Masomenos / Froggy Ep (WELCOME TO MASOMENOS) mp3

Masomenos / Froggy Ep (WELCOME TO MASOMENOS)
http://www.welcometomasomenos.com/

そういえば最近 wagon repair 紹介してねぇなぁ、なんて思ったりもしたんだけど、そんな事には気付かぬ振りして Masomenos 4枚目。
イマイチだった前作の代わりというわけではないんだろうけれど、今作は3曲とも充実している。

まず1曲目の “Ohaoo” は、前作のリベンジとばかりにまたもやパーカッシブ・ミニマル。しかし前回の自分たちの方にパーカッシブ・ミニマルを引き寄せたような感じとは逆に、この曲では真正面からパーカッシブ・ミニマルに取り組んでいて、それゆえに彼らの音作りの妙が活きている。中でも時折鳴るギターがいいアクセントになっている。まぁもしかした共作している Chris Carrier のおかげなのかもしれないけど。

そして今回のシングルの中でも一番強烈なのが次の “Captain Japan” で、日本のSFか何かからサンプルしたと思わしきナレーションも非常に印象的なんですが(キャプテン・フューチャーが何とかかんとか)、それよりもどっしりとしたダビーなベースラインの上で鳴る、ハイハットとエレクトロニクスの絡みが幻惑的で、ネタモノでは終わらない存在感がある。

3曲目の “Smooch” はベースがグルーヴィーなミニマル・ハウスで、使い勝手は良さそうながらも正直地味な曲で、しかしキャラの立った2曲の後としては、なかなかに収まりがいい。

Masomenos - Floppy - EP

Masomenos / Croco EP (WELCOME TO MASOMENOS) mp3

Masomenos / Croco EP (WELCOME TO MASOMENOS)
http://www.welcometomasomenos.com/

Masomenos さん3枚目。
1枚目、2枚目と微妙に作風を変えてきている Masomenos なんですが、この3枚目も1曲目が今どきのパーカッシブ・ミニマル。しかしこれに関しては、このユニットの薄いレイヤーを重層的に重ねていくような音作りに、パーカッションがイマイチ上手くはまっておらす、ぼちぼちな出来。
それよりは2曲目の浮遊感のあるミニマル・ハウス “Pierre & Le Loup” の方が面白くて、上がるか下がるか分からないギリギリのところで鳴るシンセの、焦らす感じが気持ち悪く気持ち良く、そのくせ後半これといった山場がないまま終わるのも不思議と気にならない。
3曲目の “Cherie” はゆるめのアシッド・ミニマル。これも可もなく不可もなくといった感じで、総体としては、 Masomenos のシングルの中でもイマイチな部類かしら。

Masomenos - Croco - EP