韻踏合組合/VOL.3~5(IFK)CD

vol.3.jpgvol.4.jpgvol.5.jpg 
http://www.infumiaikumiai.com/

まだ LOOPA 特集も終わってないというのに、なんとなく関西特集です。いや、うそです。でもそうでもない?どうだろう。とにかく面白いと思った作品や、これから買うつもりのCDで関西のアーティストが増えてきたので、そこら辺をぼちぼち紹介していこうかと。

一応自分の中で色々特集したい事が多いので、これからは気分しだいで同時進行するつもり。っていうかこのブログはもっと気楽に数書く事に決めた。でも更新頻度は上がるかわかんないけど(なんだそれ)。

ということで、自分にとって関西というと何を置いても韻踏合組合。彼らはアメリカ村を中心に活動する、幾つかのグループからなる集合体のようなもの。彼らのメジャーデビュー作『クリティカル11』は正にクラシックだと思うんだけど、その後集合離散を繰り返し、今では CHIEF ROKKA と HEAD BANGERZ の2つのグループ、6人のメンバーに落ち着いています。これは昨年自身のサイトを中心には発売していたEPシリーズ。最近になってここからの曲に数曲の新曲を加えた『TRASH TALK』というアルバムが出てます。

私にとって彼らの魅力というと独特のユーモアの感覚と、多くの湿り気を含んだような、重たい空気を足元にまとわりつかせているような雰囲気だったんですよね。でもその雰囲気は前作『ジャンガル』の時点で薄まりつつあったし、ユーモアの部分の多くを担っていた OHYA (現達磨様)MINT が脱退しちゃうしで、正直これを聴く前は少し不安でした。

でも、確かにその二つの要素というのは後退したけど、世界の底から冷ややかな目線で淡々と見続けているような感覚は健在。しかも今までになかったような完成度も手に入れていて、バウンスと和風なサンプルの融合にはさらに磨きがかかっています。そしてそんなバウンス・ビートも、彼らのラップが乗るとその重たい空気のせいであんまりバウンスしないのがやっぱり面白い。

基本的にどの曲も好きなんだけど、その中でも特に好きなのが “DBマーチ” 。この曲だけ『TRASH TALK』に収録されてないんだけど、多分サンプルに使われている「赤い灯~青い灯~道頓堀の~」と唄われる大衆歌?のクリアランスが問題だったんですかね。彼らにしては珍しく地元愛がストレートに出ていて、いや、これはちょっとグッとくる。
“韻踏合組合/VOL.3~5(IFK)CD” の続きを読む

Rhythm & Sound/SMY Remixes #1(BURIAL MIX)12″

bmx-1.jpg
http://www.basicchannel.com/

昨年出たアルバム『See Mi Yah』過去記事)のリミックス・シリーズの一枚目。
さすがベーチャン、って感じのリミキサーの豪華さにどうしても目がいってしまうのですが、何気にベーチャンのリミックスって珍しいですよね。しかもリミックス盤ともなると、もしかしたら初めてなのではないでしょうか。
とはいいつつも私としては Villalobos のリミックスが気になってしまうのですが、これはイマイチかなぁ。一応『Alcachofa』以降の彼の作品はほとんど聴いてると思うんだけど、多分一番好きじゃない。基本的に原曲を生かしつつ、アブストラクト・ハウスに引き伸ばしたような感じなんだけど、どうも彼の変態性が発揮されてないんですよね。
その代わりといってはなんだけど、他の2組はかなりいい。
Vladislav Delay は Luomo 名義とはまだ少し違った感じのポップなエレクトロ・ハウスに仕立て上げ、 Tikiman は原曲をさらにダブダブのモクモクに。
ちょっとこれからが楽しみなシリーズですね。

視聴→Rhythm & Sound - See Mi Yah Remixes

[Tracklist]