LANDS / BANDAGE (J Storm) CD+DVD

LANDS / BANDAGE (J Storm)LANDS / BANDAGE (J Storm)
http://www.j-storm.co.jp/kattun/

どうも今日は、「E.YAZAWA ROCK」も「THIS IS IT」も、ましてや「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」も見ていないのに、「BANDAGE」は見に行こうかと思っている shooter です(前売り券売り切れだってね。すごいなぁ)。

ということで、「BANDAGE」主演の赤西くんが劇中の LANDS 名義で出したのがこのシングル、なんだけど、なんだけど。
どうもこのシングルはですね、何回聴いても意図がちょっとよく分からんのですよね。というか色々と書きたい事があってまとまらないので、とりあえず思った事だらだら書いてみたいと思います。

[続きを読む]

RHYMESTER / ONCE AGAIN (KI/OON) CD

RHYMESTER / ONCE AGAIN (KI/OON)
http://www.rhymester.jp/

RHYMESTER というグループは、所謂日本のヒップ・ホップの第一世代と呼ばれる人たちの中でも、バウンスや生バンドとの競演など、より巧みに時代の音を取り込んできたという印象が強いのだけれど、久しぶりのシングルとなる今作は、グループの長い歴史の中でも初となる外部プロデューサーという形で Bach Logic が起用されている。

これを「さすが旬のプロデューサーを起用している」と取るか「今更」と思うかは人それぞれだと思うんだけど(私は当然後者)、勇壮なブラスが響くトラックの上に乗る宇多丸と Mummy-D のラップはいつも以上にエモーショナルで、これも SEEDA や NORIKIYO など下の世代を意識してのものなのだろう。

しかし肝心の曲の方は、どこかで聞いたことのある言葉ばかりが並ぶ応援歌でしかなく、新鮮味などというものは全然感じられないし、何の因果かここでの2人のラップは、どこぞの「ミスター・アブストラクト」の現在の語り口にそっくりだということに彼らは気がついているのだろうか。

ONCE AGAIN

[続きを読む]

Mr. BEATS a.k.a. DJ CELORY / BEAUTIFUL TOMORROW (PONY CANYON) CD

Mr. BEATS a.k.a. DJ CELORY / BEAUTIFUL TOMORROW (PONY CANYON)
http://ameblo.jp/djcelory/

Soul Scream といいますと、どうしても特徴のある声で早口に言葉を繰り出す HAB I SCREAM と E.G.G.MAN という2人のMCに耳がいってしまって、あまりトラックに関しては印象に残っていないんだけど、 Soul Scream のトラック・メイカーである Mr. Beats こと DJ Celory が数多くのラッパーや歌手を招いた今作も、トラック・メイカーの作品でありながら、それほどトラックに耳がいくようなアルバムではない。

しかしそれは彼の作り出すトラックに魅力がない、とかいう事ではなく、自身のトラックを前面に出すよりも、他の歌などを含めての曲としての魅力を考えたからであり、だから今作は非常にバランス良くとても聴きやすい。

また『BEAUTIFUL TOMORROW』というタイトル通り、前向きな力を感じさせる曲ばかりで(だからそんな中で一人不穏な言葉を吐く K-DUB はどうかと思うけど)、何か新しいとか画期的とかいうことはないが、それでも聴いているとその日はちょっと良い気分ですごせるような、そんな魅力的な作品だ。

Mr.BEATS a.k.a DJ CELORY - BEAUTIFUL TOMORROW

[続きを読む]

BUSHMIND / BRIGHT IN TOWN (TAD SOUND) CD

BUSHMIND / BRIGHT IN TOWN (TAD SOUND)
http://www.myspace.com/bushmind

気がつけばもう今年も残るところ1ヵ月半ほどとなりまして、ちらほら今年のベストがどうとかいう声も聞こえますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。私はといえば、今年は散漫な聴き方ばかりしていたせいで、全然候補が頭に浮かばないというありさまなんですが、まぁこのブログも活用しつつ、なんとか今年中にまとめたいなと思っております。

などという書き出しなのに、なぜか2007年発売の Bushmind のファースト・アルバム。

私のような門外漢からすると、最近はあまり動きが活発でない印象があるんだけど、以前 Struggle For Pride (過去記事)を筆頭に話題になった東京のクロスオーバーな動きの中に、この Bushmind もいた人で、バンド方面との交流も深かったせいなのか、このアルバムも基本的な部分ではヒップ・ホップながら、全体の手触りがやたらとゴツゴツとしていて、そういった意味ですごくロックっぽい。

しかし今作が激しい音ばかりなのかというとそんなこともなく、レゲエやテクノ、または歌謡曲みたいな曲までありと非常に雑多で、こういう感覚はヒップ・ホップ・シーンにずっぽりなトラック・メイカーからはなかなか出てこない感覚だろう。
まぁその分曲の出来にばらつきがあるのも事実なんだけど、全体の印象とは裏腹に “Day Dream” や “ツヅク” のような緩々なレゲエ・トラックが非常に魅力的だ。

SCHRANZZ TROOPERZ

あと私がこのアルバム買った店では Bushmind と Tady によるユニット SCHRANZ TROOPERZ のミックスCDが付いてきていて、実はこちらの方が回数聴いていたりする。これはユニット名から分かるようにシュランツ(大雑把にいうとすごく早いテクノ)をミックスしているんだけど、シュランツによくあるインダストリアルっぽいやかましさよりも、ゲットー・エレクトロのような、とにかく何でも早いピッチで繋いでしまえ、というような軽薄なノリが前面に出ていて、聴いていて抜群に楽しい。
このミックスはおまけなので当然今入手するのは難しいと思うけど、このユニットはミックスCDも出しているようなので、興味のわいた方は聴いてみるとよいかと。

[続きを読む]

V.A. / TAGS OF THE TIMES 3 (MARY JOY) CD

V.A. / TAGS OF THE TIMES 3 (MARY JOY)
http://www.maryjoy.net/

とうとつに旧譜の紹介でもしてみようかと思います。

私がいつから本格的にヒップ・ホップを聴くようになったのかというのはイマイチはっきりした記憶がないんだけど、おそらく初めて買ったのは御犬様の『Tha Doggfather』(うわ、もう一回り以上前か)で、『Black Star』の頃には、結構普通にヒップ・ホップ聴いていたような気がします。

そんな私のヒップ・ホップ遍歴の中でも、特に影響力があったのがこの『TAGS OF THE TIMES 3』。これはアンダーグラウンドのヒップ・ホップ・アクトを集めたコンピの3枚目で、この時期に発売されたコンピとしては『Superrappin’, Vol. 2』も素晴らしいんだけど、より聴いたのはこちら。

では、本作の何がそんなに素晴らしいのかといいますと、身も蓋もないんだけどやはり参加アーティストの豪華さですね。それこそこの頃からものすごい勢いで頭角を現してきていた anticon の面々(余談ながら、これくらいの時期までアンチコンって ANTIPOP CONSORTIUM の略だと思ってた)は当然ながら、 DEFINITIVE JAX (当時はまだ Def Jax かな)や Freestyle Fellowship 周辺、また Fat Jon まで参加していて、それこそここに Madlib が加われば当時のアメリカの(メジャーじゃない)ヒップ・ホップの動きはある程度把握できたのではないか、というくらいの刺激的な面子。

さらに当時の私にありがたかったのは、これと前後するように今作に参加した Aesop RockSCARUBBuck 65Atmosphere などがアルバムを発表したことで、それを聴くことでそれぞれの音世界を掘り下げることができたし、当時アンダーグラウンドなヒップ・ホップにはまるきっかけにもなった。

ということで、もうその存在だけみても是非聴いてほしい作品ではあるのだけれど、中身のほうも一くせも二くせもあるようなアーティストばかりの面白い内容で、中でも周りがアンダーグラウンドらしい緊張感の高い曲ばかりの中、一人ゆるゆるのラップを聴かせる Atmosphere 、同様に女性ヴォーカルを招いて洗練された曲で男前なラップをする Scarub 、また逆にズブズブのアブストラクトな Buck 65 が特に良い。

しかししかし、それでも間違いなく今作のハイライトなのは “CONFESSIONS [OF THREE MEN]” で、語り部である道化師(DOSE ONE)に旅人(Shing02)、そして大工(DOC MAXWELL)と商人(KIRBY DOMINANT)という、3人と1人が紡ぐ物語は実に刺激的で、またバックの荘厳なトラックと、街の雑踏を表現したヴォイス・サンプルも素晴らしく、また何気に参加している G.RINA によるバック・コーラスもよく曲を盛り立てている。

ということで、今作に参加したアーティストのほとんどは未だに活動しているので、興味を持った方はここから色々と広げてもいいだろうし、また今作には Mr.DIBBS による『ABDUCTION OF THE TIMES 6.66』というミックス盤もあるので(っていうかこのシリーズでは全部ミックス盤が作られているんだけど)、そこで彼の変質狂的なミックスを味わうのもいいし、またそれが気に入ったのなら独自の解釈でロックを取り込んだ Mr.DIBBS のソロ作を聴いても面白いかと。

[続きを読む]

Jens Zimmermann / X12 X11 (Resopal) mp3

Jens Zimmermann / X12 X11 (Resopal)
http://www.resopal-schallware.com/

ベテラン Jens Zimmermann の少し前に出たシングル。

最近のミニマル(ジャンル名)で注目されているのって未だに OSTGUT TON 周辺とこの Jens Zimmermann なように思えるんですが、それぞれミニマル(最小)に対するアプローチは違っていて、 Jens Zimmermann に関しては要素という点ではそれほどミニマルではないものの、反復という点では相当なミニマリズムを感じる人で、このシングルに収められた2曲も実質曲としての差はなく、淡々としたキックとパーカッションによるトラックは、ほとんど展開もなく、あるのはエフェクトの抜き差しだけ。しかしそれだけなのに12分超という曲中まったく緊張感が切れることがなく、かといって過度に盛り上がることもなく、じわじわとグルーヴが染み込んでいくのが非常にかっこよい。

この人に関してはどうも何か足りない気がしていたんだけど、今作は文句なし。あとはこんな感じでアルバム作ってほしいかも。

Jens Zimmermann - X11+X12

滝沢秀明 / ヒカリひとつ (avex) CD

滝沢秀明 / ヒカリひとつ (avex)
http://www.avexnet.or.jp/tackeytsubasa/

なんか枚数を重ねるごとに残念な出来になっていっている気がするタッキーのソロとしては3枚目のシングル。

表題曲は自身が主演をした「オルトロスの犬」の主題歌。なんかドラマは1話だけ見た感じだと、「魔王」の2番煎じな感じがしましたが、この曲のほうも嵐の “truth” (過去記事)と同路線の、ストリングスを配したダンス・ナンバー。曲自体は悪くないんだけど、やっぱり今作も滝沢くんの声量のなさがどうしても気になってしまう。

そしてそれは2曲目の “悪い男” も同様で、もろに昭和歌謡な曲は面白いんだけど、高音苦しそうなのがどうも。

ということで、今作で一番面白かったのは3曲目の “愛の戦士 TAKIレンジャー” ですかね。これは曲名で分かるとおり、戦隊モノのパロディなんだけど、曲も詞も実際戦隊モノでかかっても違和感がなさそうな徹底振りだし、それよりなにより素晴らしいのは、滝沢くんが一切ぶれることなく曲中のキャラクターを演じきっているところで、やっぱりこういうのって変に照れが入っちゃうとつまらないですからね。このあたりは NEWS (過去記事)に見習ってほしいところです。