BOOM BOOM SATELLITES / Joyride (R&S) 12"

BOOM BOOM SATELLITES / Joyride (R&S) 12"
http://www.bbs-net.com/

今では激烈ロック・ユニットな Boom Boom Satellites ですが、昔は爆裂ブレイク・ビーツ・ユニットでして、これはそんな彼らの1998年位に出したシングル。

今はどうなのか知らないんだけど、この時期の Boom Boom Satellites は海外からの期待が非常に大きく、そのせいかデビュー作がミニ・アルバムだったにもかかわらず、リミックスも含めると3、4枚のアナログカットがされていて、それだけレーベルが力を入れていたんだろうけど、その中でも聴きもなのが今作。
というのも当時の未発表曲なのか新曲なのか、とにかく “THE COUNTLESS PAST TO BE HIDDEN” という、BPM100ちょっとの彼ら流のヒップ・ホップともいえる曲が収録されていて、非常に面白い。まぁいつものブレイク・ビーツ遅くしただけじゃないの、と言われればその通りな気もするんだけど、どっしりとした重さと、勢いに任せない彼らのビート・メイクの妙が楽しめる。

一応この曲は12インチ以外にも、デビュー作の海外出直し盤と、『PUSH EJECT』のシングル(多分)にも入ってるので、聴きたい人はそちらで(ようつべでは見つからなかった・・・。)

Jeff Mills / Circus (PURPOSE MAKER) 12"

Jeff Mills / Circus (PURPOSE MAKER) 12"
http://www.axisrecords.com/

1人孤独なミニマル道をひた走る Jeff Mills の2000年のシングル。

最近ではすっかり AXIS からしかリリースしなくなった Jeff 君なんですが、この時期は Purpose Maker からパーカッシブなハード・ミニマルを色々出していて、その中でもこの曲は強烈なキック、乱打されるパーカッション、扇情的なシンセ、さらにはグルグルとかき回すようなベースまで入ってくるという、彼の中でもかなり分かりやすい。
でもこの手の曲には逆らえない自分がいて、リリースからかなり時間が経った今でも、この曲では盛り上がってしまう自分がいます。

ram jam world / Salvia (WARNER) 12"

ram jam world / Salvia (WARNER) 12"
http://www.randc.jp/rjw/profile.html

年末の音盤整理で出てきたのノリで紹介したいと思います。

まずは朝本浩文のユニット ram jam world が LISA をヴォーカルに招いた2曲をアナログ・カットしたもの。

リリースが1998年で、クレジットのどこにも m-flo の文字が無いので、おそらく m-flo 結成前のものなのではないかと思うんだけど、この時点ですでにヴォーカルスタイルは確立していて、またm-flo ではあまり聴けなかった伸びやかな歌声を、ポップなドラムンベースの上で聴かせてくれていて、やっぱり私はこのコラボが一番好きかな。

裏にはアルバムからのカットと思われるブレイクビーツが2曲入っているけど、これは可もなく不可もなく。

Guns N’ Roses / Chinese Democracy (GEFFEN) CD

Guns N' Roses / Chinese Democracy (GEFFEN)
http://web.gunsnroses.com/

いつの間にか Guns N’ Roses が来日したんですってね。ライヴの出来の方はどうだったんでしょうか。
ということで、2008年発売された Guns N’ Roses 17年ぶりのアルバム。

このアルバムに関しては、世間的にはひたすら期待値だけが上がっているような状態だったので、その中きちんと作品を出したことはある意味えらいと思うんだけど(まぁ原因は完全に自分達だけどね)、内容的には凡庸なアメリカン・ハードロック。

私は衝動を重視した『Appetite For Destruction』よりも、完成度を重視した『Use Your Illusion』の方が好きな人間なのでまだ聴けるが、未だにこのバンドにロックン・ロールを期待している人からすれば辛い内容だろうし、このアルバムを Guns N’ Roses の作品たらしめているのは、良くも悪くも Axl Rose の声だけだということを痛感する。

しかもこれで世紀の駄盤だというのなら笑いのネタにでも出来るのだが、これが意外に聴ける作品というのも困りもので、それゆえにやはり凡庸な作品だといわざるを得ない。

ガンズ・アンド・ローゼズ - Chinese Democracy

[続きを読む]