Mr.Children / GIFT (TOY’S FACTORY) CD

GIFT
http://www.mrchildren.jp/

このシングルが Mr.Children の何枚目のシングルなのかは知らないけど、彼らは一体いつからこういうオーケストレーションというか、ストリングスを入れるのが普通になったんですかね。ちゃんと聴き返したわけではないけど、多分最近の曲では、ロック調の “未来” や “フェイク” 以外はほとんど入ってるんじゃないですかね。

果たしてここら辺の趣味がプロデューサの小林武史によるものなのか、それともメンバーの意向を反映したものなのかは知らない。でもこのシングルで聴ける音って、もうバンドの音じゃない気がするんですよね。

表題曲は、まぁいかにもオリンピックのテーマ曲といった趣のバラードなんだけど、楽器の中で一番目立ってるのは明らかにストリングスだし(むしろ他の楽器はなくても成立しそうな感じ)、次のフォークっぽい “横断歩道を渡る人たち” も、シンプルなアコギ主体のアレンジにすればいいものを、なぜか妙に音数多い上に、明らかにいらないと思えるブラスまで加わる始末だし(昔から小林武史のブラスの使い方って本当にセンスなくて大嫌いなんだよね)。逆に3曲目の “風と星とメビウスの輪” はシンプルなピアノ・バラードで、素直にいい曲だなと思えるんだけど、これはこれでバンドの音が入ってないわけだし。

ここで出てきた音というのは、バンドが納得した形なのだろうから、小林武史だけを悪くいうつもりはないんだけど、とりあえずこういう足し算のアレンジはやめた方がいいと思うんだけどなぁ。
個人的には Mr.Children って、桜井 和寿という才能を抜きにしても、いい演奏を聴かせる素晴らしいバンドだと思ってるだけに、どうももったいない気がするし、ここらでもう一度、『Q』の時みたく、バンドの可能性を追求するべきなのではなかろうか。

amazon.co.jp

Justus Köhncke / Safe and Sound (KOMPAKT) mp3

Safe and Sound
http://www.kompakt-net.com/

元 Whirlpool Productions っていうグループの(すいません、よく知りません)、 Justus Köhncke が今年の頭くらいに出したアルバム。

私は正直この人の名前はほとんど意識したことないんだけど、ネットや雑誌を見るとなかなかの人気者みたいで(KOMPAKT を代表する人みたいに書いてるとこ多いですね)、聴いてみれはなるほど、かなり完成度が高い。

全体としてはいかにも KOMPAKT な柔らかなテック・ハウスが中心なんだけど、その中でも曲調に幅があって、さらに曲展開が多かったりポップであったりと、この手のミニマル・ハウスにしてはかなり聴きやすい。

でもそれ以上の何か(まぁ個性なんだけど)が感じられるかというと、ちょっと私にはそこら辺がつかめなくって、聴いてる分には気持ちよいけど、のめり込むには至らず、という感じでしょうか。

視聴
[tracklist]

Nils Petter Molvaer / Re-Vision (Universal) mp3

Re-Vision
http://www.nilspettermolvaer.no/

ノルウェーのトランペッター Nils Petter Molvaer の、今まで担当した映画音楽を集めた編集盤。

彼が大胆にエレクトロニクスを取り入れた『Solid Ether』を出して、 Jazzland なんかとも共振するように話題を集めたのが2000年前後。それからすると、今では作品出してもそれほど話題になることはなくなってしまいましたが、このアルバムはなかなかの好盤。

私はその『Solid Ether』とその後に出た『NP3』は一応聴いたことあるんだけど、両方ともドラムン・ベース的な性急なビートが目立って、いかにもエレクトロニクスを取り入れてみました、みたいな感じがあまり好きになれなかった記憶がある。

しかし今作は映画音楽なせいか、全体的にゆったりとした曲がほとんどで、その中でもエレクトロニクスが表に出すぎることなく、しかし実に効果的に使われている。中でもくぐもったブレイク・ビーツが静かに曲に躍動感を与えている “The Beginning” 、改めてダブとトランペットの相性の良さを感じさせてくれる “Arctic Dub” 、重厚かつトライバルなビートが印象的な “Leaps And Bounds” なんかはかなり良い。さらに Nils Petter Molvaer のトランペットも、哀愁を漂わせながらもいい意味で曲の一部として機能していて、それも私には好印象。

けっこう秋の夜長に聴くにはいい一枚かも。

Nils Petter Molvaer - Re-Vision
amazon.co.jp