Akufen / ZUPTON SON 10 (ZUPTON SON) mp3

Akufen / ZUPTON SON 10 (ZUPTON SON)
http://www.zupton.com/son/

Akufen こと Marc Leclair さんの2012年のシングル。
今作を出している ZUPTON SON というレーベルは初めて知ったのだが、カナダのデザイン会社がやっているネット・レーベルみたい。作品は全てフリーで発表されていて、今まで発表されたラインナップを見る限り、あまり最新の音を追いかけるという感じではなく、そのアーティストの過去の未発表曲を出す事も多い模様。

ということで、今作も新曲ではなく、2008年の未発表曲。2008年というともう4年以上前なのでけっこう昔に思えるが、 Akufen 名義では2003年の『Hawaiian Wodka Party』以降、2012年の『Battlestar Galacticlown』以外の作品は発表しておらず、それ以外の名義のものを含めても、 Marc Leclair 名義でのアルバムや(関連記事)、 Horror Inc. の『Aurore』など数えるほど。またそれはリミックスも同様なので、作品をほとんど発表していない時期の音源として非常に貴重なもの。またさらに書くと、2008年というと Akufen のオフィシャル・サイトがオープンした時期なので、もしかしたらこの時本格的な再始動をしようとしてて作った中の一部が本作なのかな、とか思わなくもないけど、まぁここら辺は憶測の域を出ん。

ということで、 Akufen が何故この時期に過去音源を引っ張り出してきたのかは分からないのだけれど(しかも無料で)、なかなか彼の作品が聴けないという状況では自然と期待値も上がるというもの。しかし結論から書けば、今作はその期待値に答えてくれるものではない。

Akufen の音を特徴付けているものとして、様々な素材を細切れにして再構築されたサンプリングの妙味、というのが一番に思いつく人が多いのだろうけれど、それ以外にもそのサンプルによって紡がれたメロディのセンスや、スカスカなのに跳ねたグルーヴを生み出すビート・メイクであったり、基本的な作曲家としてのレベルが高い人、というのが私の中での Marc Leclair の評価でありまして。

そんな人間からすると、今作の1曲目 “Dollhouse” なんかは、跳ねた電子音とベースがかつてのカットアップ・ファンクの面影を感じさせるものの、以前のものに比べるとメロディ、リズム共に平板に思える。10分という長尺ながら、親しみやすい音色の上モノや、ストリングスっぽいシンセなどを用い、ポップでありながらも弛緩させず聴かせるところなんかはさすがで、普通のテック・ハウスとして聴けば十分な完成度なんだけど、 Akufen の作品としては物足りない。

逆に2曲目の “Honeymoon in Viagra Falls” は、ブラスやギターなど以前なら思いっきりファンキーに仕上げそうなネタを使いながらも、流麗なシンセを前面に出す事によって爽やかなテック・ハウスに仕上げていて新味があるものの、イマイチ強烈な個性に欠けるのは1曲目と同様。

“Mambo No 5” ネタの “Planète Risquée” は、モロ使い過ぎて何ともいえん。

とまぁ辛口な事ばかり書いてしまいましたが、これも期待の裏返しといいますか、兎にも角にも新作をもっと出してくれ、という感じなんですが、どうなんですかね。以前よりは(多少)活動が活発化しているので期待したいところなんですが・・・。

ダウンロード

[`friendfeed` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)