Tony Rohr/BAILE CONMIGO(TORA!TORA!TORA!)12″

baile conmigo
http://www.complete-usa.com/ 
 
昔のミニマル/クリック・ハウスってどうしても線の細い印象を受けるものが多かったけれど、最近ではそれも随分変わりましたね。これもハード・ミニマルを思わせるほどリズムは太いのだけれど、間が多い分抜けの良いパーカッションの気持ちよさが際立ってます。原曲をよりパーカッシブかつファンキーにしたB1、地鳴りのようなベースを加えて超ドープに仕立てたB2とリミックスもかっちょいい。

LIQUID PHONK&PATRICK LINDSEY(idpl)12″

smile on your face
www.liquidphonk.de
www.patricklindsey.de

PATRICK LINDSEYはモニカ・クルーズの裏方やってた人らしいけどよく知らん。そしてLIQUID PHONKという人はもっと知らないのだけれど、この人の担当したA面はヘヴィーなベースと抜けの良いパーカッション、そして美しいシンセの上ものが実に気持ちいテック・ハウス。それに比べるとPATRICK LINDSEYの方はアシッドっぽい感じで、かなりアゲアゲ。やっぱりドイツの人って苦手です。

Makoton/animal worship remixes(rodz-konez)12″

animal worship
http://www.rodz-konez.com

Makotonという人のアルバムからのリミックス・カットらしい(よく知らない)。最愛の田中フミヤが参加してるので買ったんだけど、いやぁ~、ちょっとキツイですねこれは。田中フミヤはスカスカのビートにパーカッションが絡むいつもの感じでいいんだけど、他の3曲が最近ハードミニマルから遠ざかっていた私には重すぎます。特にB1なんて頭の中で30人くらいのボブ・サップが太鼓叩いてるみたいでクラクラします。ちょっと修行が足りませんね、私。