電気グルーヴ×スチャダラパー/電気グルーヴとかスチャダラパー(Kioon)CD+DVD

kscl844.jpg http://www.dgsdp.com/

いやぁ、なんていうか、これこそなんともいえない感じ。個人的にはここ数年でもっともなんともいえないアルバムではないでしょうか。まぁ出来自体は悪くないと思うんだけど、どうもつかみ所がないというか、やっぱりあくまでガス抜き的な要素が強い気がするんですよね。なんか内輪ノリが強いのも好きになれないし。それに意地悪な言い方をすると、やっぱり昔面白かった人達の集まり、見たいな感じがしちゃうんですよね。で、実際面白いかというと微妙だし。
これは私がスチャダラパーを好きじゃないからというよりは、どちらかというと電気に問題あると思うんだけど。う~ん、なんかごめんなさい。
“電気グルーヴ×スチャダラパー/電気グルーヴとかスチャダラパー(Kioon)CD+DVD” の続きを読む

Dragon Ash/Rio de Emocion(VICTOR)CD

vicl-61724.jpg 
http://dragonash.co.jp/

以前に書いたようにどうもここ数作の、古谷君のメランコリーって好きになれないんだけど、ここでもそれは続行中。
そういった印象を抱かせるのは彼の心情によるところが大きいんだけど、それとは別に音楽性の問題もあると思うんですよね。

以前より彼らはブレイクビーツ~ドラムン・ベースに深い傾倒を示していたけれども、それはあくまでロック的なタテのりな使い方だったんですよね。それが前作でダブを取り入れたことにより(どちらが先なのかは分からないけれど)ヨコゆれに変化していていました。分かりやすく言うと参照点がアタリからADFになったといいますか。
まぁ、そん変化自体はしようがないとしても、それによって以前の彼らが持っていた勢いというものが色んな意味で減少してしまった気がするんですよね。

この新作では今までのロック、パンク、ヒップ・ホップ、ダブという音楽性に加えて、何故か新機軸としてラテンの要素が大幅に加えられていて、なかなか類を見ない珍妙な音楽に仕上がっていて、でもそれに相反する完成度も持ち合わせていて、まぁ面白いっちゃぁ面白いんだけど、でも私にはやっぱりしっくりこない。
だって「木枯らしがくれた flow」だよ?それよりは青臭く「共闘共闘」言ってる古谷君のほうが私は好きだなぁ。
“Dragon Ash/Rio de Emocion(VICTOR)CD” の続きを読む

TAHO/Remixes(Lumina)CD

lumina-006.jpg 
http://luminaradio.com/

なんか今日はまったりと眠くてやる気が出ないので(だったら寝ろよ)、なんともいえない感じの作品をダラダラと紹介しようかと。

この人の作品は何度か耳にしていて好印象は抱いていたんだけれども、詳しくは全く知りません。で、これは彼のリミックス集。たしかずっと買おうかどうか迷っているところに HMV のセールで800円で売っているのを見つけて買った品。

内容のほうは予想通りのデトロイト。でも今まで気がつかなかったんだけど、淡い霧のようなディレイが全編かかっていて、まぁ有体に言えばデトロイト+ベーチャンみたいな感じ。いまひとつ「これ」といった個性に乏しい感じではあるのだけれど、クオリティ自体は非常に高く、さらにリミックス盤という性格上、全編フロア仕様なのもいい。
なかなかの佳作かと。

この商品を Amazon で購入する
この商品を iTunes Music Store で購入する→Taho - Remixes

“TAHO/Remixes(Lumina)CD” の続きを読む