Oasis / (What’s The Story) Morning Glory? (Big Brother) 3CD

Oasis / (What's The Story) Morning Glory? (Big Brother)
http://www.oasisinet.com/

テストも兼ねて、下書きだけで放置してたの2。

基本的な音楽的志向として今の音楽を今聴きたい人間なので、旧譜はもちろんの事、再発モノもほとんど買ったりしない人間なんですが、そんな私でもこれはスルー出来なかった(まぁ安かったからだけど)。ということで、未だ再結成を望む声が絶えない oasis の、1995年に出したセカンド・アルバムのリマスター。

まぁ中身については今更書く事もないというか、思い出補正がかかっているにしても良い曲が多く、この時期の oasis の勢いを改めて感じさせる。またそれはカップリングなどを集めた2枚目でも変わりなく、むしろ色んなタイプの曲が収録されているこちらの方がいいくらいで、そういえば当時はシングルもこまめに集めていた事を思い出す。今聴いても “Rockin’ Chair” は名曲。
3枚目のライブ音源に関しては、基本大味の音源がさらに大雑把になっているので、それほど惹かれるものがないんだけど、お兄ちゃんが歌う “She’s Electric” のデモ音源は、シンプルながらも軽快なアコースティック・ギターが曲に合っていて、むしろオリジナルより好きかも。

“Oasis / (What’s The Story) Morning Glory? (Big Brother) 3CD” の続きを読む

Our Love Will Destroy The World / Thousands Raised To The Sixth (Handmade Birds) 2CD

Our Love Will Destroy The World / Thousands Raised To The Sixth (Handmade Birds)
http://handmadebirds.com/

今度こそ本当に気分を変えて、ニュージーランドの Campbell Kneale さんのノイズ/音響ユニット Our Love Will Destroy The World (こういってはなんだが中二臭いユニット名だね)が2012年に出したアルバム。

この手の作品って暴力的なノイズの洪水で圧倒するみたいなものを想像してしまうのですが、ギターノイズとパーカッションがゆらゆらと絡み合う “Calculate Unknown Angels” 、ノイズの向こうで鳴るシンセが不思議な軽妙さを与えている “Zine Boredom” 、四つ打ちのキックの入ってくる “Ships Of China” 、ノイズとピアノで荒廃した世界観を描く “Cloud Water Assembly” など、意外に曲のスタイルは幅広い。

またレーベルが変てこなメタルをリリースする事の多い Handmade Birds だからなのか、それとも元々この人のもっている世界観なのかは分からないけれど、ブラック・メタルにも通ずる荒涼とした雰囲気も自分には好みだし、ミニマル・ダブ的な音響感覚があるのも面白い。

まぁいちいち曲が長いのもあって(2枚組みで12曲)、お世辞にも聴きやすいとはいえない盤ですが、最近の Modern Love とか好きなら意外にいけるかも。

DropxLife., Clams Casino, Omari Shakir., The Weeknd

また Weeknd 関連のものをまとめていくつか。

DropxLife. / Furthur.
『DropxLife. / Furthur.』
The Weeknd って元々 The Noise というプロデュース・ユニットで活動していたらしい、っていうのは以前書いたと思うんですが(過去記事)、なもんだから私はてっきり自身のトラックも全部自分で作っているものと思い込んでいました。
でも実際はそんなことなかったみたいで、何人かのプロデューサが参加していたみたいですね。
っつうことで『Echoes Of Silence』収録の “Initiation” のプロデューサーだという DropxLife. のミックステープ。
この DropxLife. というアーティスト、 Weeknd 周辺の人みたいなんだけど、その正体は今のところ謎みたい。
さらにこの作品のリリースの仕方もよく分からなくて、昨年末に3曲入りで出たものに曲足して6曲入りで今年出したと思ったら、次は9曲入りで出て、この度出た10曲入りのものが完全版らしい。
“Initiation” ってどんどんヴォーカルが変調していくけっこう実験的な曲だったので、今作も実験的なのかと思ったらそんなこともなく、新味というのは薄い。
でもヒップホップとダブステップとアブストラクトが溶け合ったようなビートと、徐々に沈みこむような音世界は心地よく、 Weeknd に通ずる雰囲気にはやはり抗えない。あと Weeknd のような高い緊張感がないのと、なんだかんだで1曲に1つは耳に引っかかりやすい要素が入っているので、インストでありながらも Weeknd よりある意味聴きやすいかも。
ダウンロード

DROPXLIFE / ALLXLEGENDS
『DROPXLIFE / ALLXLEGENDS』
んでこちらは DropxLife が昨年秋に出したミックステープ。
全体の雰囲気としては『Furthur.』とそれほどかわらないものの、ビートはこちらの方がシンプルで、こちらの方が幾分ポップ。なのでこちらから聴いた方が入りやすいかも(まぁ暗いのには変わりないんだけど)。
ダウンロード

Clams Casino / Instrumental Mixtape
『Clams Casino / Instrumental Mixtape』
こちらは『Echoes Of Silence』収録の “The Fall” をプロデュースした Clams Casino が、今まで他のアーティストに提供したトラックを中心にまとめたミックステープ。
今作に関しては Weeknd 関係なしに非常に評価の高い作品なんだけど、太いベースラインと重たいドラム、粒子の細かい幻想的な上モノの組み合わせは確かに気持ちがよい。あからさまにキャッチーな要素がなくてもきちんとポップなのも素晴らしい。
まぁ時折、これってポストロックに接近してたころの anticon の焼き直しじゃねぇの、って思う部分がなくもないんだけど、気持ちがいいのに変わりはないので気にするのはやめておきましょう。
ダウンロード

Omari Shakir. / Different.OMARI SHAKIR / NONCHALANT
『Omari Shakir. / Different.』『OMARI SHAKIR / NONCHALANT』
最近知ったんだけど Weeknd 周辺には彼を含む XO Gang というクルーが存在するらしく、そこに参加しているラッパーさんが出しているのが上2曲(もう1曲 “Like A Book” 曲もあるんだけどジャケットないので割愛)。
三味線(?)をサンプリングした “Different.” (DropxLife プロデュース)はかっこいいし、Omari Shakir の低い声でのラップも魅力的なんだけど、ちょっとこれだけだとラッパーとしての個性までは分からないですかね。
あと両曲とも iTunes に入れるとアルバム名のところに『TIL WE OVERDOSE』って出るので、もうすぐアルバムが出るのかも。
Different. ダウンロード
NONCHALANT ダウンロード

“DropxLife., Clams Casino, Omari Shakir., The Weeknd” の続きを読む

otzim lee / dub dubom ep (SCHALL) mp3

otzim lee / dub dubom ep (SCHALL)
http://www.schall-netlabel.com/

ロシア出身のアーティスト otzim lee による4枚目となるフリーダウンロードの6曲入りミニ・アルバム。

今作に関してはジャケットのぼやけた写真と、それを包み込む圧倒的な青の美しさにまず目を奪われるが、音のほうもそのイメージのままのチリチリとした音像のミニマル・ダブ。
しかしその霧中のような音像の中でも、まるで前に進むべき道を指し示すかのようにしっかりとした音のキックが鳴っていて、その二つの音響感覚が素晴らしく、またキックの音が画一的なミニマル・ダブが多い中、曲によってかなり工夫が凝らされているのにはエレクトロニカ的なセンスが感じられ、それが曲の豊かさにもつながっている。

今年聴いたフリーの音源の中でも指折りの傑作。

ダウンロード