょ。あれって一体どこから派生した文化なんでしょうか(私の感覚からすると、二十歳そこらのヤツが「MURO くん」とか呼ぶのありえないんだが)。

二つ目は、なんで日本のラッパーってみんな声重ねるんですかね(ダブル・ヴォーカル)。まぁこれはもしかしたら本場アメリカのヒップ・ホップからの流れなのかもしれないけれど、私は海外のヒップ・ホップを聴いて、殊更そのことを意識させられたことはないので、日本のはまた独自な気がするんだよね。
んで、私はその声重ねるという手法事態はかまわないと思うんだけど、問題なのは、CDを聴いてもオーバーダブ無しの裸の声が分からないほど加工されていたり、自分の声の細さを誤魔化すかのように声を重ねているもので、そんな奴等が多いから、ライヴになると一人じゃ声が出ないから、ステージ上で雁首揃えてがなってるだけ、みたいな構図が未だに消えないんじゃなかろうか。

そしてそんなラッパーの最たる例が Simon 、というのがこの作品を聴いたもう一つの正直な感想で、まぁ私は彼のライヴを見たことがないので、もしかしたらライヴでは物凄い声を出すのかもしれないけれど、少なくともこの作品を聴いた限りでは、そんな姿は微塵も想像できない。

試聴
Simon - Simon Says