SLEEPARCHIVE / ARCHIVE NUMBER 013 (Sleeparchive) Flac

SLEEPARCHIVE / ARCHIVE NUMBER 013
http://www.sleeparchive.de/

なんだかんだで地道に活動してる Sleeparchive さんのシングル。

まぁこの人の場合は音がミニマルな分、時代がどうなろうと変わらない感じなので、今作もいつもの Sleeparchive ではあるのだけれど、その変わらなさは素晴らしいなと。

“SLEEPARCHIVE / ARCHIVE NUMBER 013 (Sleeparchive) Flac”の続きを読む

Sleeparchive / And in His Eyes I Saw Death (Sleeparchive) flac

Sleeparchive / And in His Eyes I Saw Death (Sleeparchive)
http://www.sleeparchive.de/

ミニマルといえばこの人を忘れてはならない、という感じの Sleeparchive こと Roger Semsroth さんのシングル。

レーベルとしての Sleeparchive は昨年までリリースがしばらく止まっていたものの、アーティストとしての Sleeparchive は緩やかながらもリリースは続いていたんですが、そのどれもが以前の彼のスタイルの縮小再生産のように思えて積極的に聴く気にならなかったんだけど、今作はかなり良い。

とはいっても今作が何か新しい事をやっているのかというとそんな事はなく、荒々しいリズムで押し通すいつもの Sleeparchive なんですが、私が好きな5番~7番の頃を思わせる勢いがあり、それだけで嬉しくなってしまう。

中でもキックの低音と連打されるドラムが鼓膜を揺らす “And in His Eyes I Saw Death” と、地鳴りのようなベースとキックが強烈な “The Maid in the Kitchen” は白眉。

Sleeparchive も気がつけば10年選手ですが、これからもまだ楽しませてくれそうです。

“Sleeparchive / And in His Eyes I Saw Death (Sleeparchive) flac”の続きを読む

Albert van Abbe / No Comment_0007 (No Comment) mp3

Albert van Abbe / No Comment_0007 (No Comment)
http://www.albertvanabbe.nl/

オランダのプロデューサー Albert van Abbe が2013年に発表したシングル。

私はこの人の名前を今作ではじめて知ったのだけれど、2011年から自身のレーベルである No Comment から作品を発表していて、2012年に Last Foundation からアルバム、そして最近 Curle Recordings からシングルを出している以外は、 No Comment からのリリースしかないみたい。
つまりまだそれほど作品の数が多い人ではないのだが、このレーベルからのシングルに参加したリミキサーの人選(Sleeparchive、Convextion、Conforce、Abdulla Rashim)を見れば大体想像がつくように、モノトーンなミニマル・テクノ。

重量感と同時に性急さも感じさせるキックの上にノイズが乗るだけの序盤から、パーカッションにハイハット、そして波紋のように連なる事なく鳴っては消える上モノと、音数は徐々に増えていくものの、それほど熱量はなく終始淡々としているので非常に地味。ただそれと同時に、鳴っている音自体は攻撃的で荒々しく、またよく練られたダンス・グルーヴを有しているので機能的という、相反するような要素をさらりと同居させていて面白い。

2曲目の Mohlao によるリミックスは激しいリズムのミニマル・ダブ。キックだけに頼らずベースを絡めながらリズムを作り出していて、こちらもかっこいい。

ちょっとこの人の動きはこれからも注視して生きた。

ちなみに3曲目は先のアルバムの再録みたい。

視聴

“Albert van Abbe / No Comment_0007 (No Comment) mp3″の続きを読む

Sleeparchive / Ronan Point (Tresor) 12″

Sleeparchive / Ronan Point (Tresor)
http://www.tresorberlin.de/

しばらくリリースのなかった Sleeparchive こと Roger Semsroth さんの久しぶりのシングル。

彼はリミックスやコンピなんかでは色々なレーベルから出しているものの、単独作には関しては自身のレーベル以外から出したことがないんだけど、それがこの復帰作というタイミングで、しかもかつてはハード・ミニマルの代名詞であった Tresor からとなれば期待するなという方が無理な話という感じですが、蓋を開けてみれば良くも悪くもいつもの Sleeparchive 。

荒々しいベースラインにパルス音のような上モノがのるアシッド・ミニマルは確かに相変わらずかっこいいし、ミニマリズムというのがそれほど急激な進化というモノが望めないというのも分かるんだけど、これはちょっと肩透かしですかね。

彼のトラックには他の人にはなかなか真似できない肉体性があるだけに頑張ってほしいんですけどね。

Ronan Point - Sleeparchive

Lee Brasco, Kidnap & Ransom, Juan Atkins, sleeparchive, RATLAP, Echodub

またフリーの音源をまとめていくつか。

Lee Brasco / Welcome to Lee Brasco
『Lee Brasco / Welcome to Lee Brasco』
2007年ごろから活動しているらしいロンドン出身のグライム MC のミックステープ。
グライムのミックステープって頭からケツまで押しまくるものが多い印象なんだけど、これは1曲目がメロウなミドルナンバーで意表をつかれるし、それに続くファストラップの曲も堂に入っている。それ以降も緩急つけながら様々なスタイルの曲があり、広義のヒップホップ作品として楽しめる。トラックの完成度がどれも高いのも個人的には嬉しい。傑作です。
ダウンロード

“Lee Brasco, Kidnap & Ransom, Juan Atkins, sleeparchive, RATLAP, Echodub”の続きを読む