RHADOO / DOR MIT ORU (Cadenza) 2LP

DOR MT ORU
http://www.cadenzarecords.com/

先日びびんばさんに、「最近ミニマルの記事を書いていない」と怒られたので、じゃぁ紹介しそびれているミニマルをどかっと紹介しようかと思ったのですが、普通に紹介するとびびんばさんとかぶりまくりでつまらないので、捻くれてる私はシングルを紹介したいと思います。ってこれじゃいつもと一緒か。まぁいいや。

Luciano が2003年から始めた Cadenza は、 Luciano 周辺の才能を総動員していた感じの初期に比べると、最近では圧倒的に新人を送り出すことが多く、しかしそのどれもが、レーベルの色を保ったまま高い完成度を有しているという、なかなかありえないことを淡々と更新していっている稀有なレーベルです。しかしそれはともすると、どの作品を聴いても一緒、という事にもなりかねない。しかし Cadenza に関していえば、一聴した印象はいかにもこのレーベルらしいものと思うものの、その作品を何度も聴けば、アーティストごとの差異が刻まれているのがよく分かる。

それは今までほとんどリリースのない新人であるこの Rhadoo でも変わりはなく、お家芸的にパーカッションは多用しているものの、軸となるリズムを単純な四つ打ちで終わらせておらず、それによって曲ごとの表情を変え、さらには音楽的な豊かさも生み出している。さらに最近(このレーベルにしては)ハードな作品が続いていた中、この『DOR MIT ORU』のゆったりとした空気は、いいアクセントになっている。
まぁあえて難をいうならば、『Cadenza Contemporary 01』に収録されていた “Woa Ovuls” が収録されていないのが非常に残念なんだけど、それでもこの作品が傑作なのには変わりはない。

試聴

[`friendfeed` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]

2 Replies to “RHADOO / DOR MIT ORU (Cadenza) 2LP”

  1. かぶってもいいじゃない!

    とは言え、僕はあまりシングルは聴けてないのでshooterさんのスタンスは助かるし参考になります。
    それに僕もぼちぼちミニマルのアルバムはネタ切れなので、あとはお願いします。

  2. >びびんばさん
    まぁかぶってもいいんですけど、捻くれ者なんでマニアックにいこうかなぁと。
    一応紹介しそびれてる音盤は沢山あるんで、これからがんばりま~す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)