BEST of 1998

ロメオの心臓THE☆GRAFFITIROCK’98(CCCD)Black StarBERLIN TRAXTAKE OFF AND LANDINGFollow The LeaderBeaucoup FishThe Love Movementギヤ・ブルーズImprint

  1. Blankey Jet City / ロメオの心臓
  2. YOU THE ROCK / THE★GRAFFITI ROCK
  3. Black Star / Mos Def & Talib Kweli Are Black Star
  4. TAKKYU ISHINO / BERLIN TRAX
  5. Yoshinori Sunahara / TAKE OFF AND LANDING
  6. KORN / Follow The Leader
  7. Underworld / Beaucoup Fish
  8. A Tribe Called Quest / The Love Movement
  9. Thee michelle gun elephant / Gear Blues
  10. Vision of Disorder / Imprint

この年からうろ覚えの記憶をたどって書こうかと思うんですけれども、中でもこの年は全然思い出せないんですよね。色々重要なものが抜け落ちている気がしてならない。10枚中6枚がアナログになってるから、押入れ探せば思い出す気もするんだけど。

電気グルーヴ / 少年ヤング (Kioon)CD

少年ヤング
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/denki/

ずいぶんとお久しぶりの電気グルーヴのシングルは、ゲスト参加のヒダカトオルのギターが子気味良いエレポップ。
雑誌などを見ると、自分が求めているような電気が帰ってきた、と好意的に受け止めている方が多いようですね。しかし私はといいますと、電気グルーヴを本格的に聴きだしたのが『A』からという人間なので、別段初期のエレポップ路線が好きということもなく、じゃぁ電気で一番好きな曲はと問われれば、 “Nothing’s Gonna Change” なんだけど、ああいった路線を電気に求めているかというとそんな事もなく、何だかんだで自分が電気に、ある一定のスタイルを求めていない事に気が付いた。
では私が電気に求めているものが何なのかというと、単純に面白さとサウンド・クオリティの両立で、そういった意味では今作は全然面白くない。とはいっても前作の『VOXXX』の時だって、先行シングルの時点では不安の方が大きかったわけで、今回もアルバムにはゆるく期待しておきます。

amazon.co.jp

InK / InK PunK PhunK

InK PunK PhunK
http://www.ink-net.jp/

結局 InK の前作って買い逃したまんまなんですが、次作は当分出ないと思われたところに、わずか1年ほどで出たセカンド。
聴く前はこのユニットの音ってディスコ・ダブっぽいの想像してたんだけど、ここでは随分雑多というか、今時のスタイルを総ざらいみたいな感じも少し。
しかしそれが借り物的な音や器用貧乏になっていないのは、石野卓球と川辺ヒロシのセンスの確かさなんでしょう。
あと全体的にテックな感じが強いのも良かった。
ここ5年くらいの卓球の仕事の中では一番好きかも。

視聴
amazon.co.jp

Denki Groove/VOXXX(LOOPA)2LP

lpa-013.jpg 
http://www.denkigroove.com/

LOOPA の13番は電気の今のところの最新作になるのかな?結局私は電気のオリジナル・アルバムってこれと『A』しか持っていないんだけど、どっちかといえばこれのほうが好きかな。

当時卓球はインタヴューで、電気のサウンドをテクノに括られることに対して強い嫌悪感を示していた記憶があるんですよね。で、確かにこれがテクノかって言われるとなかなか微妙な気はするんだけど、非常に優れたダンス・ミュージックではあると思うんですよね。とくに曲数をしぼったアナログの方を聴くとより強く思います。前作からの流れからすると予想外にエレクトロの要素が強いんだけど、どれも重心低めで四つ打ちの曲も多いので、エレクトロ苦手な私でもかなり楽しめます。そしてこういうカッコイイ音があってこそ、人生の頃を彷彿とさせるといわれた破天荒さも活きると思うんですよね。やっぱろスチャダラとやったやつはそれが足りなかったんじゃないかなぁ、とこれ聴いて思った次第です。
“Denki Groove/VOXXX(LOOPA)2LP”の続きを読む

Denki Groove/FlashBack Disco(LOOPA)12″

jkt_flashback_a.jpg 
http://www.denkigroove.com/

長らく引っ張ってきた LOOPA 特集なんですが早くも山場です。全然カタログ紹介してないじゃん、って感じなんですが、私が買っていたのは卓球電気関係だけで、 TASAKA と WIRE 関連のは持ってないんですよね。だから自分としては「オール・カタログ・レヴュー」という言葉は周到に避けてきたつもりなんですが。どうもすんません。

では気を取り直して LOOPA の12番です。因みに11番は前回紹介したコンピのCD盤。
このシングルって電気のシングルの中でも比較的影の薄い部類に入ると思うんだけど、思い出してみればソロ活動~砂原良徳脱退を経ての復活第一弾だったんですよね。当時は砂原良徳のソロ・アルバムの出来の凄まじさに、再び3人の才能が併合したときのことを夢想していただけに非常に残念に思った記憶があります。

そして出てきたシングルは、こちらの期待をかわすかのように卓球ソロ路線のディスコ・トラック。まぁ”SHANGRI-LA”からの流れを考えれば自然なんだけど、当時は期待が大きかっただけに肩透かしでしたね。何だかんだいってこのポップさは好きだけど。
“Denki Groove/FlashBack Disco(LOOPA)12″”の続きを読む