DFRNT / The Big Freeze (On The Edge) mp3

DFRNT / The Big Freeze (On The Edge)
http://dfrnt.co.uk/

DFRNT が2012年に出したシングルは、ロンドンのレーベル On the Edge から。

On the Edge って DFRNT がファースト・アルバム(関連記事)を出したレーベルでもあるわけですが、だからなのか1曲目の “Monday Morning” は、そのファースト・アルバムの頃を思わせる、ゆったりとしたベースとシンセが気持ちいい浮遊感のある曲。ただシンセの鋭角的な音はやはり最近の DFRNT のもので、それゆえ空間の隙間も多く、静謐な感じもあり、それまた心地よい。中盤辺りから入ってくる声ネタもいいアクセントになっている。

次の “The Big Freeze” はリズムこそドラムンベースっぽいもの音、全体の質感としてはアンビエントの要素が強く、世界観としては “Monday Morning” とそれほど変わらない。逆にいえばリズムが多少変わろうが、 DFRNT の世界観は変わらないという事でもあり興味深いし、『Actaeon EP』(関連記事)のときもそうだったけど、私は DFRNT のこの手の曲が一番好き。

3曲目の “Piston” は、四つ打ちのキックの上に歪んだ電子音が乗る、少し不穏ささえ感じる DFRNT には珍しいタイプの始まりながら、透明感のあるシンセが入ってきた瞬間、 DFRNT 以外の何者でもない曲になるのが面白い。
また Indigo による “Monday Morning” のリミックスも、原曲の雰囲気そのままに、金属的なドラムやパルス音を足していて気持ちいい。

今の DFRNT の好調振りがよく分かるシングルかと。

“DFRNT / The Big Freeze (On The Edge) mp3” の続きを読む

DFRNT / EMOTIONAL RESPONSE (NU DIRECTIONS) CD

DFRNT / EMOTIONAL RESPONSE (NU DIRECTIONS)
https://soundcloud.com/nudirections

DFRNT こと Alex Cowles が2011年に出したセカンド・アルバム。

冒頭の “True” の鋭角的なシンセの音からして、柔らかさが目立っていた前作『METAFICTION』(関連記事)とは違う印象を受けるんだけど、リズム自体もダブステップの定型をギリギリ保ちながらも前のめりのものが多く、テクノ的な音作りのせいもあって、聴いた印象はほとんどテック・ハウス。

ただダブステップらしいベースの打ち出しの強さや、スネアのアタック感の強さはそのままなので、有無をいわせずこちらの体を揺らせるようなグルーヴがあり、その境界線にあるような音作りはやはり面白い。
また前作よりも使っている音色やリズムに幅がある分、作品の流れが感じられるのも良いし、彼の作品の中でもダンサブルな面が強く出ているというのも興味深い。

あと前作同様リミックスが収録されているんだけど、ドラムンベースに仕上げた ASC 以外、あまり代わり映えしてないのが残念(どれも良く出来てはいるんだけど)。

試聴

Dfrnt / Fading (Echodub) CD

Dfrnt / Fading (Echodub)
http://echodub.co.uk/

スコットランド出身のプロデューサー DFRNT こと Alex Cowles が2012年にリリースした3枚目のアルバム。
彼は EchodubCut という二つのネット・レーベルを主催しているのだけれど、今作は前者から(同レーベルから CD が出るのは初)。

DFRNT は2009年のファースト・アルバム『METAFICTION』(関連記事)の時点でテクノ的なダブステップの中でも、かなり踏み込んだ形でアンビエントの要素を取り入れていて、その浮遊感の強いダブステップは異彩を放っていましたが、そこから様々な変化や洗練を重ねた結果、今作ではダブステップ的なリズムが聴ける曲は半分ほどとなり、のこりは四つ打ちのダブ・テクノになっている。

しかしそれにより DFRNT の個性が薄れたのかといえばそんな事はなく、研ぎ澄まされたシンセの音を使い作り上げられた拡がりのある音響空間に、キックよりもベースを前面に出したリズムが溶け込む様は非常に気持ちよく、またアンビエントとダンスの境界を揺らめくような感覚も面白い。

ちなみにこのアルバムは作品のインフォが出てから、実際リリースされるまでかなり時間がかかったんだけど、 Indiegogo っていうクラウド・ファンディングで資金提供を募ったから、っていうのは今調べて初めて知った。実際の出資者の反応がどうだったのかは分からないけれど、その期待に十分足る傑作ではないかと。

“Dfrnt / Fading (Echodub) CD” の続きを読む

Dublicator / Spectrum (Entropy) CD

Dublicator / Spectrum (Entropy)
http://www.entropy-records.com/

明日を越えればきつかった年度末がやっと終わりますねぇ。いや、本当に終わるんだろうか・・・。

ということで今日も簡単に。

昨日に続きフランスのレーベル Entropy Records から2011年にからでた Dublicator のアルバム。

彼はハンガリー出身で、2006年から音楽制作を始めたらしいんだけど、名義が非常に多く、またそれに伴って作品数も多い(bandcamp でも色々公開してる)。

んで今作は、 Entropy Records からというのを抜きにしても、名義を見ればわかるようにミニマル・ダブ。しっかりと四つ打ちのリズムの入ったトラックは、ミニマル・ダブの定型をそれほど外れるものではないのだけれど、音の粒立ちがよく非常に気持ちがいい。

“Dublicator / Spectrum (Entropy) CD” の続きを読む

Deepchord Presents Echospace / Silent World (ECHOSPACE) mp3

DEEPCHORD PRESENTS ECHOSPACE / Silent World
http://www.echospacedetroit.com/

Rod Modell と Stephen Hitchell による二人組、Echospace が2012年に出したアルバム。

この人たちって限定な上にお値段割高な作品が多くて、途中から全然追いかけてなかったんだけど、久しぶりに聴いた今作は、以前のいかにもなベーチャン的ダブダブ路線とはちょっと違いますかね。

とはいってもダブ的な奥行きのある音空間というのはそのままながら、ノイズ・ドローン的な “In Echospace (Original Mix)” にはじまり、細かい音の粒子がシューゲイザーっぽくもある “Lisbon” 、霧のような音像の中でゆったりとなる上モノが雄大な川の流れを思わせる “Theme From Silent World” など、予想以上に様々な音要素が取り込まれていて面白い。

また一方で、徐々に弱まっていくビートは反比例して、シンセが折り重なり美しさを増していく “Orbiting” や、深い音響の中で鳴る太いリズムがじっくりとグルーヴを組み立てる “Hydrodynamics” などミニマル・ダブ路線の曲も充実していて、完成度が高い。

久しく Echospace を聴いていなかった私も、彼らを再評価するには十分の傑作です。

ちなみに3枚組みのアナログセットと、それらの曲をライブミックした CD 盤が出てるんですが、デジタルはその両方とボーナストラックまでついているので一番お得。

“Deepchord Presents Echospace / Silent World (ECHOSPACE) mp3” の続きを読む

DFRNT / Actaeon EP (cut) mp3

DFRNT / Actaeon EP (cut)
http://cutmusic.org/

DFRNT こと Alex Cowles が2012年の2月に出した EP 。
DFRNT が主催するネット・レーベルである cut はエレクトリック・ミュージックが好きなら気にかけておいて損はないレーベルであるし、それは DFRNT というプロデューサーに関しても同様なのだが、中でも今作は出色の出来だろう。

冒頭の “Dark Spaces” の、ドラムンベースともジュークとも親和性のありそうな高速のパーカッションと、寄せては返す波のように鳴るシンセ、ゆったりとした響きのベースが織り成すたゆたうような世界観は素晴らしいの一言。それ以降も細かいリズムが入りながらも全体の感触としてはアンビエントという、今までの DFRNT のスタイルの延長線上にありながら、テクノとダブステップのどっちつかずな感じを回避した、新たな個性を作り出していて面白いし、それでいてどれも完成度が高い。

DERNT は去年これ以外にも色々出していて、どれも良かったんだけど、自らの個性を崩さずに新鮮な驚きを与えてくれた今作が一番回数聴きました。

ダウンロード

“DFRNT / Actaeon EP (cut) mp3” の続きを読む

DJ ISSO / THE FOREFRONT RECORDS presents THE MESSAGE Vol.1 (FOREFRONT) CD

DJ ISSO / THE FOREFRONT RECORDS presents THE MESSAGE Vol.1 (FOREFRONT)

DJ Isso が今年の10月に出したミックスCD。

タイトルにあるとおりメッセージ色の強い曲を集めた内容との事で(メッセージをしっかりと聴かせたいという意図なのかミックスもゆるめ)、 “Can’t Stop Da Party-Save Da Club- feat.A-THUG&Y’S” の風営法や D.O の “BAD NEWS” の放射能など、社会的なテーマについてラップした曲も目立つ。しかし一方で女漁りについてラップした “Beast Is The Bitch” みたいな曲もあるので、特別お堅い内容というわけでもなく、またラップに気持ちのこもったものが多いので聴き応えがある。

ただ反面言葉遊び的なラップを排除した結果なのか、ちょっと前のハスラー・ラップ的な曲が多いため、若干古臭く感じるのも事実でそこが痛し痒し。あと後半に泣きの曲が多すぎて今の私にはちょっと重過ぎるかしら。

“DJ ISSO / THE FOREFRONT RECORDS presents THE MESSAGE Vol.1 (FOREFRONT) CD” の続きを読む

datacat / 9DOORS (Black Chalk) mp3

9doors / 9DOORS (Self Released)
http://blackchalk.bandcamp.com/

datacat こと Ethan Smith さんがアメリカのレーベル Black Chalk から出したビート・テープ。

今作は電子ノイズに導かれてダブステップの影響を感じさせるタメの効いた重たいビートが鳴る “9doors” が代表的なように、基本的にはエレクトリック・ミュージックからの影響を感じさせる暗いアンダーグラウンド色の濃い作品。しかしこのアルバムが面白いのは随所にチップチューン的な 8 bit 音が挿入されているところで、それにより暗く思いビートとの対比で見事に作品に色を与えているし、同時に素っ頓狂なユーモアを感じさせるのもいい。

また引きずるようなベースの上でノイズが引き付けおこしたような “Sludge” や、極端に音数抜いたドラムンベースのようにも思える “numberworld” など、単純にビートとしてもかっこいいものが多く、これからが楽しみなプロデューサーだ。

ダウンロード

“datacat / 9DOORS (Black Chalk) mp3” の続きを読む

Dead Seagull Medicine / Dead Seagull Medicine (Self Released) mp3

Dead Seagull Medicine / Dead Seagull Medicine (Self Released)
http://sharkdentures.bandcamp.com/

Shark DenturesSummon という二人のラッパーによるユニットの初アルバム。

二人の Soundcloud にアップされている曲を聴くと、普段から非常にアンダーグラウンド色の濃いヒップホップをやっているようで、そんな二人が組んだ今作も当然のことながらアンダーグラウンド色が濃い。

とはいってもそれは今時のものではなく(まぁ今のアンダーグラウンド・ヒップホップってよく分かってないんだけど)、90年代終盤から00年代頭辺りの音を想起させるもの。
それはピアノなどを使った重く悲しげなトラックであったり、低めの声で芝居がかった早口で畳み掛けるラップであったりと、けっこうまんまではあるんだけど、適度にユーモラスな部分も織り交ぜており重くなりすぎるのを回避しているし、やっている本人たちが回顧的なつもりでやってないからなのか、古臭さとは無縁の躍動感があり楽しめる。

あとやはりこの辺りの音は自分の好みど真ん中だったりするので、ついつい回数聴いてしまいます。

ダウンロード

“Dead Seagull Medicine / Dead Seagull Medicine (Self Released) mp3” の続きを読む

Dope D.O.D. / Branded (Self Released) CD

Dope D.O.D. / Branded
http://dopedod.com/

オランダの3人組ヒップホップ・グループ、 Dope D.O.D. が2011年に発表したデビュー・アルバム。

ビデオとか見るとひたすら悪そうな人たちに見えなくもなくて、音の方もそれっぽいハーコーなヒップホップが多いのですが、かといって本当にヤバイ人たちのもっているヒリヒリとした緊張感は希薄で、むしろ暴力的なものを記号として好んで使っている感じ。そういった意味ではかつてのへヴィロックにも近くて、またアメリカで EDM なんかが話題になる前からダブステップを取り入れていることも含めて、 KORN のヨーロッパツアーの前座に抜擢されたのも納得な作品。

こういう作品に若者が熱狂するのは健全だと思うし、実際イイ作品かと(作品単体よりビデオの方がかっこいいけど)。

ちなみに CD は彼らのサイトじゃないと買えないみたい。

Branded - Dope D.O.D.

“Dope D.O.D. / Branded (Self Released) CD” の続きを読む