CDS2枚

嵐 / 明日の記憶/Crazy Moon ~キミ・ハ・キミ~

久しぶりの記事であんなに長いものは書くもんじゃない。

Masomenos / BOBBY EP (WELCOME TO MASOMENOS) mp3

Masomenos / BOBBY EP (WELCOME TO MASOMENOS)
http://www.welcometomasomenos.com/

そういえばこのシリーズの各タイトルってジャケットのキャラクターの名前なのかな、なんてことにようやく気付いた Masomenos の5枚目。
前作もいい出来だったけど、その好調ぶりは今作でも変わらず。

まず1曲目の “What Is This?” は、声ネタのカットアップを使ったテック・ミニマル。声ネタのせいか全体としてはファニーなトラックになってはいるんだけど、決して機能性をおろそかにしないのがこの人達のステキなところで、よく動くベースラインが非常にグルーヴィーでかっちょいい。

あとの2曲は “On Fait La Java” がパーカッシブなミニマル、 “Love” がシンセの美しいテック・ミニマルとタイプは違うものの、両曲ともパーカッションの使い方がダイナミズムあふれるもので、それがそのままグルーヴのダイナミズムにつながっているのがまたステキ。

今作は Masomenos の作品の中でもかなり上位にくる作品じゃないかしら。

Masomenos - Bobby - EP

DJ NOBU / BLACK FILE THE BOMBRUSH! SHOW (PONYCANYON) CD

DJ NOBU / BLACK FILE THE BOMBRUSH! SHOW (PONYCANYON)
http://www.spaceshowertv.com/blackfile/

スペースシャワーでやってる番組の、日本のヒップ・ホップのみで繋げたオフィシャル・ミックスCD。ミックスしている DJ NOBU というのは、当然千葉のあの人とは別人です。

普段テクノのミックスを聴いていて、しかもロング・ミックスが好きな人間からすると、この手の日本のだけで繋げたミックスの多くが、特にビートがつながっていくわけでもないし、かといって上モノや雰囲気が近いものが連なっていくわけでもなく、これってミックスと呼べるのか、と思うことがよくある。

でまぁこれも正直これといった流れも感じられなくて、曲間に適当なシャウトを挿入しただけの、ミックスというよりはコンピレーションと呼びたくなるようなもの。
しかし今作に限っていえば、日本のヒップ・ホップのショウケース的な意味合いが強いように思え、そう考えると、現在のシーンで勢いのある連中を集めた1枚目と、クラシックを中心に纏めた2枚目とが一緒になった今作は、非常に便利なCDだ。

しかしそれでも、このアルバムを積極的に称賛する気にならないのは4曲目に収録されている “日本語ラップ is DEAD?” で、なんでわざわざご丁寧に D.O の部分が丸々無くなってるんですかね。発売がメジャーからということで当然の処置とも思えるけど、だからといって最初から D.O が居なかったかのような今作の編集は、あまりにも誇りが無さ過ぎだ。こんなものが「おれたちの行く手を阻む何かがあっても貫く生き様」だというなら、日本語ラップなんてものはさっさと死ぬべきだし、むしろもう既に死んでるも同然なんじゃなかろうか。

桜高軽音部 / 『Cagayake! GIRLS』『Don’t say “lazy”』 (PONYCANYON) CD

桜高軽音部 / Cagayake! GIRLS (PONYCANYON)桜高軽音部 / Don't say
http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/

約1週間のご無沙汰ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか、 shooter です。
どうもやる気が出ないんでそのままにしておいたら、気が付けば6年目に突入してるっていうね。一応昨年の4周年のときの過去のベスト・アルバム晒しが意外に好評だったので、今年も何かやろうかと思ってたんだけど、タイミング逃しちゃったなぁ。まぁ気が乗ったらいつかやります。

なんか初っ端からやる気のなさがダダ漏れな文章ですので、このままゆるく音盤紹介いきたいと思います。

ということで、アニメ「けいおん」のオープニングとエンディングの曲。私はアニメに詳しい方じゃないので、これについてもよく知らないんだけど、 gogonyanta 先生についったーで「こき下ろせ!」っていわれたので(いや、いわれてないけど)、天邪鬼な私はこの盤をこれから褒めちぎりたいと思います。

というのは半分冗談ではあるのだけれど、実際このシングルはよく出来てるんじゃないですかねぇ。
まぁよく出来てるという表現が適切なのかは分からないけれど、不健康なまでに元気を振りまく曲調だったり、箇所箇所を聴くとすごく前向きなわりに、総体ではよく意味が分からない歌詞であったりと、現在の J-POP によくある要素を色々盛り込んで、さらにそれらを過剰に鳴らすことによって、見事なまでに J-POP にパロディになっている。
なので私は GIRL NEXT DOOR を avex のパロディとして楽しむのと同じ感覚で楽しめるし、逆に云えば、この曲が嫌いな人って、今の J-POP が嫌いな人なんじゃないですかね(私も好きなのかといわれると困るけど)。

曲そのものに関しては大塚愛の亜流といった感じで特別個性があるわけではないんだけど、中途半端な自然食だったら添加物まみれの物を選ぶ私としては、この過剰さを支持したいし、なぜか “Happy!? Sorry!!” という曲だけまんま布袋寅泰なのも面白かったです。

試聴
試聴

[曲目]

Laurent Garnier / Gnanmankoudji (PIAS) mp3

Laurent Garnier / Gnanmankoudji (PIAS)
http://www.piasrecordings.com/

まもなくリリースされるアルバム『Tales of a Kleptomaniac』からの先行カット。

Laurent Garnier というと、前作の『BACK TO MY ROOTS EP 』(過去記事)が久々にフロアに帰還したような内容で話題になりましたが、今作はその上をいくフロア仕様。

重いキックと徐々に増えていくパーカッション、という始まりからして上がるんだけど、そこからさらに動きまくるベース、デトロイティッシュなシンセが入ってきて、中盤以降にはサックスまで入ってくるという、これで盛り上がらなければ何で盛り上がるんだ、とでも言いたげなほど盛り上げるアフロ・トライバルなテクノ・トラック。
少し前に自身のレーベルである F COMMUNICATIONS からは今度のアルバムが最後のリリース、なんて事がニュースになりましたが(これってすなわちガルニエはもう作品をリリースしないということなのかしら)、もう最後だという開き直りなのか、突き抜けた勢いが実に爽快。

裏の方は、同曲のリズムを変則的なドラムに置き換えたジャズ色の濃いミックスで、表の直球と裏の変化球とでの対比も面白い。

素晴らしかった前作に続いて今作も間違いなく傑作で、この分だとアルバムは期待してもよさそうだ。

試聴
“Laurent Garnier / Gnanmankoudji (PIAS) mp3” の続きを読む

Umek / Destructible Enviroment (1605 Music Therapy) mp3

Umek / Destructible Enviroment (1605 Music Therapy)
http://www.sixteenofive.com/

Umek の beatport 限定シングル。

Umek って活動暦が長いわりには、タイミングが合わなかったのか今まで全然聴いたことがなくて、自分の中では頑固一徹ハード・ミニマル、みたいなイメージがあります。
しかし今作を聴いてみると、使われている音自体は非常にハードなものながら、よく動くベースラインでグルーヴを作り出しているところなどはミニマル以降を感じさせるもので、そのベースとキックの両輪でグルーヴを転がしていくので、どのトラックも相当上がる。

直球で盛り上げていく “Destructible Enviroment” 、ブリープっぽい上モノと裏で転がるパーカッションが小気味よい “Pulling the Trigger” 、カクカクしたベースが逆に気持ちよい “Sourcewave” と、程よくタイプがばらけているのもいいし、ちょっとこの人に対する認識を改めさせられました。

試聴

Luomo / Tessio (GREAT STUFF) mp3

Luomo / Tessio (GREAT STUFF)
http://www.greatstuff.eu.com/

Luomo が FORCE TRACKS よりリリースした代表曲 “Tessio” のライセンス盤。
なんでこのタイミングでのりイシューなのかよく分からないんだけど、ジャケに書いてある「ROOTS EDITION」っていうのは、有名曲を掘り返すシリーズなんでしょうか(すいません、このレーベルってあまり知らないんです)。

内容の方は、私の聴いたファイルの方はオリジナルとリミックス4曲という構成になっていて(12インチはリミックスのみ)、まず最近アルバム出したばかりの STIMMING によるリミックスは、ゆるめのやわらかなミニマル・ハウスに仕立てているものの、全体的にのっぺりしていてこれはイマイチ(しかもご丁寧にこの人のリミックスが3ヴァージョン入ってる)。

しかし一方の Spektre によるリミックスは、裏打ちのベースと、そこに絡みつくパーカッションでトラックをどんどん転がしていくハードなテック・ミニマルで、こちらはかなり燃える。時折挿入される原曲の声ネタと、トランシーなシンセのシャープさも良い相性をみせている。

あとこの盤で気になるのは、両者ともリミックスのネタにしているのは Luomo のセカンド・アルバムに収録されたヴァージョンの “Tessio” なんだけど、オリジナルとして収録されているのはファーストのヴァージョンなのよね。なんでなんでしょうか。

Luomo - Tessio

MARCO FENDER / sketch e.p. (Zylinder) 12″

MARCO FENDER / sketch e.p. (Zylinder)
http://www.zylinder-records.de/

今のところ1年に1枚という、非常にマイペースな活動をしている MARCO FENDER さんのシングル(因みにこれが通産2枚目)。

MARCO FENDER という人についてはもちろん、この Zylinder というレーベルに関しても、これがファースト・リリースなので詳しいことは何も分からないのだけれど、3曲とも全くもって地味なテック・ミニマル。しかしパーカッションを多用せずに、リズムのしなやかさでもってパーカッシブな感じを出したトラックはどれもかっこよく、また派手さがない分何度聴いても飽きがこない。
なかなかの好シングル。

Marco Fender - Sketch - EP