滝沢秀明 / シャ・ラ・ラ (avex) CD

滝沢秀明 / シャ・ラ・ラ (avex)
http://www.avexnet.or.jp/tackeytsubasa/

今年の頭に出た滝沢くんのソロ・デビュー・シングル(過去記事)はなかなかに面白い内容だったんだけど、一つ思ったのは、滝沢くんってこんなに歌下手だったっけ? ということでして。私はそもそもタッキー&翼をまともに聴いた事のない人間ではあるのだけれど、とりあえずテレビなどで聴く印象ではけっこう歌唱力があるように思えたんだけど、あれって翼くんの力だったんでしょうか。

しかしこのセカンド・シングルを聴いて分かったのは、滝沢くんって音程云々の前に、歌手としては声量がイマイチ足りないのね。特に今回の表題曲なんか、所詮アイドルものだから、などという言い訳が一切ないロカビリー・ナンバーでかっこいいんだけど、滝沢くんの上ずり気味のヴォーカルが苦しげで、全体としてはなんとも残念な出来になっちゃっているのですよ。

それに比べると自身で作曲した “無限の羽” の方が無理なく聴けるけど、これも声を重ねている部分が多い、っていうのが大きい気がするし。
やっぱり翼くんと二人でやった方が良いのではなかろうか。

Steve Bug / Time Flies (The Best Of Steve Bug 1999 to 2009) (Pokerflat) mp3

Steve Bug / Time Flies (The Best Of Steve Bug 1999 to 2009) (Porkerflat)
http://www.pokerflat-recordings.com/

配信限定の Steve Bug の編集盤。

このブログでも何回か書いているように、Porkerflat や Steve Bug ってどうもミニマル・ハウス然とし過ぎている印象があって、あまり積極的に聴いてはこなかったんだけど、こうして並べられると、適度にアシッドだったりトライバルだったりダブだったりと、ゆるいながらも振れ幅があって、思っていたよりははるかに楽しめた。
とはいってもどうしても器用貧乏的な感じがしてしまうというか、今一つ強烈な個性が感じられないので、やっぱり積極的に支持する気にはなれないんだけどね。

Steve Bug - Time Flies (The Best of Steve Bug 1999-2009)