IN FLAMES/COME CLARITY(FERRET)CD

f062.jpg
http://www.inflames.com/

In Flames って90年代中頃、メロディック・デス・メタルが流行ったときにデビューしたバンドで、その時は新世代のバンドってなイメージだったんだけど、気がつけばもう10年選手なんですね。

つまりは彼らのことはデビュー時から知ってるって事なんだけど、どうもタイミングが合わなくて、今までアルバムって聴いた事なかったんですよね。
でも何故かライヴは一度だけ見たことがあって、まぁ音楽に関してはうるさいなぁくらいしか覚えてないんだけど、その時はMCが印象的で。見た感じは長髪に黒づくめといかにも怖そうなメタルの人なんだけど、たまにしゃべると「みんな元気かぁ~・・・・・・、俺は疲れたよ」とか、「もっと見たいかぁ~・・・・・・・、じゃあ明日また来てくれ」などと妙に脱力系で、そのギャップから随分といい人たちに思えたものでした。

なもんで、聴く前は正直微妙な心持だったのだけれど、これはかなり燃えますね。

まず私が聴いて思ったのは、このアルバムは音がものすごくクリアなんですよね。ちょっと今はどうなのか分からないんだけど、私が熱心に聴いていた10年位前のメタル、特にデス・メタルやブラック・メタルなんていうのは音が悪いのが普通だったので、これはちょっと驚きでした。そして低音もひかえめで、ものすごくヌケがいい。そしてこの音作りが物足りないのかというと全然そんなことないんですよね。

曲自体は文字通りメロディックなデス・メタルなんだけど、昔のメロ・デス(ごめんね、いちいち昔のとしか比較できなくて)がメロディのパートと激しいパートが比較的分かれている印象だったのが、このアルバムでは一切が淀みなくつながっていて、しかも展開自体も多いながらも不自然さが全然ない。つまりメロディとブルータルな部分が違和感なく同居してます。
そしてそこに乗るヴォーカルがかなりソウルフルで、ほとんどデス声というよりはわめいてる感じに近いんだけど、時には激しく、また時には嗚咽のように悲しみを滲ませたりと、正直言うとかなり感情過多。
だからこんな展開の多い曲に感情過多なヴォーカルを組み合わせると、非常にくどいものになる感じがするんだけど、ここで前述した音作りが生きていて、不思議と聴きやすいものにしています。

いや、まぁ普通の感覚でいったら十分濃くてやかましい音楽なんだけど、このアルバムが最近のメタルの決定打、なんて事を言われても納得してしまうような、そんな風格さえ備えたアルバムではないかと。
“IN FLAMES/COME CLARITY(FERRET)CD” の続きを読む

Soulphiction / state of euphoria (Sonar Kollektiv) 2LP

SK080LP.jpg
http://www.sonarkollektiv.com/

Soulphiction こと Michel Baumann が主催するレーベル、 Philpotアーティスト・ページを見ると、「Jackmate はシカゴに影響されていて、Soulphiction の背景はヒップ・ホップ」みたいな事が書いてあります(超適当)。実際彼の Jackmate 名義でのアルバム『Prodigal Son』は、クリック・ハウスとシカゴ・ハウスの橋渡しをするかのような内容だったのだけれど、そこから3年、この名義では初となるアルバムです。

最初リリース元が Sonar Kollektiv というのは意外に思えたんだけど、元々この名義にはジャズ的な感覚がうかがえるのと、このレーベルが Ame『Rej』の大ヒットにより、最近のミニマルともリンクし始めてる事を思えば納得という感じでしょうか。

で、以前この名義での『soulphiction EP』(過去記事)を紹介したときは、そのデトロイト・ハウスとの類似性にばかり気がいってしまったのだけれど、今作では前述の通りヒップ・ホップ、そしてさらにブラック・ミュージック全般からの影響を全面に出していて、これがもうとんでもなくカッコいい。

基本はこの名義らしいダウン・ビート・ハウスなんだけど、全編昔のレコードを思わせるチリチリとした質感で統一されているのがまず素晴らしい。そして先にシングルで出ていた “used” を筆頭にソウル色が強めなんだけど、他にもヒップ・ホップやジャズ、ファンクなどの影響も滲み出ていて、安易な借り物じみた感じがないんですよね。
そして、このアルバムを決して回顧主義的なものにしていないのがビートで、上モノは声ネタとかを使ったファンキーなものなんだけど、その上モノを跳ねさせないかのように重くくぐもったビートが鳴っていて、そこで生まれる独特な倦怠感がものすごく今っぽい、っていうかブルースにも近いものを感じます。

さらに、敢えて MoodymannTheo Parrish なんかと比べるのならば、この2人のような、ある種のゲットー・ミュージックの持つ魂の根源的な美しさみたいなものはないんだけど、様々な音楽からの影響が融合した芳醇さみたいなものはこちらの方が上ではないでしょうか。

このアルバム以降発表された2曲を聴く限り、また違った方向性を探っているようだけど、今後がますます楽しみな人ではないでしょうか。

視聴→Soulphiction - State Of Euphoria

購入→amazon
“Soulphiction / state of euphoria (Sonar Kollektiv) 2LP” の続きを読む

CD3枚、12インチ9枚

NEIL YOUNG/LIVING WITH WAR
REKID/MADE IN MENORCA
BERN/NO MORE WARS EP
V.A./Wanda’s Wig Wax ep
LOUDERBACH/Black Mirror ep
VIVIANNE PROJECTS/Strangers ep
ANDY VAZ/9-9
ADD NOISE/THE CHA*CHA MACHINE
REPEAT ORCHESTRA/THE MAKING OF
DB/GOD S WILL PHONE CENTER EP
V.A./Buzzin’ Fly Vol.3 : The Special Remixes EP
Cocco/ザンサイアン

なんか病んできてる。

ZEEBRA/The New Beginning(Pony canyon)CD

pcca02225.jpg
http://www.zeebra.jp/

これはレンタルしたやつ。

別にどっちが良いというわけではないんだけど、昔から、ただ好きなように音楽やってる人よりは、何か具体的な意思を持って活動してる人に関心がいってしまいます。さらにいうと「売れる」という事に対して意識的な人にどうしても惹かれてしまいます。
そしてヒップ・ホップって、例えばレゲエやハウスと違ってメインストリームになるという明確な答えを出した音楽だと思うんだけど、その分ヒップ・ホップを背負っていこうという意思を前面に出してる人って少なくなった気がします。

そういった意味において Zeebra という人は常に気になる人で、彼の本物のヒップ・ホップを浸透させようという姿勢を知っているからこそ、話題になった “Street Dreams” のような、下手するただの自画自賛になってしまいそうな内容も、説得力を持ってこちらに響いてくるのだと思います。さらにこの曲の後に TWIGY と D.L. が参加した曲が続くのだけれど、ある意味現在ヒップ・ホップからは距離を置いてる二人を参加させ、尚且つ各自のアルバムに、それぞれ3者が共演した曲を収録するという企画も Zeebra がいるからこそ成り立つものだと思います。

まぁ内容に関しては、もろにUSメインストリームなトラック群とか、女とどうしたとかくだらねぇリリック(歌詞)の曲が多いとか、個人的には好きとはいい難い部分も多いのだけれど、それでもこのアルバムには上記のような彼の明確な意思が張っていて、そこは評価したいです。

でもだからこそ、いかにも受け狙いな “Do What U Gotta Do” はいらなかったんじゃないかと。

購入→amazon
“ZEEBRA/The New Beginning(Pony canyon)CD” の続きを読む

ANDY VAZ/REPETITIVE MOMENTS LAST FOREVER…(PERSISTENCEBIT)2LP

VAZBIT09.jpg
http://www.persistencebit.com/

ドイツ、デュッセルドルフ出身で、同地において background 、及び Soundvariation というレーベルを運営する Andy Vaz
彼はその長い活動暦の中でも、正規盤としては2枚のライヴ盤と1枚のリミックス盤しか出しておらず、これが意外にもオリジナルとしては最初のアルバム。

元々 background というレーベルは TERRENCE DIXON の作品をリリースするために設立されたものであり、 Andy Vaz は彼のミニマリズムに強く影響を受けたらしいが、さらに遡ると初期のヒップ・ホップが原点だという。
その事を物語るように彼の作品には独特のタメをもったリズムの曲が多いが、今作では一層力強く鳴らされている。ならそれによってフロア寄りの作品になっているのかというと、必ずしもそんな事はなっていない。今までの彼の作品には、どこか他者を寄せ付けないような無機的なところがあったが、ここではその感覚はそのままに、どこか不穏な空気というものを湛えていて、ゆっくりと蠢くように変容するサウンドと共に体にまとわりつくようで、その独特な質感がこの作品を、他の同種のサウンドは一線を画したものにしている。しかもその質感も、例えば以前紹介した louderbach のように湿り気を含んだ重いものではなく、あくまで乾いた重さを感じさせないものだというのも面白い。

普段からこの手のサウンドに慣れ親しんでない人にはなかなかにキツイ内容だと思うが、最近のものでは傑出した傑作。
“ANDY VAZ/REPETITIVE MOMENTS LAST FOREVER…(PERSISTENCEBIT)2LP” の続きを読む

TONY ROHR/Loves you all(WEAVE)3LP

WEAVE-13LP.jpg
http://www.weavemusic.net/

Tony Rohr って全然知らないと思ってたんだけど、何気に以前取り上げたことあるんですね(過去記事)

多分この人って一貫してハードなミニマルを追及してるんだろうけど、それはここでも変わらず。でもこの人は流石というか、よくある音圧頼みのものではなく細部まで良く作りこまれていて、鑑賞にも耐えられる出来になってます。しかも全体的に過去のテクノを現代的にアップ・デートしたような感じの曲も多く、多分最近のベイヤーにはガッカリ、ってな人にも聴きやすいのではないでしょうか。
まぁ贅沢をいえば、ちょっと作りが手堅すぎる感じはするんだけど、その分聴き込むうちに良くなってくるところもあって、いいアルバムだと思います。
“TONY ROHR/Loves you all(WEAVE)3LP” の続きを読む

餓鬼 RANGER/GO 4 BROKE(VICTOR)CD

vicl-61838.jpg
http://www.jvcmusic.co.jp/gakiranger/

バウンス・ビートでも畳み掛けるような勢いが印象的だった1、2作目。そこから一転ゆるゆるだった3作目(過去記事)。そしてこの4作目は冒頭のギターに象徴的なように、明確に進化を望んだような内容になってますね。
で、最初そのギター聴いたときは全編ロック仕様なのかと思ったんだけど、実際には今までの和風なフレーズをまぶしながらも、比較的どっしりとしたファンク度高めな曲が並んでます。
まぁそれは別にかまわないんだけど、どうも各曲の方向性がバラバラというか、もっというとグルーヴの種類が違う曲がランダムに並んでるもんだから流れとか勢いがイチイチ途切れるんですよね。だから各曲の出来自体は悪くないんだけど、ひどく散漫な印象を受けてしまいます。過渡期という事でしょうか。
Kreva から、Shingo☆西成擁する ULTRA NANIWATIC MC’S (いい名前!)までと、ゲスト選びのセンスは流石なのだけれど。
“餓鬼 RANGER/GO 4 BROKE(VICTOR)CD” の続きを読む

mike shannon/possible conclusions to stories that never end(~scape)CD

sc36cd.jpg
http://www.scape-music.com/

現時点において、ミニマルの中心地がベルリンだというのはまず間違いのないところなのだけれど、個人的にはベルリンの磁場からある程度はなれた動きをしているカナダのアーティストに惹かれてしまいます。
例えば Akufen こと marc leclair は、昨年のアルバム以降(過去記事)、以前のカット・アップ・ファンクからは想像もつかないような静かな世界を描いているし、Mathew Jonson はますますサイケデリックな色合いを増し、DeadbeatPole との関係性を強めますますダブへと傾倒しています。
そして自身のレーベル Cynosure を主催する mike shannon のこのアルバムも、同様に最近のミニマルからは距離を置いた内容になってます。

Force Inc. からの前作『Slight of Hand』はかなりフロアを意識したようなクリック・テクノだったのだけれど、今作はレーベルを意識してかミニマル・ダブっぽい意匠を強くしています。しかし単純にレーベル色に染まったとかいうわけではなく、同時にジャズの色も非常に強く、しかも歌モノの曲が多く配されているというなかなか独特な世界を作り出しています。特に4曲でヴォーカルをとる Anais という女性のソウルフルな歌唱が白眉なのだけれど、それを包み込むような音作りもまた素晴らしい。しかも終始穏やかな世界を描きながらも緊張感が損なわれる事はなく、そのストーリー性のある流れと相まって、何かを暗示するようなラスト2曲は特に印象的です。
「終わらない物語」の「最後の日」とは?
これからも聴きこんで読み解きたい気分にさせるアルバムです。
[Tracklist]

CD3枚、12インチ5枚

Thomas Schmacher/HOME
MTT JOHN/BEHIND THE ATOMS
butane/patience ep
Shadow Huntaz/Corrupt Data/Valley Of The Shadow Instrumentals CD
QUENUM/The four seasons
liebe ist cool/2

中古
Frivolous/the romantek ep
OLIVER HACKE/LICHTUNG EP

昨日寝ちゃった。

WIGHNOMY BROTHERS/Moppal Kiff(Freude-am-Tanzen)12″

fat026.jpg
http://www.freude-am-tanzen.de/

今日は朝からブログのカスタマイズをちょこちょこやってたんだけど、なかなか上手くいかなくて結局ものすごく細かいところを変更したに留まってしまいました。
本当はそろそろ Movabletype に移行したいと思ってるんだけど、こんなんじゃ当分無理だなぁ。
CSS 勉強しなきゃ。

ということで疲れたのでシングル簡単に。

この人たちって多分出すの『3 Fachmisch』以来かな?
とはいえコンピとかには何曲か曲提供してたんだけど、それを聴くとどれも『3 Fachmisch』のヴァリエーションって感じで、この人たちもネタ切れかな、なんて思っていたのですが、まぁ今回の曲もそうかなぁ。
これも淡々としたキックにデンデケした中音域の音が入ってきて盛り上がる、って感じなんだけど、なんかここまでいくといいかな、って思えてきました。
昔近田春夫が「アーティストの真価は、低迷しているときにいかにしのげるか」みたいなことを書いてたけど、多分この人たちもそういう時期なんじゃないのかなぁと。
とりあえずクオリティ的には問題ないので、これと去年出たリミックス・アルバム聴きながら次の山をゆっくり待ちたいと思います。
[Tracklist]

CRAIG DAVID/THE STORY GOES…(Teacup)CD

2564625222.jpg
http://www.craigdavid.co.uk/

この人もデビュー当時は2ステップの貴公子ってなイメージだったのが、いつの間にR&Bの人になっちゃいましたね。
でも例えばアメリカのものなんかに比べるとずっと線が細く、それがこの人の持つ甘さとよくマッチしていて男の私もメロメロです。しかも今作はギターが非常に印象的なアレンジが多くて、それがいいアクセントになっているのか甘くなりすぎず爽やかな印象を残します。
でもって歌の上手さには定評のある人だし安心して聴いてられます。
まぁ何曲かあるUSかぶれな曲は好きになれないんだけど、それでも個人的には大満足な1枚です。
“CRAIG DAVID/THE STORY GOES…(Teacup)CD” の続きを読む

Beck/Guero(Interscope)CD+DVD

guero.jpg
http://www.beck.com/

これもなんか聞き流し系。
っていうかジャケット見える?

この人の前作って名曲揃いの傑作だったと思うんだけど、受けがイマイチだったからなのか今作はまたミクスチャー路線。
そうするとどうしても曲よりも音楽性のほうに耳がいってしまって、そこには特に目新しいものもなく、あんま面白くないです。
曲は悪くないし、南部系のサウンドが多いのも好きなんだけどね。
あと期待してたリミックスもおもしくなかった。
“Beck/Guero(Interscope)CD+DVD” の続きを読む

一青窈/&(Columbia)CD+DVD

cocp33444.jpg
http://www.hitotoyo.ne.jp/

この人の前作はそこはかとなく漂う情感が非常に心地良く、年間ベストに選んだほど愛聴してたんだけど、今回のは微妙かなぁ。

今作では意識的にポップな作風を目指したらしいんだけど、そのせいかどうも全体的に大味で、せっかく魅力的な情感が損なわれちゃってるんですよね。この人の声って結構クセがあるから楽曲をポップにするという方向性に異論はないんだけど、やっぱそこら辺のバランスとるにはまだ経験不足なのかしら。
個人的には “Oh la la” や “&” のように、簡素なアレンジの方がこの人の声は映えると感じます。
“一青窈/&(Columbia)CD+DVD” の続きを読む

hertz/perspective(SWAY)2CD

lc12272.jpg
http://www.swayrec.com/

これも下のと一緒に買ったやつ。

っていうかどうでもいいのから先に紹介しちゃうとか書いた割には、そのどうでもいいのさえ何ヶ月も前のじゃん!

ここでは何でか書いてるんだけど、ハード・ミニマルに関しては SURGEONARCHETYPE がある種の頂点だと思っているので、クリックにはまった事もアリ、それ以降は全然聴いてないんですよね。だからこの人も聴くの初めて。

ハード・ミニマルってメタルと同じでカタルシスの部分が大きいとは思うんだけど、そうすると音楽的には様式化するのって仕様がないと思うんですよね。だから先鋭的な方向に行かず、安定感のあるクラブ・トラックばかり作り続けるのも一概に悪いとは思わないんですよ。でも、音楽にカタルシスを求めていたって、そこから新たな快楽原則を見つけようと思ったら多少の実験って絶対必要なはずなんですよね。

じゃぁそういうものがこのアルバムにあるかというと、正直無いといわざるを得ないです。まぁ既発の12インチを集めたものだから、っていう部分もあるんだろうけど、これじゃぁ5年位前から一歩も進んでないんじゃないかなぁ。

ん~、やっぱり90年代前半のメタル・シーンを思い出さずにはいられないです。
“hertz/perspective(SWAY)2CD” の続きを読む

mauro picotto/superclub(bakerloo)2CD

bakercd02.jpg
http://www.meganite.co.uk/

どうも前からの悪い癖だなぁとは思っていうるんだけど、このブログで紹介するとき、自分の好きな作品はきちんと聴き込んでから紹介したいと思ってしまって、ついそういうのは後回しにしちゃって、気がつけばどうでもいい作品とシングルばかりを紹介しているという事が多々あります。まぁ直さなきゃいけないなぁとは思ってるんだけど、とりあえずぼちぼちいきます。

ということでこれもどうでもいいやつです。

今年の最初の方に、なんとなくハード・ミニマルが聴きたくなって買いました。でも全然ハードじゃないね。っていうかこの人元々トランス畑の人なんですよね?よく知らないんだけど。

この作品は2枚組みになっていて、クラブ・トラックを集めたものとダウンビートものに別れてます。なんか2つのレーベルからミックスされてるのと、ノン・ミックスのが出てるらしいんだけど、これはミックスされてないやつ。
ダンスものの方は基本的にひたすら扇情的なシンセが乗るテクノ。リズムがでんでけした感じのが多いから卓球がプレイするってのもわかる気がするんだけど、私としてはここまで大味な作りだとやっぱりキツイ。何曲かはリズムとシンセがしっかり合致していて気持ちいいんだけど、その瞬間も長続きはしないし。
これだったら素朴なエレクトロニカだったりエレポップだったりする2枚目の方がまだ聴けるけど、これとて特に惹かれるものはないなぁ。

とりあえずトランスへの道のりは遠そうです。
“mauro picotto/superclub(bakerloo)2CD” の続きを読む

Jeff Mills/Natural World(Purpose Maker)12″

pm021.jpg
http://www.axisrecords.com/jp/

最初これを店で視聴したとき、「この人流のブリープ・テクノ?」なんて思ったんだけど、家帰って聴いたら全然そんな事なかったですね。

この人については『Every Dog Has Its Day』以降、ずっとマンネリに陥ったままだと思っているんだけど、今作は少し変化がみられます。

頭に書いたブリープ音は、よくよく聴いてみれば彼がよく使うヴァイオリンに軽くディストーションかけたみたいな音色で、曲全体もパッと聴いた感じはいつもの Jeff Mills 。
でも今作はリズムの感じが少し違っていて、今までが硬い拳のようなキックだったとしたら、これは張り手のようなもっとべタッとしたキックというか。まぁ具体的にいうと、キックとベースの境目がより曖昧で、つまりはグルーヴ的には今のミニマルに近いものになってるんですよね。
他の2曲も、曲はいかにもなコズミック・ファンクながらBPMが抑え目で、ミニマルと親和性の高いものになっていて、いや、なんかこの人の今後がちょっと興味深くなってまいりました。
“Jeff Mills/Natural World(Purpose Maker)12″” の続きを読む

V.A./bits to phono(Mo’s Ferry)2LP

mfp20-cover.gif

Mo’s Ferry といえば、以前紹介した Dapayk が主催するレーベルなんですが、そこからのコンピという事で当然私なんかは期待してしまうわけです。

でまぁ、喜び勇んで視聴なんかした訳ですが、その時から少し違和感は感じてたんですよね。なんか参加してる面子がこのレーベルとは馴染みのない人が多いなぁとか、曲が今までのレーベル・カラーと少し違うなぁとか。

それでも内容は良かったから買ったわけなんですよ。で、家で聴いてたんだけど、裏ジャケの曲クレジットの横にサイトのアドレスが書いてあるんですね。最初はアーティスト自身のサイトなのかと思ったんだけど、その中に textone の名前があったので、もしやと思って調べてみたら、案の定これって全部ネット・レーベルで発表されてる曲なんでやんの。

まぁ曲自体は良かったからいいといえばいいんだけど、だったら未発表音源が加えられてミックス形式になってるCD買った方が良かったなぁ。

ん~、なんかがっかりです。

下にサイトのリンク張っといたんで、好きな人は自作してください。
“V.A./bits to phono(Mo’s Ferry)2LP” の続きを読む

CDR2枚、LP3枚、12インチ3枚

Legend オブ 伝説/Dear Customer 1.5
サイプレス上野とロベルト吉野/LIVE@o-nest
AUDIO WERNER/PERLON 55
Thomas Melchior & Luciano/Solomon’s Prayer
The Mole/IN MY SONG
V.A./bits to phone
Jetone/Sundown
SOYLENT GREEN/LA FORZA DEL DESTINO

ちょっとたがが外れてきたかも。

KORN/See You OnThe Other Side(Virgin)2CD

korndp-1.jpg
http://www.korn.com/

今週はブログ更新しまくりたいなぁ~、なんてことを思っていたのだけれど、もうこんな時間ですね、どうしよう。

ってことで夕暮れ時に KORN を聴いております。
普段洋楽誌を読まないので、彼らが一体今どういうポジションなのかって正確には分からないんだけど、結構微妙な感じなんじゃないかと思うんですよね。で、これもなんか微妙なアルバムですね。

この人たちは前々作で露骨に音楽性を広げて見せたわけだけど、やっぱ気に入らなかったようで、前作ではまるで剥き身のようなアルバムに仕上げてきたわけです。なのに今作は前々作の路線を受け継ぐような作風なのはどういうことなんでしょうか。
以前のような重さというのはすっかり影を潜め、極端な言い方をするとまったりとした歌モノ路線。まぁ出来自体は悪くないんだけど、昔からのファンを黙らすような新たな音楽性も、バンドを代表するような名曲も手に入れていないというのが正直な感想で、ここらで昔言ってた「Mötley Crüeのようなアルバム」を作るべきなんじゃないかなぁ、なんて思ってしまいます。

さぁ晩御飯作ろう。
“KORN/See You OnThe Other Side(Virgin)2CD” の続きを読む

V.A./PERSONA’S PROGRESS(Persona)CD

prs021.jpg
http://www.personarecords.com/

Stewart Walker のレーベルの、多分初コンピ。でも全部新録かと思ったら既発曲なんでやんの。でも内容自体はかなりいいです。

Stewart Walker って独自に消化したダブの要素を曲に忍ばせてるけど、それはこのレーベルでも同じ。基本はクールなミニマル・テクノなんだけど、所々にダブ的な音響や音使いが顔を覗かせていて、しかもそれを安易に全面に押し出したりしないのがかっこいいです。しかもこの種の音楽が陥りがちな過剰な重さというものも絶妙に回避していて、いや、ちょっとこのレーベルの印象が変わったかも。

今までの12インチのデザインにあしらわれていた人物が描かれたジャケットもいいし、やんわりとミックスされているので聴きやすいのではないかと思います。
“V.A./PERSONA’S PROGRESS(Persona)CD” の続きを読む